年上彼女が年下彼氏との恋愛で抱える4つの悩みと解決法

相手の男性の年齢が下だと、嬉しい反面悩みも多く付きまとうもの。お互いに気を遣う部分の多い年齢差のある恋を成功させ、長続きさせるコツって何?年上彼女が抱える悩みと解決するポイントをまとめました。

年上彼女が年下彼氏との恋愛で抱える4つの悩みと解決法

惹かれあった二人!
でも…年下彼氏との恋愛って悩む!

最近では、芸能界でも25歳年下の彼と結婚したタレントさんや、20歳差の俳優と結婚した有名女優など、年の差恋愛&結婚が話題になることも多いですよね。

今の世の中、10歳も20歳も年の離れたカップルも珍しくはない時代ですが、年の離れた男性と付き合う「年上の彼女」には悩みがつきもの。


今回は、年下彼氏との恋愛で女性が避けて通れない悩みと、その解決方法を4つご紹介していきます。

歳の差恋愛には障害は少なくありませんが、二人でこの悩みを解消していけば、きっと誰もが羨む円満カップルになれるハズ。ぜひ参考にしてみてください!

1.結婚願望が一致しない

結婚を意識する女性

彼氏より年齢が年上の女性は、「自分が少しでも若いうちに!」といち早く人生設計を始めて、今の恋を結婚に繋げようと焦りがちです。

対する年下男性からすると、まだ周囲にも結婚に至る友人も少ない場合が多いので、「結婚」という響き自体が現実味を持たない傾向も強いもの。

結果的に、二人のこの意識の差が大きな障壁となってしまうのです。

解決策は?

彼には一切焦りを見せない!

結婚願望を強く出し過ぎると、年下の恋人ではなくとも、多くの男性はそのパワーやプレッシャーに耐えきれずに逃げ出してしまいます。そのため、焦って結婚を催促するのは逆効果。

相手に圧力をかけるよりも、自らの若さをキープして長所を伸ばすなどの自分磨きに力を入れて、カレが結婚したくなる女を目指すことが、二人が結婚する一番の近道なのです。

余裕のない女性は、それだけで魅力が半減してしまうもの。恋愛に焦りは禁物だと心得て。

2.年の差が気になる機会が多い

年上の男性といれば「私のほうが若い」という安心感がありますが、年下彼氏が相手では立場が逆転。自分のことを卑下して、必要以上に周りの目を気にしてしまうことが多いもの。

特に女性は、いくつになっても若く美しくありたいと考えます。

年下男性との恋愛では、常に自分よりも若い彼氏やカレの友人に囲まれるので、嫌でも自分の年齢や外見を引け目に感じてしまうのです。

年下に囲まれる女性

解決策は?

自分自身を愛して自信を持つ!

相手に愛されようとするがあまり自分のことを嫌いになってしまっては、その卑屈な考え方は、表面に出てきてしまいます。

その負のループを断ち切るためには、自分を好きになり、自信を持つことがとても重要!

何より、年下男性の中にだって、年の差など全く気にしていない人はたくさんいます。今付き合っている恋人を信じる心も忘れないであげてくださいね。

3.周りの目が気になる

周りからの痛い目線

『若い男を騙している』
『釣り合わない』
『お金で釣っているに違いない』

年下の彼氏と一緒にいることで、こんな陰口を叩かれているのではないかと不安になり、周囲の目を異常に気にしてしまう年上女性も少なくありません。

解決策は?

年下彼氏を一番に信じる!

他人がどう思うかより、自分たちがどう過ごしたいかを優先すべき。年の差恋愛に限らず、全ての恋愛においてはこの考え方がとても大切です。

『どうして自分なんかと付き合ってるんだろう…』と不安になったときには、素直にその疑問を彼にぶつけてみるのもアリ。二人そろって初心に帰り、昔のラブラブさを取り戻すことができるハズです。

また、年下男性と付き合っている女性は、同年代の人と比べると気持ちも見た目も若く見えるため、その姿や仲良しな年の差カップルを羨ましいと感じる人も多いのだとか。心無い周囲の言葉なんて、信用するに値しませんよ!

4.金銭面で気を遣う

デート代に悩む女性

カレの方が年下の場合、カノ女が一番気を遣うことといえば、やっぱりデートでのお会計時。結婚後は悩むこともなくなりますが、恋人時代では大きな悩みとなります。

「年下相手におごってもらうのもな…」
「でも、オトコとしては顔を立ててほしいのかな…」

食事に限らず、何かとお金が絡むデートでは、必ずこのふたつの気持ちが渦巻いてくるものですよね。

解決策は?

子供扱いせず、一人のオトコとして扱う!

「俺が奢るよ!」と言われても、年齢差を考えると女子としては気が引けるものですが、ここでは素直に「そう?じゃあごちそうさまです 」とお言葉に甘えるのがベスト。


とはいえ、あんまり「オトコが払って当然でしょ!」という横柄な態度をとり、甘え過ぎてしまうと彼に幻滅されてしまう可能性が…。

奢ってもらったあとは?

・感謝の言葉を必ず伝える
・小さなお礼を用意する

お高いレストランなどでごちそうしてもらったときには「ありがとう!それじゃあこれから見る映画代は私が出すよ 」と、小さなお礼を返していきましょう。

また、普段の感謝を込めて、誕生日や記念日でのプレゼント代を奮発するというお返し方法も相手に喜ばれます。


注意したいのが、自分が社会人女性でカレが学生である場合。どうしても二人の経済力に差がついてしまうので、無理させてしまうと相手が金欠になってしまいます…。

恋人が年下なら、女性側が相手のお財布の状況をしっかりと把握することが重要です!

自分たちの付き合い方を確立して!

自分に自信を持つ
周囲の評価に振り回されない
相手の男性を信じる
カレを子ども扱いしない

コレって、年齢差のない通常の恋愛でも注意したいポイントですよね。

女性側が年上だと、どうしても年齢差を気にする場面も増えてきますが、普通の恋にだって悩みは絶えません。


恋愛において、年下の男性と付き合えるのはとても素敵なこと。年代を超えて、お互い惹かれあうほどの素敵なものを持ったカップルであるという何よりの証拠です!

二人だけのオリジナルスタイルを貫いて、歳の差恋愛を堂々と楽しんでくださいね!

上へ戻る