男ウケするネイル5つのルール!女子のモテネイルは清潔感が命!

女性が個性の主張や気分転換に楽しむ爪のオシャレ。セルフネイルからネイルサロン通いまでこだわり方も様々です。しかし、男性は女子のネイルアートに対してどう感じているのでしょうか?5つのポイントを探ります!

男ウケするネイル5つのルール!女子のモテネイルは清潔感が命!

男ウケするネイルの条件って?

セルフで楽しむ人、サロンに通って自分磨きの一環で行う人…。関心の強さやこだわり方は様々ですが、女子ならではのオシャレの楽しみ方といえば『ネイルアート』

自分の好きなカラーやモチーフで可愛いネイルをしていると、気分がウキウキしてテンションもアップしちゃいますよね。

普段しないようなデザインのネイルに挑戦するのも、女性にとってはいい気分転換となります


多くの女性が個性の主張や気分転換のためにネイルを楽しむ一方、男性はそういった女子のネイルに対し、どう思っているのでしょうか?

好きな人の前でネイルをしても、もし相手に好意的に受け取ってもらえなかったとしたら…とても残念ですよね。


では、男性がOKとするネイルは具体的にどんなネイルなのか?今回は男性視点から見たモテネイルのポイントを5つご紹介します

どうせオシャレするなら、いっそのこと男ウケも狙ってネイルを楽しみましょう!

1.派手すぎるネイルはナシ!

派手なネイルアート

女性のネイルに対し、男性が抵抗を感じてしまう一番のポイントはその派手さにあります。

こだわりを持ってしまうと、ついネイルも華やかになってしまいがちですが、問題は「男性から見てどう映るか」なのです。

男性が引いてしまうネイル!

ラインストーンやデコパーツがたくさんついているもの
キャラクターがデザインされたもの
アニマル柄など派手な模様のもの

どれも自分の趣味や個性が主張されているネイルですが、残念ながらそれは女性の魅力や可愛らしさとしては受け取ってもらえない可能性大

ナシ判定されちゃう理由は?

炊事や掃除をしていなさそうに見える
知的に見えない
TPOに合わない場合が多い

実際は水仕事もこなせる耐久性のあるネイルだとしても、男性はそこまでの詳しいネイル知識を持っていないケースも…。

ネイルといえば剥がれる、デコパーツといえば取れるというイメージを持っている男性がまだまだ多くいる中で、ネイルは家庭的なイメージから遠い存在なのです。

また、特にビジネスの場においては、派手なネイルはマイナスイメージを生みやすいのでご注意を!

2.長い爪はナシ!

長すぎる派手な爪

長い爪は、自前であれば手入れも一苦労。つけ爪であったとしても管理は大変ですよね。

しかし残念ながら、それに見合った評価を男性からは得られないのです…

ナシ判定されちゃう理由は?

強そうな性格に見えてコワい
不衛生に感じる

長い爪は魔女のようなイメージが強く、性格がキツく受け取られてしまいがち。

そのため、多くの男性が好む「大人しくて守ってあげたい理想のタイプ」から遠のいてしまうこととなります。


また、「きちんと管理している爪なのだから、ちゃんとキレイにしています!」といくら主張したところで、男性はどうしても心配に思ってしまうもの。

実際にどれだけ衛生管理されているかより、ロングネイルが持つマイナスイメージから、男子には生理的に受け入れられないことが多いのです。

3.ネイルサロン通いはナシ!

ネイルサロンで爪を手入れする女性

定期的にネイルサロンに通っている女性の多くは、髪や肌に気を遣うのと同じ感覚で、お金を掛けています。

ところがその一方で、爪にお金を掛けることに疑問を感じる男性も世の中には多いのです。

ナシ判定されちゃう理由は?

もし結婚したらと思うと金銭管理が不安
高額な出費になっても悪いと思ってくれなさそう

将来的を考えた上で女性を見極める男性にとっては、家計管理のための金銭感覚は重要視すべき条件のひとつ。

ネイルにあまり理解のない男性から見れば、サロン通いは無駄な出費だと感じてしまうのです。

将来的に結婚を考えているなら、「お嫁さんとしてナシ」と思われないよう、サロン通いもほどほどにしてセルフに切り替えたり、通うにしても頻度を少なくするのが無難。

4.シンプルなネイルはアリ!

シンプルで美しいネイル

フレンチネイルや単色塗りなど、元々の爪の良さを活かしているシンプルなデザインは、男性にも受け入れやすいネイルです。

シンプルネイルの魅力!

清潔感がある
大人らしい手元に見える
指先が綺麗に見える

オフィスでも受け入れられやすいシンプルネイルは、手元を美しく見せ、みずみずしく健康的な印象を与えてくれます。

また、シンプルなネイルには爪に余計なことをしているイメージがなく、指先にまで管理が行き届いた清潔感があるのもポイント

5.ナチュラル&ヌーディーカラーはアリ!

ベージュカラーのネイル

ファッションの差し色にもなるからと、派手な色のネイルをする女子も少なくありませんよね。

でも、ネイルが苦手な男子からもアリだと思われたいなら、できるだけ自分の爪に近い色をチョイスするのがベスト!

オススメカラーは?

ピンク
べージュ
ホワイト
クリア

しかし、人によって許容範囲は様々。1色だけならアリと思う人もいれば、塗ってあるだけでナシという男性もいます。

その点、透明なクリアネイルやトップコートはツヤ出しのほか、割れ爪の補強の目的で使われることも多く、男性にも理解が得られやすいので断然オススメです

ネイル観は男女で違うことを理解しよう

タイトル

女性はどうしても可愛らしさや華々しさ重視のネイルを選びがち。

自己満足や女性同士のファッションの見せ合いの目的が強いので、つい男性が見てどう感じるかという点を忘れてしまうことも…。


確かに、ネイルもファッションの一部ですから、自分の満足できるものを追求したい気持ちはわかります。

ただ、TPOをわきまえず、あんまり羽目を外したネイルをしてしまうと、清潔感や常識のなさを疑われる恐れがあります。


男ウケを意識するなら、装飾で飾り立てたネイルアートよりも、シンプルで清潔感のある手入れの行き届いている指先を目指すが吉!ですよ

上へ戻る