彼に冷められた完全ピンチを挽回!彼の気持ちを取り戻す5つの方法

「彼氏に振られそう…。自分は別れたくないし、ずっと彼の彼女でいたい」と、切ない恋の悩みを抱えている女性のために、不安に負けて「もう別れる!」と逆ギレする前に試したい「彼とやり直す方法」。

彼に冷められた完全ピンチを挽回!彼の気持ちを取り戻す5つの方法

彼に冷められた振られそうな彼女がピンチを乗り切る方法!

大好きな彼氏が最近、私に冷めてしまったような気がする。別れたくないから何とかして気持ちを取り戻したい。そんな経験はありませんか?彼の気持ちを取り戻すにはどうすればいいのか?それを可能にする方法を知っていれば、また以前のようにラブラブな2人に戻れるかもしれません。

ポイント1:多くを望まないようにする!

どうしても好きな人の気持ちを確かめたくて試すようなことをしてみたり、わがままを言ったり、しつこく質問してしまう失敗はよくありますね。これは、自分が自覚している以上に相手に多くを求めてしまっていることが原因です。

彼にとってその行動は重いものに感じられます。自分の気持ちばかり分かってもらおうとせず、彼の状況や今どういう気持ちで自分に接しているのかを聞いて、一度きちんと向き合うことも必要です。彼にあなたのどこが嫌か言われて傷ついてしまうこともあるかもしれませんが、逆ギレせずにそれを受け入れて改善できれば徐々に気持ちを取り戻せるかもしれません。

ポイント2:しばらく距離を置いてみる!

しばらく距離を置いてみる彼女

これは彼の気持ちが冷めてきたと感じている状態でするのは、非常に勇気が必要ですし怖いことです。しかし、気持ちが冷めてきた状態のまま側にいても、彼の気持ちは何も変わらないのではないでしょうか?だから、自分から距離を置きたいという意思を伝えて、一旦冷静に考えられる状況を、自分にも彼氏にも作ってあげましょう

真剣に距離を置こうと伝えるのではなく「しばらく忙しくて連絡できそうにない。また私から連絡するね」と、次また会う機会があることを含んだ言い方がいいでしょう。こうしておけば自分の中で期間を決められるので、彼からの連絡を待つより気持ちが楽なはず。ただし、ある程度の期間は設けましょう。距離を置いた結果、当たり前のように側にいたあなたの存在の大きさや大切さに気付いて、その気持ちを取り戻せるかもしれません。

ポイント3:自分には彼しかいないと思うのをやめる!

付き合うと何よりもまず彼を優先して「生活の全てが彼中心」なってしまう。もしそうならすぐにその考え方を改めましょう。そういう女性は視野が狭く人間的にも魅力的に映りません

また、彼にしてみればあなたの行動を簡単に把握できてしまうので不安や心配をしなくなります。まずは、彼以外のものに目を向けて新しいことに取り組んだり、彼が知らないあなたを見せることを心掛けましょう。今までにない彼の知らない新鮮なあなたの姿を見せることができれば、彼はドキドキしたり少し不安になり、気持ちを取り戻せる可能性がでてきます。

ポイント4:彼に尽くしすぎているなら、尽くすことを一切やめる!

尽くされ過ぎてる彼氏

男性が満たされ過ぎて飽きてしまい、冷めてしまう原因に尽くされすぎて安心してしまう」ということがあります。好きな彼氏のために何でもやってあげたいという考え方は、決して悪いものではありません。しかし、度がすぎると彼はあなたを鬱陶しく感じたり、興味を失ってしまいます。

本来男性は手の届かない女性を手に入れたいと思う傾向が強いのです。尽くされている限り悲しいことにあなたは彼にとって「何もしなくても自分のもの」という存在でしかありえません。一切、尽くすことを止めて、あなたが彼から離れようとしていると感じさせるのです。そうすれば手の内にいた彼女が離れる不安に襲われ、逆に彼が尽くしてくれるようになることもあります。

ポイント5:自分を客観的に見つめなおす!

これは彼と過ごす時間の中で自分がしていた行動や発言を思い出して、そのときの気持ちを客観視する方法。自分ではなく友達にアドバイスするようなつもりで冷静に考えるといいでしょう。

自分が彼に対して思いやりを持った対応ができていたのか?彼にとって居心地のいい存在だったのか?など冷静に考えてみましょう。そして改められるところは改めて、彼ともう一度向き合いましょうあなたの変化が彼に伝われば、冷え切った仲にも光が射してくるはず。

嫌われる不安から「別れよう」と自分から言っちゃダメ!

「好きだよ」と、いつも言ってくれた彼の態度や言葉が冷めたものになるのは、想像するだけで辛くて悲しい状況ですが、そうなってしまっても焦らないで下さいね。

冷めてしまった2人の空気に泣きたいくらいの恐怖を感じて「引き留めてもらいたい!」という願いも込めながら、つい「もう別れましょう」と自分から切りだすのは絶対に止めておきましょう。最後の切り札は5つの方法を試してみてからでも遅くはありませんよ。

上へ戻る