しぐさでわかる心理・男が言わない気持ち行動心理で解読

男性が日常的に行う仕草に、その気持ちや本音が隠されている場合があるようです。男性が何を考えていて、どう思っているのか…。それが分かれば、男性ともっと親しくなれたり、恋愛のチャンスもUPするはず!

しぐさでわかる心理・男が言わない気持ち行動心理で解読

いつもの仕草でわかる男の心理

男性と話しているときや気になる人の態度を見て、「何を考えているんだろう?」「今どう思ってるんだろう?」と、気になってしまうことってよくあると思います。

実は男性の何気ない仕草から本音がわかるんです。何気ない仕草にはどんな心理が隠されているのか解読できれば恋愛にも役立つはず!早速チェックしてみましょう。

▼手や腕を組むしぐさでわかる心理

1.腕組みをする

腕組みをする男子

腕組みは、相手に対する警戒心や拒絶する気持ちを表すこともあるようです。警戒しているとき、拒絶したいときは緊張している状態となり、自分を守ろうとする本能から腕や肩に力が入るというわけです。

2.頭の上、あるいは後ろに手を置いて組む

この仕草はリラックスして相手を好意的に思っている場合が多いようです。心を許していたり、信頼感を持っているからこそあらわれる仕草と言えそうです。

▼足の仕草でわかる心理

1.足をくむ

足を組む男子

脚を組む仕草は、それだけで心理を判断するには向いていなません。体の歪みや癖、心理的には精神的に落ち着いていてリラックスしているときだけでなく、逆に不安や悩みがある場合など様々なシーンで多く見られる仕草。

心理的にリラックスしているのか不安状態なのかは、表情など他の要素も併せて複合的に判断する必要があると言えます。

2.つま先の方向

つま先は好意のある相手の方を向いてしまうものと言われています。それは好意のある相手の方向に体が向くからなのだそうで、結果自然とつま先もそちらの方向に向くというわけです。

逆に苦手な相手の場合、できるだけ関わり合いの無いように違う方を向いて興味がない素振りをとってしまいがち。近づくのも避けたいという本音は、そのままつま先の方向に表れるそうです。

3.貧乏ゆすり

イライラや不安などのストレスを抱えてしまう傾向が強い人ほど、貧乏ゆすりも多くなるのだそうです。

逆に何かに集中しているときほど貧乏ゆすりはしないと言えるので、恋愛でも現状に飽きているとき、イライラしてしまっているときにあらわれる場合が多いようです。

▼髪の毛や頭を触る仕草でわかる心理

髪の毛を触る仕草は男女を問わずよく見かけます。ここから分かる気持ちとしては、緊張・不満・つまらない・不安などストレスを感じた状態である場合が多い様子。しかし女性の場合、相手に対して興味があり恋愛感情を抱いている可能性もあるようですが、単純に枝毛が気になるだけと言う場合も否定できません。

▼鼻を触るしぐさでわかる心理

隠したいことがあるときや嘘をついているときによく見られる仕草だといいます。隠しごとや嘘をつくときは、自分の本当の気持ちを知られたくないと考えているときと言っていいでしょう。恋愛においては笑顔で鼻の下を触っていた場合、好きという気持ちを知られたくないと思いながらも、嬉しくて笑顔になってしまっていると考えられます。ある意味隠しきれていない照れ隠しの仕草と言えそうです。

▼見つめるしぐさでわかる心理

目を見つめる

目を見る仕草は見つめているものに対して興味がある、あるいはもっと知りたいという気持ちのあらわれ。恋愛なら見ている対象へ好意を持っている可能性大といえそうですね!男性の場合、女性が話をしているときその目をしっかり見つめて話を聞いているようなら、さらに可能性はUPします。しかし、相手に自分の凄さを見せつけて、優位に立とうという心理の場合もあるので油断はできないかも?

▼まばたきする仕草でわかる心理

まばたきは、精神的に慌てていたり不安や緊張状態にあると、その回数も多くなってしまう傾向が高いのだそう。恋愛においても好きな人とふたりきりになった場合など、緊張からまばたきの回数は増えることはありますが、一般的に好きな人と話をしたりするときのまばたきの回数は少なくなるようです。これは相手に興味があったり、会話が楽しいと感じているから。

瞬きは通常、だいたい3秒から4秒に1回が目安のようです。試しに数えてみるといいかもしれません。また、相手の目を凝視過ぎて好意の有無どころかヘンな人に思われてしまわないよう注意!

▼口元のしぐさでわかる心理

自然な笑顔

相手に好意を持っていれば、意識していなくても、自然と口角が上がって明るく嬉しそうな表情になるもの。微笑んでいたり笑顔になりやすいと言えます。

表情から本音を読み取るなら、口元にも注目してみるのは、おススメ。男女に共通して本音が分かりやすいしぐさです。

▼携帯を扱う仕草でわかる心理

携帯電話を常に手放さずにチェックしている場合は、独りになることへの恐怖心があり、誰かと行動を共にしていないと不安でたまらないのです。単独行動が耐えられないタイプで、いつも誰かとの繋がりを確認するためにコミュニケーションを求めてしまう気持ちを表しています。

嫌われることに対する恐怖心の強い人に多い傾向があるようです。そんなそぶりを見せる彼との恋愛では、できるだけその淋しさを感じることがないように、連絡をまめにしてあげるといいでしょう。

言葉に出さない本音は仕草や表情で探る

男性の仕草も癖などの傾向が強い場合などもあるため、一概に意味合いが一通りだけとは言い切れないことも多いかもしれません。また、時には状況によって意味が変わってくることもあるでしょう。しぐさから相手の心理や本音を探るときはひとつの仕草だけで判断するのではなく、他の仕草や状況、表情など総合的に判断していくと良いですよ。

上へ戻る