【恋愛の進展をストップさせる】女性が彼氏に言ってはいけない言葉

男性には彼女に言ってほしくないセリフがあります。恋の進展を止めてしまう言ってはいけない言葉が彼女の口癖では、彼氏も彼女に嫌気がさしてくるというもの…。その何気ないマイナス発言、大丈夫ですか?

【恋愛の進展をストップさせる】女性が彼氏に言ってはいけない言葉

その言葉はNG!恋愛の進展を止めてしまうマイナス発言

お互いが好きで付き合い始めても、女性が口にするマイナス発言に男性は気が重くなったり、幻滅してしまったりすることがあります。たとえそれが何気ない言葉だったとしても、彼との恋の発展を止めてしまう可能性もあるセリフには気を付けたい!

どうせ、私なんて・・・

彼氏に言ってはいけない言葉どうせ私なんて女性

自分を卑下する卑屈な言葉は、聞いている方も嫌な気分になってしまいます。彼が悪いのでしょうか?思い通りにならないことに対して問題の原因さえもうやむやにしてしまうような言葉は、相手にイライラを募らせてしまいます。度々このような言葉を発していると、男性は「この人と一緒にいても幸せになれない」と感じてくるでしょう。

結婚さえできれば…

結婚さえできればそれでいいのというニュアンスが感じられる発言は、彼氏にとっては「相手は誰でもいいのか?」「単純に結婚がしたいだけなのか?」とあなたに不信感を抱いてしまいます。また、女性の結婚願望が異様に強いと、束縛が嫌いな男性は逃げ出したくなってしまうでしょう。それに、○○さえできれば(あれば)…という言葉を言っている人は幸せになれないとも言われています。今すぐ「私には彼がいる(○○がある)」にチェンジ!

でも&だって~(訳:わたしは悪くない)

彼氏に言ってはいけない言葉でもだって女性

いつも言い訳の多い人は要注意です。最初の頃は可愛いと思えても、いつまでも自分の非を認めず言い訳ばかりしていたのでは、「またか…。ハァ~」と彼もため息交じりに。そのうちに疲れてしまった男性は彼女に嫌気がさしてくることでしょう。本当に悪いのは、間違ったことや失敗ではなく、非があるのにも謝らない態度です。

なんかムカつく!

人の粗探しが上手く、悪びれる様子もなく人の悪口を言い、さらに口癖のようにムカつく!を連呼する人にはなりたくありませんよね…。まっとうな男性なら、そんな様子の彼女には「もういい加減にしてくれよ~」と思ってしまうかも。楽しいはずの彼女とのデートをそんな話で潰されては、彼もいい気はしないでしょう。

つまんない…

彼氏に言ってはいけない言葉つまんなーい女性

「え!?何が!?ていうよりもう少しオブラートに包んで!」という彼の悲痛な心の叫びが聞こえそう。彼が忙しく、自分と一緒にいられる時間があまりないような時に、甘えているつもりでも言ってはいけない言葉です。ただでさえ仕事が忙しくて疲れている彼に「つまらない」など不平不満を漏らすのではなく、思いやりの感じられる言葉をかけましょう。

わたしって、かわいそうでしょ…

要するに不幸自慢をしないこと。自分が過去に傷ついたことをいつまでも根に持ち、悲劇のヒロイン気分で事あるごとに不幸を口に出す人とは、一緒にいる男性も暗い気分になってしまいます。大変だったときに頑張った経験を彼に理解してほしい気持ちがあったのだとしても、そういうものはわざわざ話しても上手く伝わらないものです。未来に対する前向きな姿勢で表現できれば良いですね。

あの人はいいよね

いつも他人と自分を比較して、人の自分より恵まれている部分を見つけてはやっかむようなことを言っているだけでは何も生み出せません。また、やっかみ発言は、一緒にいてくれる周りの人も憂鬱な気分にさせてなってしまいます。羨ましいと思う気持ちはやっかみ発言ではなく、プラスのエネルギーに変換しましょう。

どうするの?

彼氏に言ってはいけない言葉どうするの女性

いつも自分では何も決めず、彼にばっかり決断を迫る人も彼を疲れさせてしまいます。いつも他人に決断をゆだねる態度は、その決断が間違っていたときの責任もなすり付けているようなもの!ハラタチマスネ~。何もかも全面的に彼に押し付けていると、あなたの存在自体は、お荷物になってしまいます。自分で決められないなら、彼に決めさせるようなやり方ではなく、きちんと考えたうえで彼に助言を求めてみては?

上へ戻る