【彼氏が好きすぎる】自分らしさを失う!恋すると直せないこと8つ

惚れた弱みで女性が彼氏に好かれたい一心でやってしまう、幸せな恋愛関係を続けたいならやってはいけない8つNG行動。一度ハマると不幸な恋のスパイラルに陥ってしまいます。

【彼氏が好きすぎる】自分らしさを失う!恋すると直せないこと8つ

彼氏が好きすぎると自分らしさを見失ってく!

「彼との恋人関係が壊れるかも知れないから止めたほうが…。」と、自分でも薄々は感じていても彼氏を愛する想いが強すぎて、行動や思考がセーブできずに直せないでいること。女性なら思い当たることが幾つかあるかも知れない、恋愛していくうえで解っているけど止められない、本来の自分らしさを見失ってしまう8つのこと

彼のことが好きすぎると失くしてしまうものは多いんです…

1.約束を信じられずに疑ってしまう

彼が何かあなたに約束したことを黙って信じることができずに、何回も「ホントに?絶対?」と繰り返し聞いてしまう。彼のことが好きなあまり、少しのことで一喜一憂。あなたへの思いが果たして本物かどうか気になって仕方ない

2.何でも彼の言いなりになる

彼に嫌われたくないからと、理不尽なことでも全て彼の言いなりになってしまう。極端な例では、ヘアースタイルからファッション、持ち物まで彼の好みに合わせてしまい、彼の言うことには絶対服従。本来の自分らしさがなくなってしまっている。

3.彼の顔色ばかり伺ってしまう

彼のご機嫌ばかり気にしていると疲れてしまいますよ

彼氏に喜んでもらいたい、自分と一緒にいて楽しいと思ってもらいたいからと、いつも自分を抑えて彼の顔色ばかり見て言動してしまう。たまに、燃え尽きたようにクタクタの精神状態になり自己嫌悪に陥ってしまう

4.良く見せようと背伸びをしてしまう

好きな彼氏には、等身大の自分以上に良く見せたいものです。彼から魅力的で素敵な女性だと思われ続けたいですよね。そのため「見栄を張ったり、腹が立っても決して怒ってはいけない、彼を困らせる我儘も言ってはいけない」と、大人ぶっていつも無理をしてしまう。

5.携帯チェックをしてしまう

絶対に良い結果にならないことだと分かっているし、彼にバレたら嫌われる可能性大だけど、彼が、お風呂に入っている時や寝ている隙につい携帯チェックをしてしまう。「浮気をしていないか?他の女性から言い寄られていないか?」など、想像と妄想が大きく膨らみ止められず、自分の目で確認しないと安心できない

6.尽くしてしまう

尽くし過ぎることのデメリット

好きで好きでたまらないから何でもしてあげたくなってしまい、夢中で思いつくこと気がついたことを手当たり次第、一生懸命やってしまう。掃除や炊事、彼の用事の代理など、とにかく隙間なく彼に関わり尽くすことで「自分の価値を知ってもらい、必要とされたい」と願ってしまう

7.行動を詮索してしまう

自分と一緒にいないときの彼の行動が気になって仕方ないので「今日のランチ誰と食べたの?明日は何時に帰る予定?」と、朝から晩までの行動をすべて詮索してしまう。彼氏と一緒にいないと不安でたまらなくなり、可能なことならGPSで監視したいとさえ思っている。

8.自分は悪くなくても喧嘩すると謝ってばかりいる

彼氏とケンカになって、とことん話合い解決したい問題があっても「嫌われたくない。もし、このまま別れを告げられるのはイヤだから」と、彼の行動がケンカの原因であっても自分が謝って不満や不安を胸に押し込めてしまう。

自分のことも大事にすれば「らしく」なれて愛される

あまりに彼のことが好き過ぎて、自分らしさを忘れてしまい、彼が自分の全てになってしまっている女性は多いのではないでしょうか。残念ながら、彼氏との関係を長続きさせたいのなら、この8つのことは止める勇気を持ったほうが良さそうです。相手の反応を怖がらず自分らしさを大切にできるようになると、不思議なことに愛されるようになっていきます。

上へ戻る