仕事のライバル男子が気になる!恋と仕事を両立する5つのルール

気になる相手が会社では好敵手…というケースは珍しくありません。できるだけ業務に支障のない程度に恋愛も上手く進めたいものですが、どんなアプローチがベストなのでしょうか。5つのテクニックをご紹介します!

仕事のライバル男子が気になる!恋と仕事を両立する5つのルール

仕事のライバルを恋人に!
恋と仕事を両立するテクニックって?

同じ会社にいる、「ちょっといいな 」なんて思っている男性。

でも、仕事上でライバル関係にある相手となると、どうしても仕事の成果を競うことになってしまいがちですよね。

あなたは職場で、男性よりも業務をスイスイこなしてしまう「デキる女」として見られ、気になる男性から劣等感を抱かれていませんか?

あまりにも自分よりも仕事のできるオンナや、一人で何でもこなせる完璧女子というイメージを持たれると、男性が理想とする「守ってあげたい存在」から遠のいてしまうことも…。


とはいえ、恋愛のために職務の手を抜くわけにはいかないもの。

今回は、仕事のライバル男子との恋を上手く進める5つのルールをまとめました。

5つのポイントに気をつけながらアプローチすることで、彼にも嫌われず、仕事も良い結果が生まれるはずですよ

1.相手のプライドを傷つける行動は控える

仕事のプライド

もともと男性は、自分にある程度のプライドを持っており、劣等感を抱きやすい傾向が強いものです。

仕事に熱中するあまり、いつのまにか彼の劣等感を刺激してしまうことがあるなら、女性としてのアナタの評価はガタ落ちに!

彼のプライドを傷つける行為!

仕事の失敗を怒る
自分と彼の仕事の出来を比較する
能力の低さを指摘する
彼が頑張ろうとしている仕事を先にやってしまう

彼も人間ですから、仕事でミスをしたり分野によっては未熟な部分もあるは当然ですよね。

でも、そこで女性であるあなたがイラついた表情を見せたり怒ったりすると、彼のプライドを傷つけてしまう可能性大!

仕事上、どうしても相手の男性にミスを指摘しなければいけない場合は、あなたが直接伝えるのではなく、上司にその役割を任せた方が無難かも。

2.仕事は不用意に手伝わない

仕事を見守る同僚

気になっている相手が困っていたら、つい仕事を手伝ってあげたくなることもありますが、彼がヤル気満々で取り組んでいるようなら、手は出さないで見守るのがベスト!

彼を手伝うことで?

「仕事を取られた!」と誤解されるケースも…。

横から手を出してしまうと、こちらにその気がなくとも手柄を取られたと勘違いされ、気分を損ねてしまいます。

また、例え直接手伝わなくても「それ、こっちのやり方のほうがいいよ~」「その方法、効率悪くない?」といった上から目線のアドバイスは、「私はアナタより仕事ができる!」と言っているように取られてしまう場合があります。

ミスをしない範囲内であれば、あまり余計なことは言わないほうが良さそうですね。

3.それぞれ違った得意分野を伸ばす

得意な仕事

同じ分野で張り合っていると、優劣の差から手柄の取り合いや嫉妬の感情を生みだしやすく、お互いの関係によくありません。

男女で向いている分野にも差があるはず。その差を活かして仕事をすることで、仕事の効率も上がり、関係も良好なものに変わっていきます

得意分野のタイプ分け一例!

女性なら繊細さやセンスを生かした仕事
男性なら責任感や使命感の強い仕事

もちろん、個人の個性にもよるので、この逆や全く別の得意分野でも構いません。

違った得意分野を持つことで、お互いを妬んだりすることなく尊重する気持ちを持つことができるように!

また、仕事の得意分野はあなたの長所ともつながっています。「こんなことに気を使うことができる人なんだな」と思わせることで、あなたの良さを上手にアピールすることができますよ

4.苦手分野は思い切って頼ってみる

仕事の質問

苦手分野は誰にでもありますが、それを一人で無理やりこなしてしまう一匹狼タイプのデキ女は少なくありません。

その能力は周囲からも認められるかもしれませんが、可愛げのない態度はオトコ目線から見ると少々面白くないと思われることも…。


ベストなのは、素直に自分の弱点を受け入れること。もし、気になる彼が自分の不得手分野を得意としていたら、協力してもらえるようにお願いしてみましょう。

協力を頼むときのポイント!

『○○さんに仕事を手伝ってもらえると、仕事が円滑に進められます!』


※相手を立てることを忘れずに!

仕事上でこう言われると、彼は「自分は彼女に頼られたり必要にされているのではないか」と思うようになり、男性としてのプライドに自信がつくようになります。

そしてあなたは困った時に自分を頼ってきてくれる人と認識され、より女性らしいイメージを持たれるようになります♪

5.彼を仕事の目標にする

仕事ができる男性

仕事の上の話であっても、女性が男性よりも上からの目線で見てしまう構成ができあがってしまうと、男性としてはいい気分がしない…というのが正直なトコロ。

そのため、カレとはライバルとして競い合うよりも、仕事の上で尊敬できる目標的存在として見るのがオススメ!

仕事をキッカケに…

『○○さんのこういうところ凄いですよね!今度教えてもらえませんか?』


※二人きりになる流れを作ってみて!

仕事の相談やコツを教えてもらうという名目で、二人きりでのお茶や食事デートに誘うこともできます。

あなたのことを『自分を慕ってくれる仲間』と思っているなら、相手も悪い気はせずOKしてくれる可能性大!

自分にはない長所や得意分野を褒めて、積極的に尊敬心をアピールしてみて。

仕事と恋愛を両立するには
女子の気遣い力がカギ!

仕事上のライバルが気になる異性である場合、仕事の成果を競って争うことにメリットはありません。

ココが大切!

仕事を通してお互いをよく理解し合うこと!

お互いを知ることで、仕事の質や成果の向上にもつながります。

また、二人で連携して仕事がうまくいくようになれば、次第にカレとの距離も縮まり、アナタを女性として意識してくれるようになるはずです。


男性であるカレを立てることをキホンとし、女性ならではの気遣い力で、上手に恋と仕事を両立させていってくださいね

上へ戻る