デートで割り勘ってあり?なし?女性の本音と恋人とのお会計事情

「自分が支払うべきか?」「彼に支払ってもらうべきか?」「公平に割り勘か?」ご飯デートをしていて一瞬、緊張感が漂うお会計。あなたはデート代の支払いどうしていますか?

デートで割り勘ってあり?なし?女性の本音と恋人とのお会計事情

デート代はすべて彼持ち?それとも割り勘でもいい?

以前は、デート代はすべて男性が負担をしていましたが、最近は「割り勘がいい」、さらには「男におごってあげたい」と、思う女性も出てきています。微妙に恋人関係へ影を落とす「デート代の事情」に関する女性の本音をいくつか紹介します。

1.デート代を必ず割り勘にする女性の本音

では、まずは必ず割り勘にするという女性の本音について紹介します。

割り勘にする女性の本音

「男性の収入が低い、もしくは自分の方が高収入だから」

稼いでるから奢っていただかなくても結構。

学生や新社会人では男女の収入差がなく、女性が社会進出したことにより男性の収入事情を理解できるので、ご飯代を割り勘したくらいで幻滅したり不満に感じることもない様子。

割り勘にする女性の本音

「相手と対等な立場でいたい!プライド的に許さない」

次回のデート場所や、食事する場所などの要望を気楽に相手に言える。つまり、食事代をおごられたくらいで恋人との間に上下関係を発生させるのが嫌なのです。決定権や平等に言い合える立場でありたいと、このタイプの女性は考えるようです。

割り勘にする女性の本音

「恋人と別れる際の、言い争いが面倒くさい」

男性に仮は作りたくない男らしいタイプの鳩

二人の関係が終わって別れるときに「あれだけ奢った」「高価な物を買ってあげた」などの男性から文句を言われることは「今さらどうしろって言うの?」と、女性も反論するのさえウンザリするパターン。後腐れがないよう別れるために「借り」は作らない女性もいるのです。

2.男に何でも必ず奢らせる女性の本音

続いて、割り勘とは逆に「食事は男に絶対ゴチになる!」という女性の本音を紹介します。

  • 友達同士と同じと思われたくない
  • 割り勘にするなら女友達と遊びたい

他の女性と一緒にされたくない心理

女性は「大好きな彼から特別扱いされたい」という心理があり、他の人と同じ扱いをされると、不快に感じるようです。

男性に奢らせる女性の本音

「女性に支払わせるなんて、男としてのプライドを疑う」

たとえお金がなくても安いデート場所やお店でも良いから、男としての見栄やプライド、器の大きさなど男気のあるカッコよさを求めているのです。

男性に奢らせる女性の本音

「女性は、お洒落にお金がかかるから食事くらい男持ちでしょ」

男性の方がたくさん食べるのに割り勘だなんて合わないわ!と言われて傷つくゴリラの様な男性

化粧品やヘアサロンなどの美容代だけでも月に数千円~数万円かかる女性もいます。彼好みの綺麗な女性になろうと努力しているのに、割り勘では割に合わないと感じています。

男性に奢らせる女性の本音

「男性の方がたくさん食べているのに、女性と同じ額を支払うのは不公平」

「食事に行っても男性の方がよく食べ、ガンガン飲むのに割り勘ではちょっと…」と、思う女性も多い。

3.時と場合によって柔軟に対応できる女性

空気を読んで臨機応変に対応する女性は素敵!

ここまで両極端な例を見てきましたが、男性や女性も毎回こうではさすがに疲れしまうのではないでしょうか?ある程度、相手の状況や雰囲気を感じて臨機応変に対応できる女性は、男性からも熱い支持を受けるようです。

恋人同士の理想【デート代の支払いルール】

  • 相手が学生・年下であれば、割り勘もしくは奢り。
  • 相手が社会人であれば奢ってもらう。
  • 付き合うときに7:3や6:4など支払う割合を決める。
  • 順番で奢りあう。
  • 小銭のみを払う。
  • 誕生日や旅行など、大きなイベントの時だけ割り勘にする。

このように、お互いが納得のいく話合いで、あらかじめ2人のルールをつくっておけば、相手に気を遣わず、楽しくデートやお食事ができますね。

4.お会計するときに幻滅した男性の行動

確かここらあたりにクーポンしまったハズなんだけど・・・

さて、男性の中には「おごられ方で女性の見方を変える」という話はよく聞きますが、それは女性側から見ても同じで「おごり方」も見ています。では、男性に幻滅するお会計時の姿とは?

こんな男はイヤだ!【お会計するときの幻滅ポイント】

  • 割り勘には賛成だけど、小銭まできっちり割り勘してきた。
  • 自分の誕生日や、記念日まで割り勘。
  • 奢ってもらって嬉しかったのに、お店を出たら駐車場で請求された。
  • クーポン券を失くすと、必死に探す。

ここまで徹底して割り勘にされれば、女性のプライドも傷ついて愚痴がこぼれるのは仕方がないですね。割り勘も限度を越せば、ケチな人、誠意もプライドもない男に見えてしまいます。

5.割り勘を越えた「貢ぎたがる女性」も急増中

男性に貢ぎたがる女性が増えている?!

現代では、つき合っている彼氏よりも女性の方が高収入であることも珍しくありません。自営業をする女社長も増加しており、財力も権力も持ち合わせている「自立した女性」が増えています。

しかし、デートの食事代にとどまらず、彼氏の家賃、携帯代まで支払ってあげる「貢ぐ女性」も増加傾向にあります。彼の愛情をお金で買ってはいけません。女性はダメな男にほど母性本能がはたらき可愛く見えてしまいますが、その心理を利用してお金を支払わせている男性は、女性ことを「都合のいい財布」と思い、堕落していく可能性があります。金の切れ目が縁の切れ目と言われているように、女性が貢ぐことを止めたとき、果たして彼との関係はバランスを保つことができるのでしょうか?

上へ戻る