ネゴシエーターに学ぶ「yes」と言わせる!恋の駆け引き3つの交渉術

ビジネスの場でも活用されるネゴシエーターの交渉術は、男性との恋の駆け引きにも効果を発揮します。3つの交渉テクニックを使って「値段の交渉」「デート先の交渉」「新居選びの交渉」を成功に導く方法を紹介!

ネゴシエーターに学ぶ「yes」と言わせる!恋の駆け引き3つの交渉術

ネゴシエーターの交渉術を恋の駆け引きに使う!

ネゴシエーターとは「交渉人」のことです。本来、ビジネスの場において交渉、協定、取引などの話合いをしますが、このテクニックを恋の駆け引きに応用してみましょう!交渉術を使って彼氏を自分の思う通りに誘導できれば、ケンカや言い争いも少なくなります。ここでは彼から「YES」を引き出す3つのテクニックをシチュエーションごとに紹介します。

交渉と言うと何かズルイ行為で相手を騙しているような、悪い気分になるかも知れませんがそれは違います。交渉を成功させる一番の条件は「相手のことを思いやり」「相手のことを中心に置く」ことです。わがままを通すのではなく相手に譲歩したり、無理をしないように少しずつレベルを上げて行ったり、二人にとって良い道を選択するための交渉術なのです。WIN! WIN!なのです!

その1「値段の交渉」

ネックレスの交渉術

あなたは、とっても欲しいネックレスを見つけます。値段を見たら3万円します。彼は誕生日にアクセサリーを買ってくれると言っていますが、予算は、せいぜい1万円~2万円というところです。さてどうしたら、あなたの欲しい3万円のネックレスをプレゼントしてもらえるでしょう?

ここではドア・イン・ザ・フェイス・テクニック(譲歩的要請法)から学びます。

まず彼とお店に行ったら、10万円ぐらいのアクセサリーを見て「わあ、これステキっ」と言います。彼は完全に予算オーバーなので困った顔をします。そこであなたは「やっぱり高いよね」と素直に引き下がります。

次に5万円ぐらいの品を見て「あ、これもイイね……でもやっぱり高いよね」とため息まじりに諦めます。だんだんと彼は、あなたに対してすまない気持ちになって来ます。

そこでやっとあなたは、目的の3万円のネックレスを手に取って「あ、これが一番ステキかな」と笑顔を見せます。すると彼の予算からすると高いものなのですが、他のもっと高いアクセサリーを諦めてくれたのだから……せめてこれぐらいは買ってあげないと……という気持ちになるのです。

断られることを前提にして敢えて最初に高い金額を提示し、だんだんと引き下げて譲歩しているように感じさせる交渉法です

その2「デート先の交渉」

デートスポットは恋愛ネゴシエーターの出番

あなたは、彼とのいつものデートに少し飽きてきました。「もっとスペシャルなデートがしたい!」。そんなときはどう駆け引きすればいいでしょう?

ここでは逆に段階的にレベルを上げて行く方法を紹介します。時間はかかりますが、確実に彼の気持ちをコントロールして行く方法です。

ここで大切なことは、彼とのデートはどこに行っても楽しいという気持ちを忘れてはいけません。最初のうちは、近くのレストランや近場の散歩のようなデートかも知れませんが、あなたは、とにかく楽しい様子を彼に見せてください。

そうすると彼の方が自然と「普通のデートでもこんなに喜んでくれるなら、もっと良い場所に連れて行ってあげたら、どんなに喜ぶだろう」という気持ちになって来るのです。そういう積み重ねをして行き、彼の様子を見て「ディズニー・リゾートとか二人で行ったら楽しそうだよね」と遠慮がちに言えば、彼は絶対に「NO」とは言わないでしょう。あなたの笑顔が見たいのですから……。このような交渉法をフット・イン・ザ・ドア・テクニック(段階的要請法)と言います。

その3「新居選びの交渉」

恋の駆け引き中の彼氏

あなたは、いよいよ彼と一緒に住むことになります。そこで二人の新居を探すことになりました。あなたは気に入った物件を見つけ、どうしてもそこで彼と住みたいと思います。

この場合は、メリット&デメリット・テクニックをオススメします。良いところばかりを言わずに、欠点もフェアに挙げるのです。その時にまずデメリットの面から言うのが効果的です。

「この部屋、とってもイイけど、やっぱり家賃が高いし駅からも遠いよね」と彼の言葉を代弁するように欠点を挙げます。

そして「でも」と続くその先があなたの意見です。「でも新しいし陽あたりも間取りもイイし、これぐらい広いキッチンだと料理もしやすいよね」と……。彼は、二人がそこに住む未来のビジョンを描きます。まあ予算オーバーで駅からも遠いけど、確かに彼女の言うとおり、この部屋がイイかも……と思うようになるかも知れません。

上へ戻る