幸せの絶頂!最高のプロポーズと結婚をやめたくなる興ざめプロポーズ

女性が最高に幸せな気分になる素敵なプロポーズと、それくらいなら言われたくなかったと思わず結婚を考え直してしまいそうになる興ざめプロポーズを紹介!幸せなプロポーズには相手への思いを伝えることが一番☆

幸せの絶頂!最高のプロポーズと結婚をやめたくなる興ざめプロポーズ

女性が感動するプロポーズ!
ガッカリしてしまうプロポーズとは?

女性なら、誰でも一生に一度はあってほしい好きな人からのプロポーズ。いつかは結婚したい女性なら、つい夢見て期待してしまいますよね。素敵な思い出になる幸せなプロポーズなら最高!…なのですが、一方で思わず相手に幻滅してしまうようなプロポーズもあるようです。良い例と悪い例の両面から代表的なプロポーズをピックアップ、男性も女性も参考にして下さいネ!

最高のプロポーズの言葉3選

最高のプロポーズをする男性

失敗はなるべくしたくないプロポーズですが緊張はつきもの。サプライズ作戦とまではいかなくても、ある程度の準備はしておきましょう。ここでは女性が喜ぶプロポーズの言葉を厳選しましたが、男性だけではなく女性にとってもプロポーズの時に一番大切なことは、気持ちをきちんと言葉に乗せて、自分の言葉で伝えることだと思います。頑張って!

「僕が、一生君のことを護ります。結婚してください」

近年、女性がいくら強くなったといわれても、やっぱり男性にそう言われるとうれしいものです。この言葉は、相手の男性らしさが感じられ信頼感も増します。女性としては、ウルッとなってしまいますね。

「大好きです!ずっと一緒にいたいから結婚してください!」

男らしい、ストレートで飾り気のない言葉は気持ちも伝わりやすく、素直に感動してしまいます。こういう単刀直入な言葉を言うときは男性も照れくさいはずです。それでも、自分の思いを相手に真っ向から伝えようとする気持ちが嬉しいですね。

「君以外の人と一緒にいる人生は考えられない」

こういう表現は、相手にとって自分は特別な存在であることを実感させられますよね。好きな人から、自分がかけがえのない存在だということを言われたときは、迷うことなく「わたしもです」と返しましょう。

最悪のプロポーズの言葉3選

最悪のプロポーズをする男性

プロポーズはハッピーなものであるべきことと言えてしまうため、イタい滑り方をしてしまったなんて許されないことの部類に入ってしまっても不思議はありません。ここではそんな許されざるプロポーズの失態を避けるべく、悪い例を紹介します。幸せの絶頂から取り返しのつかない事態に発展する事がありませんように…。

「じゃあ、結婚する?」

彼がいつまでもプロポーズしてくれないので、シビレを切らした女性側から「わたしもそろそろ結婚したい」とか「周りは皆結婚してるから、友達に会えばいつもまだ結婚しないの?って言われるの」などと言って彼の反応を見ようすることもあるかも知れません。しかし、それに返ってきた言葉が「じゃあ、結婚する?」など簡単に言われてしまうとガッカリですよね。たとえ女性側から結婚の話題を振ったとしても、相手の男性からはそれを受け止めて、プロポーズはきちんとして欲しいものです。

「親からも早く結婚しろって言われてるし。」

照れ隠しもあるのでしょうが、自分達以外の人の事を引き合いに出し、いい訳のようにプロポーズされても全く嬉しくないどころか、逆に困ってしまいますよね。「親のために結婚するの?もう、結婚やめようかな」と、憤りを通り越して、彼の人格さえ疑ってしまいそうです。

「そろそろ結婚する?」

長い付き合いの場合やお互いに結婚を意識している間柄だとしても、こんな感じで結婚するのが当たり前のように言われてしまうと、素直に喜べない人も少なくないでしょう。結婚とは人生の一大事なのですから、いくらお互いのことを知り尽くしていると思っても、プロポーズをするときは、改まったような気持ちや態度で、きちんと言葉にして言って欲しいものです。

プロポーズは彼女が彼の気持ちを汲んで「素敵」に変身します

プロポーズは、男性にとっても勇気のいることです。そして素敵なプロポーズを心待ちにする女性の考えをはるかに凌ぐような、一大決心の上でのことであっても不思議はありません。だからこそ自分のことをどれだけ大切に思ってくれているのかが分かれば、不器用な表現でも女性は嬉しくなってしまうようです。不器用でも素敵なプロポーズが出来ますように(受けられますように)☆

上へ戻る