失恋から立ち直れない【引きずる女性の特徴&立ち直る方法5つ】

苦しいのに失恋から立ち直れない女性の考え方や行動を5つ紹介します。「こんな状況はもう嫌だ!」と、新しい恋愛を望んでいるなら元カレへの未練をスッパリ断ち切ってしまいましょう!

失恋から立ち直れない【引きずる女性の特徴&立ち直る方法5つ】

目の前のチャンスを逃す!失恋から立ち直れない女性の特徴

大切な恋を失ってしまい、すぐに立ち直り前向きに次の恋へ進める人もいれば、ずっと失恋を引きずりっぱなしで新しい恋になかなか向かえない人もいます。失恋から回復するのに長い時間がかかり、立ち直れない女性の5つの特徴とは?元彼への未練を断ち切り、失恋から立ち直るために必要な考え方なども紹介。

悲しかった恋は早く消化したいですよね

1.「幸せだった頃」の思い出に逃げてしまう

付き合っている時には、いいこともあれば悪いこともありますね。二人の関係がうまくいかないことがあったから別れる結末を迎えたはずなのに「あの日、甘い言葉で愛を囁いてくれた」と、思い出すのは楽しく過ごしたことばかり。初めてのデートや優しく大切にしてくれた面影を何度も思い返しては、今の失恋の辛さを癒すように幸せな時代の気持ちに逃げてしまうのです。

ツラかったことでも自分に都合よく美化しやすくなるのが思い出。何度も頭の中でリプレイしていると「素晴らしい恋だった」と強くインプットされ、余計に彼への気持ちが吹っ切れなくなるのです。

失恋から立ち直るために!

元カレを吹っ切るためには「嫌だった面」も冷静に思い返してみると「何であんなに好きだったの?」と思う日がやって来ます。

2.後悔ばかりしてしまう

後悔ばかりしていたら悲しい恋から立ち直れませんよ

「あの瞬間までは幸せだったのに…。あんなことを言わなきゃ別れなかったかも」「何であんな態度をとってしまったのだろう」と、別れのきっかけになったかもしれない自分の行動を繰り返し後悔してしまいます。

本当は「一つのことだけが別れる原因」とは限らないのに、彼氏と別れた原因をいつまでもクヨクヨ考え先に進むことができません。

失恋から立ち直るために!

「終わったこと」「やり直しがきかないこと」と、潔く認める勇気を持てるようになれば、この状況を打破できるかも知れません。

3.ドラマチックな復縁を願ってしまう

別れた元彼は気持ちを切りかえて新しい恋愛を楽しんでいるのに「彼との間には運命的なものがある!きっとまた私のところに戻ってくる」と夢を見て、彼が行きそうな場所に足を運んでみたり、SNSで近況をチェックしたり、軽いストーカーまがいの行動を続けてしまいます。「彼は私のもの」という発想から離れられないのです。

失恋から立ち直るために!

「縁があれば復縁のチャンスもあるかも」と、運命を天にまかせることも失恋から立ち直るためには必要です。

4.彼氏から貰った思い出の物を捨てられない

彼から貰ったものは処分することが新しい恋への第一歩

二人で撮った写真や誕生日プレゼント、アクセサリーなど、彼氏との思い出がつまっている物を何ひとつ捨てることができずに、ずっと大切に取っておきます。それ自体は悪いことではないのですが「モノに罪はない」と失恋後に割りきれる女性と違うのは、元彼の存在を確認するように思い出の品を手に取り、身につけてしまうのです。

未練が強いほど物理的に触れられる物を身近に置いておく状況は、想いを断ち切るのが難しくなります。

失恋から立ち直るために!

「失恋から立ち直りたい」と願うなら、まずは「捨てる」ことが第一歩。

5.今の彼氏と元カレを比べてしまう

元彼への未練を引きずりながらも新しい恋や出会いのチャンスが巡ってきた時、チョッとうまくいかないことがあると「元彼はもっと優しかった」等と、元カレの良いところばかり思い出しては目の前にいる男性と比べてしまいます。元カレとの間にも喧嘩や嫌な思いをした問題がいくつもあったはずなのに、そんなことはすっかり忘れて「やっぱり元彼の方が良かった」等と、思って態度や言葉に出してしまいます。

新しい恋をするために!

「元カレを美化している」ことに気づきましょう。

失恋から立ち直るために!
「元彼を美化しすぎない」「自分を卑下しない」

自分が振られた側の失恋は、その理由がなんであれ「あんなこと言わなければ…」等と後悔が残るもので引きずって当たり前ですね。しかし「長く」失恋の辛い気持ちを引きずってしまうのは、表情に陰りをつくり女性を老けさせてしまったり、前へ進むための行動力も鈍くなるため、目の前に訪れたチャンスを逃してしまうことに…。

新しい恋に目を向けよう

「もういい加減、失恋から立ち直りたい」と願っているのなら、極端に元彼との思い出や彼自身のことを美化しないこと。そうしないと、ずっと未練が溢れ出してきて思い出に溺れてしまいます。また「私が悪い」と過去の自分を責め続けても自分を嫌いになる一方で何も解決しません。「やってしまった。今度は繰り返さない!」と、次の恋に活かすことで自分自身にリベンジしましょう。

上へ戻る