親公認カップルになれるカレ氏の両親に紹介してもらう方法

「カレ氏の親にも付き合いを認めてもらって、将来に向けて関係を前進させたい」そんな願いを叶えるためには、まずは何より“会うこと”です。そんなとき役に立つ「ちゃっかり実家に行っちゃう方法」を紹介!

親公認カップルになれるカレ氏の両親に紹介してもらう方法

自然な流れでカレ氏の親に紹介してもらおう!

付き合っている彼氏の両親に紹介してもらうということは、自分とのことを真剣に考えてくれている気がして嬉しいものですよね。

でも、男性にとっては「何らかのキッカケ」がなければ、親に対して「今度、カノ女連れて行くから…」と、話を切り出すのって難しいことのようです。

また、カレが実家暮らしなら「何かのついで」に偶然のフリをして立ち寄ることも可能ですが、親が遠くに暮らしている場合は「紹介するための里帰り」をすることとなり、カレの実家にとっては「息子がカノジョを連れて帰ってくる!」と、大騒ぎに!

では、その「きっかけ」さえ何とかすれば、彼氏が親に紹介してくれるチャンスを掴めるかも知れませんね。そこで!「彼の親に会うための口実」を紹介します。

1.お盆やお正月などでカレが田舎に帰るとき!

彼の帰省についていく女性

社会人でも学生でもお盆やお正月は田舎に帰省する人が多いですよね。そのタイミングで「そっかぁ、実家に帰っちゃうんだぁ。旅行とか行きたかったなぁ…。一緒について行くとかダメ??」と、少し冗談のように提案してみましょう。

彼に警戒されないためのコツは「冗談っぽく」です。あくまでも「彼が帰るついでに、ついて行く」ということなので不自然でもなく、カレにも「まぁ、いいか…」と、考えてもらいやすいはず!

2.「テツヤ君の思い出の場所に行きたい」と案内を頼む!

思案する女性

二人で旅行やお出かけ計画を立てている時に、行き先をどうするか聞かれたら「テツヤ君の故郷がいいな~。小さい頃に遊んでた場所とか通ってた学校とか見てみたい!」と、無邪気にお願いするのです。

この時点で、ちゃっかり実家へ行って親に会わせてもらう作戦はヒミツ!

もし、現地についてからカレが実家へ行きたがらないときは「実はご両親にお土産があるんだけど…」と、断り切れない状況を作ればOK!

☆バッグに隠しておけるサイズのお土産の準備は抜かりなく!

3.まずは「自分の親」に紹介してみる!

彼氏の親に紹介してもらいたいなら、先に「自分が親にカレを紹介してしまう」というのもアリな方法。

もちろん「挨拶に行く」といったような、彼を緊張させる堅苦しい名目ではなく「実家にある本を処分したいけど、重くて運ぶのが大変だから手伝って」など、あくまでも単純な理由にしておくのがコツ。

カレを会わせたとき、あなたの親が2人の将来について探りを入れてくれればラッキー!これをきっかけに彼も紹介することを考え始めるかも。

4.彼のご両親のエピソードをきっかけに!

感心する女性

彼との会話の中で「この間、親が2人で旅行に行ってさ…」など、仲の良さが分かるエピソードだったり、人として尊敬できるエピソードを聞いたときは、きっかけ作りのチャンス到来!

そのエピソードに対して「すごくステキなご両親だね。一度会って、いろいろ聞いてみたい!」と、あくまでも「紹介して欲しい」ではなく「人として憧れる!」というニュアンスで、お願いしてみましょう。

☆両親をベタ褒めされたら彼氏も嬉しくなって、お願いを聞き入れてくれるかも!

5.友達カップルの話をきっかけに!

例えば「先週、ミミちゃんが彼氏のご両親と会ったんだって。お土産とか着ていくものとか悩んでたけど何か楽しそうだったな~。優しいご両親でステキだったって!」など、具体的なシチュエーションが想像しやすい話をしてみるのも効果的。

必要以上に羨ましがったりすると「コイツ何か企んでる」と、面倒に思われてしまうので「事実に対する前向きな感想をサラッと」言う程度に!

彼氏にプレッシャーをかけるのは厳禁!

自分の親にカノ女を紹介するということは、多少でも2人の関係をマジメに考えているから。結婚など将来について考えるとき、女性としてはキチンと正式に紹介してもらって「認めて欲しい」と願うもの。

でも、直接的に「いつ紹介してくれるの?」「私のことホンキじゃないんでしょっ!」と、急かしてしまうと、彼はプレッシャーに感じて逃げ腰になってしまうことも。

あくまでも自然な流れで軽い感じを意識していれば、いいキッカケを作ることも可能なはず!

上へ戻る