マリッジブルーの原因と解決策!幸せな結婚まであと一歩!

大好きな彼と結婚できるのに「ド~ン!」と、地の底に突き落とされたような精神状態。夢にみた花嫁になるまえに女性の前に立ちはだかる「心の迷い」が起きてしまう原因と対処法を3つご提案!

マリッジブルーの原因と解決策!幸せな結婚まであと一歩!

憂鬱で幸せぶち壊し!
結婚前にマリッジブルーになる原因と対策!

大好きな彼から待ちに待ったプロポーズ。人生の幸せの絶頂!!と、意気込んで結婚準備を始めたはずなのに、なんだか気分は沈んで行く一方で『願いが叶ったのにどうして…』と、自分でも理解できない心の状態にイライラして迷いが生じるマリッジブルー。

ずっと待ち望んでいた「結婚という名の勝利」を、やっと手に入れたはずなのに約7割もの人たちがマリッジブルーを経験しているとか。

多くの人が「夢にまで見たウェディングドレスや挙式」を目前にしても気分が沈んでしまうんですね。

中には結婚式間近になっても苦しめられて「婚約破棄を真剣に考える女性」もいるほど、この厄介なマリッジブルーがどうして起こってしまうのか?その原因を解明し解決策を説明します!

1.どれだけ変化が起きるのか分からなくて不安になる

長年住み慣れてきた家と自由な時間があって、これまでその生活に充実感を覚えていた人ほど『結婚しちゃったら両方を失うのではないか』と不安になってしまうのです。

結婚後に彼のシゴトの都合などで見知らぬ土地で住むことになれば、知らない人たちに囲まれた生活に不安を感じるのは当然のこと。

お風呂の中で不安そうな顔で考え込む女性

☆解決方法☆

・不安を期待に変換して!
—–
※新たな生活から生み出される幸せを想像する!

また女性は入籍して彼の姓に苗字を変えるケースが多いので、クレジットカードや携帯の契約や他にもたくさんの手続きが…。
環境が変わるために起こる事務処理を想像しただけで、言いようのない疲れが込みあげマリッジブルーに繋がってしまうのです

☆解決方法☆

・「やるべきことは何か」「いつまでに」をリストアップ!
—–
※頭でぼんやり考えるより、情報を目で確認したほうが不安や焦りは軽減されますよ。

2.パートナーに対する気持ちの変化

恋人として付き合っているときは『結婚したい』という執着心があるので、彼の性格全てが良く見えたり欠点があってもあまり気にならないものです。

例えば?
———-
お金のこと。

これも結婚前ならケチケチした男性より、お寿司や高級クラスのお店で食事をご馳走してくれるなど羽振りよく自分に使ってくれる人の方が魅力的に思えるものです。

不機嫌な表情で顔をゆがめる男性

しかし、今まで魅力として映っていた豪快さも、結婚が現実的なことになると「金銭感覚のない男」に感じたり『私の彼ってデキる男なんだわ』と、好印象だった仕事の忙しさなんかも『仕事ばかりで家庭のことには非協力的である』と不満を感じるようになることも。

結婚式の準備が始まって一緒にいる時間が増えれば「機嫌の悪いときの様子・生活習慣の違い・今まで目につかなかった癖」など悪い面ばかり目につくようになり、その結果『本当にこの人で良いのか?』と悩んでしまうのです。

☆解決方法☆

・相手への不満が高まったら、お互いによく話合う!
—–
※どうしても許せないことに的を絞り伝えて改善策を二人で探しましょう。

ここで大切なのは相手に無理強いしないこと。完全な改善を求めることは相手に大きなストレスを与えるため、今後の関係にヒビが入ってしまうことも…。
自分が譲歩できるところを探してみたうえで相手を受け入れる努力も忘れずに。

育ってきた環境が違えば価値観が違うのも当然ですが、2人で先へ進むためには『なぜ彼を好きになったのか』をもう一度よく思い出して割り切ることも大切!

3.自分だけにデメリットがあるように思えてくる

何かを指摘するように訴える女性

結婚を機に寿退社!なんてケースもあり得ますが、女性だってキャリアを捨てて専業主婦になってしまうと、社員として復帰できる確信は持てないので「一時的であってもシゴトを辞める」のは勇気のいること。

また、仕事を続けるにしても家庭との両立や『子供ができたら…』なんて先のことまで考えると『私には無理かも知れない』とパニックに!

結婚が人生の可能性を狭めてしまうように思えてきて、独身生活の気ままさが惜しくなるのです

キャリアや自分の時間のほとんどを失ってしまう「重大なデメリット」が、自分だけに降りかかって来る…、そんな気がしていませんか?

☆解決方法☆

ここは見方を変えるしかない!
—–
「仕事を辞めなければいけない…」

1)「仕事をすることから解放された!」
2)「新しい仕事につくチャンス!」

家事との両立が難しそうであれば彼との分担を考えてみたり、頼れる人やサービスを探してもみるなど新生活にプラスとなる情報収集を!

独身時代に持っていたものを失うのは彼も同じ!

実は「お互いさま」なのですね。でも、それよりも素晴らしいものを手に入れるために結婚するのです!

上へ戻る