「彼氏と別れるタイミングは今?」別れどきかも?な、6パターン

彼氏とダラダラ長い間つき合っていて将来に不安を感じはじめた女性のために、別れどきを見極めるために役立つシチュエーションを6つ紹介。これ以上、惰性的な関係を続けていても何も進展しないかも…。

「彼氏と別れるタイミングは今?」別れどきかも?な、6パターン

彼氏とは今が別れるタイミングかも?

出会った頃のようなトキメキがなくても、恋が愛情に変わり幸せであれば問題はありません。しかし、ただ長くだらだらと付き合っていて何も進展がなく、会うたびに情熱もなくなり「好き」という感情さえ確信がもてなくなったとき…。「このまま一緒にいてもダメかも…」と不安に思う女性もいるはず。

では、何をきっかけに別れる決心をしたら良いのでしょうか?彼氏と別れるタイミングを探っている女性のために、参考までに6つのパターンを紹介します。

1.「疲れ」や「絶望」しか感じなくなったとき

疲れた顔の女子

最近では彼と会っていて「疲れる」ことはありませんか?「ワンパターンのデートに飽きた」など、一時的な倦怠期の場合もありますが、彼を見るたび溜息がこぼれて気持ちが重く沈むようなら危険信号かも知れません。

自己中な彼に振り回されてばかり、または2人で話合って何度も解決しようとしていた大事な問題がそのまま放置される状況が続いているなど、彼との未来に希望が持てなくなっていませんか?

あなたの中で、彼に対する情熱が消えかかっているのかも。

2.会うとイライラしてしまうとき

「好き」なはずなのに、彼と会うとイライラして喧嘩ばかりしてしまう状況が続くなら要注意。きっと、約束を守らないとか、物事をハッキリ決められず次の行動に移れない、彼が優柔不断であるなど、あなたを怒らせている原因が何かあるはず。

もめるカップル

あなたは、彼を知れば知るほど失望しているのかも。

自分の理想とする関係を押しつけるのは良いことではありませんが、ケンカしてもじっくり話合っても何も進歩しない状態が続くのではストレスが溜まる一方ですね。

ケンカをしつつお互いを理解できれば別ですが、改善できないようであれば、別れどきかも知れません。

3.会うのがホンキで面倒くさくなったとき

最近では会うどころか電話やメールで連絡を取るのさえも面倒くさくなってしまった…、ということはありませんか?

面倒くさい思う女子

あなたは、彼に飽きてしまったのかも。

「飽きたから別れる」というのは短絡的な行為かも知れませんが、「お互いを刺激しあう機会がなくなり向上心が持てなくなった」など、きっと飽きてしまうのにも理由があるはず。彼のために時間を割くこと、会うことに「喜び」を感じられなくなってしまっているのです。

彼の存在がストレスとなるようだったら、別れどきかも知れません。

4.誰にも紹介してくれない期間が長くなったとき

5年後、10年後の自分たちをイメージできますか?
彼は自分の友だちや家族などに紹介してくれましたか?

恋愛関係は2人で築いていくものですが無人島で暮らしているのでもない限り、信頼できる周囲の人たちとの接点も大切です。それを避けて2人だけの世界で付き合っている期間が長くなるほど女性は不安を感じるはず。

あなたは、彼と築く未来を信用できないのです。

信頼性のない未来にしがみついている必要はありません。あなたにも、本当は彼を紹介したい大切な人たちがいるはずです。周囲の人たちとの関係を視野に入れない男性は、社会的にも信頼が薄いことも多いのも事実。

長く付き合っていても家族に紹介しない男性とは、別れるべきかも知れません。

5.結婚につながる恋愛でないと感じたとき

恋愛のゴールは、決して結婚だけとは限りません。しかし、適齢期の男女となると結婚を意識するのは当然のこと。特に、出産を視野に入れている女性は「年齢」には敏感になります。

彼氏が「気ままな独身生活は捨てられない」などと明言していて「結婚の意思がない」とハッキリ判明した場合、自分の人生を考えて別れる決心をするのが賢明かも知れません。

あなたは、自分の幸せをつかむべきです。

結婚を目的とせず「純粋に彼と付き合っていれば幸せ」と思っているなら別ですが、「結婚願望が強い女性」の場合、長く付き合っていても彼が結婚する様子を見せないのなら思いきって見切りをつけることも必要です。

彼が「その場だけの恋愛」と考えているようだったら、別れどきかも知れません。

6.新しい恋を求めて行動を起こしてしまったとき

他に魅力的な気になる男性ができてしまったとき、その相手をデートに誘うなど気持ちにブレーキが掛けられず、実際に行動を起こしてしまったのなら、すぐに今の彼氏と別れた方が賢明です。

「秘かに想っているだけ」ならば「一時的な心の迷い」と、気づくこともできますが「行動を起こす」ということは、今の彼氏を裏切ってまで手に入れたい相手ということ。

別れを切りだすのは難しいものですが勇気をだして別れを切りだし、しっかりとフってあげるのが、今の彼氏への最後の愛情です。

衝動的な行動が抑えられないほど好きな男性がいるのであれば、別れるべき。

移り気な性格の女性もいますが「直感」というものもあります。今の彼とも「このままでは、先がない」と、どこかで予想できているのかも知れません。

「別れ」で開かれる未来もある

恋人同士が「別れる」ことは、決して悪いことではありません。お互いに不毛の時間を過ごしているよりも良い方向へ進むほうが、建設的であり豊かな人生につながると信じましょう。「終わる」とは考えずに「これからまた始まる」と明るい気持ちで一歩を踏み出して!

別れを切りだすには、勇気が要ります。また恋愛感情は冷めてしまったけれど「情」が残っている場合は、なおツラい選択になります。しばらくは寂しい思いをしたり、お互いに傷つけ合うことも覚悟しなければいけません。けれど、彼以上にあなたと相性の良い男性との出会いが待っている可能性も大いにあるのです。

 

上へ戻る