彼氏を夢中にさせる・恋人の心をキープするシンプルなコツ

彼氏を夢中にさせる、飽きられない女になることで男心をガッチリ掴んで離さない長続きするカップルになることができます。いつまでも付き合い始めた頃の関係を続けるには、愛される女性のコツを活用してくださいね。

彼氏を夢中にさせる・恋人の心をキープするシンプルなコツ

彼氏を夢中にさせる女になるコツ

付き合っている期間が長くなってくると当初のラブラブ感はどこへやら、全てがマンネリ化するカップルは多いものです。

寝る前のメールには『愛してるよ』と、毎回言ってくれたのにいつの間にかなくなったり、一緒に歩いていても昔なら手を繋いで歩幅を合わせてくれたのに、先にスタスタと歩いていく始末。

付き合った時とは違う彼の態度に『ちゃんと愛されているんだろうか…?』と、不安になることがありますよね。

このままでは別れの瞬間が訪れるかも…!と、気持ちが焦るアナタに大好きな彼氏を飽きさせず夢中にさせるテクニックを紹介します!

難しいことは必要ありません!すべてシンプルなポイントですので、安心してくださいね。

1.適度にわがままを言う

彼氏にわがままを言う女性

いつでも車で送り迎えしてよ!など、度の超えたわがままは許せないけど、彼女の可愛い頼みなら許せる男性は多いもの。

男性は、女性から頼られることに喜びを感じる生き物なので、好きな人から甘えられて適度なわがままを言われると、愛おしく感じる心理があります。

彼氏へわがままを言う時のポイント

困らせることを言わない

彼が喜ぶ可愛いプチわがままで男心をくすぐってくださいね。

男性はわがままを言わない「手がかからない女性」よりも、甘え上手な女性を可愛いと感じる習性を逆手にとりましょう♪

2.聞き上手になって癒しの存在になる

恋人を慰める女性

自分のことばかりしゃべるタイプは、男性が一緒にいて疲れると感じる女性の特徴の1つです。

特に仕事で疲れている時や嫌なことがあった時に、彼女の話ばかり聞かされていたら会うたびにうんざりすること間違いなしです。

自分のことばかり話さずに、たまには彼の愚痴を聞いてあげることで彼にとって癒しの存在になれるのです。

話を聞く時のポイント

彼の話を否定しない
最後まで話を聞いてあげる

「そうなんだ?」「うんうん!それで?」と、相槌を打ちながら一生懸命に話を聞く姿に彼はきっと惚れ直すハズです♪

3.恥じらいを大切にする

恥ずかしがる女性

彼氏と一緒にお風呂に入ることが普通になっていたり、お風呂上りに下着姿で部屋を歩き回っていませんか?

男性は、家族に近い関係になってくるほど相手に対してトキメキを感じなくなるもので、恥じらうことなく振舞う彼女の姿には、魅力を感じなくなります。

一緒にお風呂に入る時は少し恥ずかしそうにしたり、回数を減らすことで彼の気持ちを新鮮なままキープできるハズ。

いつまでも彼とドキドキする状況を保ちたいなら、出来るだけ彼の前では肌を隠すようにしてくださいね。

4.束縛をしすぎない

彼氏を束縛する女性

彼のことを好きすぎて「なんでも知りたがる」「彼の行動を制限する」などの、束縛しすぎる彼女は、男性にとってウザいと感じる存在です。

次第に一緒にいることが苦痛になって、彼女との距離を置くことを意識し始めることに繋がりかねません。

彼を束縛しないためのポイント

彼が遊びに行く時は、自分も友達と出かける
すぐにメールの返信がなくても催促をしない

余裕を持った距離感で付き合うことが長続きのコツで、彼に飽きられない女になるためには、恋人との間にちょうど良い心の距離を保つことが大切です。

5.社会人としての常識を身に着ける

眼鏡をかけた女性

「知性や常識」は、男性が付き合う女性に求める要素の1つです。

いくら顔が可愛くてもTPOに合わせた服装や髪型、その場にふさわしい言葉遣いなどの年齢相応の常識がない女性は、男性にとって魅力に欠けるもの。

誰だって彼氏が友達に紹介するのが恥ずかしい「常識のない彼女」には、なりたくないハズです。難しい知識は必要ありませんが、最低限必要な常識やマナーを身に着けることで「彼氏が自慢したくなる彼女」を目指してくださいね♪

自分に飽きさせないことがポイント

デートを楽しむカップル

昔、夢中になっていたことが、いつの間にか魅力的に感じられなくなった経験ってありませんか?

それと同じく「新しい発見」や「知らないこと」がないと、男女どちらとも恋人に飽きが来やすいのです。

適度にわがままを言う
聞き上手になる
恥じらいを大切にする
束縛をしすぎない
社会人としての常識を身に着ける

他にも付き合う前には、彼の気を引くために身だしなみをキッチリとしたり、服やメイクもバッチリと決めていたのに、最近はサボッていたりしませんか?

意外と男性は細かいところまでチェックしているものなので、彼とデートをする時だけは気を抜かないようにしてくださいね。

上へ戻る