彼氏が別れてくれない!彼女にガッチリしがみつく理由5つ

一緒に暮らしていて精神的にも経済的にも女性に依存している男性は別れたがらないはず。またモラハラやDV気質がある人は女性を手放しません。カノ女のキモチより自分が大事なのです。

彼氏が別れてくれない!彼女にガッチリしがみつく理由5つ

アイツと別れたい!
なのにナゼ?彼が私を引きとめる理由

彼氏に対する恋愛感情がすっかり冷めてしまい「別れたい」って、ハッキリ冷静に伝えているのに、彼はどうしてスルーするのか?

都合の悪いことは無視して聞こえないふり?

彼と結婚していて子供がいるのに離婚話を持ち出しているわけでもなく、ケンカした勢いや感情的になって出した結論じゃない。別れたい…。

———-

そう願っていても、往生際のわるい彼氏が相手では納得させるまで苦労するかも?彼女からの別れ話を”断固拒否して別れてくれないオトコの心中”を探ってみました!

1.バツの悪い思いをしたくないから

二人のなれそめが同じ職場、学校、幼なじみ、同じサークル、趣味の仲間などの場合、別れると周囲の人間関係を巻き込んで多少はギクシャクします。

彼はそれを恐れて別れたくないのかも。

このタイプの男は!

周囲には恋愛が上手くいっているように振る舞う!

片手を広げて自慢げな男

周囲にイイ顔をしたくて見栄を張るための「愛情とは別の理由」ならガッカリですね。彼女の気持ちなんて全くお構いなしで”自分の立場を守ること”しか考えません。

2.過干渉な親に彼女を紹介済みだから

既に将来を考えているようなニュアンスで彼女を親に紹介しているなら、彼は家族から結婚をせっつかれている恐れがあります。

彼女が親に気に入られていて「いつ結婚するの?」「孫の顔を早くみたい」「同居?別居?近くに住んでね」など過干渉気味なことを言われているのでは?

「別れた」なんて告げたら、彼の一家は大騒ぎに。

このタイプの男は!

親からの干渉が嫌で別れ話をスルーしている!

3.彼女と同棲中で生活費が心配だから

彼女が借りている家に転がり込んで強制的に同棲に持ち込んだり、ラブラブだった時期に二人で家を借りて一緒に暮しはじめたカップルにありがちな理由。

ソファに並んで座る男女

『引越しが面倒だから困る』それに尽きます。

生活費も折半で家事の負担が彼女の方が多いなら、別れは生活に影響を与えるので必死!

このタイプの男は!

意地でもすがろうとする!

生活が成り立っていて彼氏側に不満がないなら、あえて変化を求めず「現状維持したい」と思っているのかも。

4.現実を見ることができないから

単純に彼女を自分の「モノ」と考えていて「彼女が別れたい理由」が頭の中から抜け落ちているのです。

腕組みする女性と文句言う男

このタイプの彼氏とは別れるのが大変です。

女性が言葉を尽くして「別れたい」と言っているのに、『本心ではない』『悪い冗談』『彼女が自分から離れられるはずがない』『一旦別れるのは、また付き合うための準備のため』など、彼女の心変わりを認めようとしません。

このタイプの男は!

ストーカーになりやすい!

★女性に精神的、肉体的に暴力をふるうタイプが多く、別れた後にエスカレートする可能性もあるので要注意かも。

———-

【別れ話をするときは!】

  • 「第三者の立会い」
  • 「人がたくさん居る場所を選ぶ」

これらの対処を忘れずに。

5.独りぼっちになりたくないから

顎をいじりながら心配する男性

バレンタインデーやクリスマス、誕生日に一人で過ごしたくないのは女性だけではありません。男性も『イベントはカップルで楽しみたい』と思っているのです。

中にはSNSでリア充アピールをするために、アクセサリー感覚で「つなぎ留めている」ケースもあり、イベント間近にはその傾向が更に強くなります。

『アナタとはもう一緒にいられない』という彼女の切実な思いより、カッコ悪い自分を晒すことが嫌で「プライドを優先」しちゃいます。

このタイプの男は!

・別の彼女候補ができれば、すんなり別れてくれる!

★「仮面恋人」とのツーショット写真に写っている”彼女の表情が冴えないこと”には気付かない鈍感さが、もうダメだこりゃ…って感じですね。

ツラいことから目を背けたい!
往生際が悪いオトコたち

彼女が別れたいとハッキリ言っているのに別れたがらない男性は「現実逃避」しているのです。

「周囲に対してみっともないから」「親に叱られるから(マザコン?)」「本気じゃないんだろ?」すべて男性側の自分本位な意見ばかり。

別れたいって言っているのに『もしかして日本語通じなくなったの?』って言いたくなるほど駄々をこねる彼の耳には、困ったことに”受け入れたくない事実”は入っていかないのです。

別れの決心がホンモノなら『離れたくない』と、彼が泣いてすがってきても幸せになるためにスパッと断ち切って!

上へ戻る