心が疲れたとき・特集

心が疲れたとき・特集

心が疲れた時には、休日に寝ためて身体を休めたり、パーッと遊びつくしていませんか?それでは逆に疲れがたまり心にも身体にも良くありません。マイナス気分をケアする方法を紹介します。

心が疲れたときの対処法

会社や学校に行きたくないなぁ…、って思うことがありますよね。すると段々と心にダメージがいき、小さなストレスが溜まってくるものです。

どうすれば、憂鬱な気分を吹き飛ばせるのでしょうか?日常のちょっとした出来事やイライラを無くすためには、心を休ませる必要があります。

日頃の生活習慣を見直したり、休日の過ごし方を変えるだけで「もやもやした気持ち」を晴らすことが出来る「ストレス対処法」や「リラックス方法」を紹介します。

▼生活習慣を見直してストレスを発散させる方法

心が疲れたときは子供の頃に戻った気持ちで、ぬいぐるみと一緒に寝てみませんか?実は「抱きしめる」ことで気持ちが落ち着いて、心も癒される効果があります。ストレス軽減の効果が期待できる、ぬいぐるみセラピーの効果を紹介します。

ストレスが溜まっている時は山に登ってみませんか?澄んだ空気の中で身体を動かすことで気持ちも落ち着き、普段使わない筋肉を使うのでシェイプアップも期待できますよ。

「休日に寝溜めて平日に備える」「思いっきり遊んでストレス発散」なんて疲労回復方法をしていませんか?実は逆に疲れが溜まり、平日にず~んと重い身体を無理やり起こして会社に行くハメになるかもしれません。見直して欲しいNG疲労回復方法を紹介します。

『本当にやっていけるのだろうか…』『これで提出して怒られないだろうか…』といった気持ちに押しつぶされていませんか?不安な気持ちがピンと張り詰めて会社に行けなくなる前に、上手にストレスと付き合っていく今すぐ実践したい習慣を紹介します。

月経前は女性ホルモンのバランスが崩れることが多く、自分の気持ちがコントロールしにくいものですよね。「食事方法」と「生活習慣」を見直してイライラを少なくする方法を紹介します。

日記って書こうと思っても意外と続かないものですよね、でも簡潔に3行だけ書く日記なら続くと思いませんか?3行日記には気持ちをコントロールして心と身体を健康にさせてくれる効果が期待できます。悩みごとやストレスで押しつぶされる前に試してみてくださいね。

いつも怖い夢を見る原因って何があるのでしょうか?「日頃のストレス」「寝室の環境」など、意外と見落としがちな怖い夢を見る原因を紹介します。1つずつ改善して、安眠できる環境を手に入れましょう。

▼イライラを発散させるリラックス方法

「大きな声を出す」「笑う」など、ストレス解消法はたくさんありますが、騒いでいるとマンションやアパートでは他の住人にも迷惑になりがちです。そこでオススメしたいのが「泣く方法」です。溜まっているストレスを吹き飛ばすコツは「感動した涙」を流すことですよ。

音楽はストレス解消にも役立ちます。医学部の教授が自ら研究し実践された自律神経の乱れを改善させる方法は、音楽を聞いているだけでいいのです。仕事中や休日のリラックスタイムにオススメな、自律神経の乱れが改善される効果が期待できる音楽でストレスを溜めない生活を送りましょう。

4月に緊張しながら会社や学校に通い、やっと迎えたゴールデンウィークが空けたら『なぜか会社に行きたくない…』『学校に行ってもつまらない…』と、ふわふわした毎日を送っていませんか?それは有名な「5月病」かもしれません。抱え込まず周囲の人に相談する、新しい趣味を見つけるなど、心の病を改善させる方法を紹介します。

ネガティブな思考回路をしていると、マイナス方向にばかり考えが向いて自分でも知らないうちにストレスを溜める生活になりがちです。どうすればポジティブな考え方になるのでしょうか?発想転換ドリルにチャレンジしてみてくださいね。

『何をしても楽しくない…』と感じ始めたら、うつ病の1歩手前かもしれません。特に女性はホルモンバランスの乱れによって、気持ちが沈みやすい傾向にあります。うつ病になりやすい性格と対処法をチェックして、少しずつストレスを発散させましょう。

運転中って、ちょっとしたことでもイラッとすることがありますよね。イライラは周りの状況を見えにくくするので事故に巻き込まれる可能性も高くなります。冷静に運転するためのイライラ解消法を紹介します。

いつもと違う生活習慣は新鮮な気持ちにさせてくれる

「山道を歩いて森林の空気を吸いリラックスをする」「野鳥のさえずりを聞いて気持ちを落ち着かせる」などの動物に触れ合うと心がスッと晴れる効果は、ぬいぐるみにもありますし、失恋をしたとき、恋愛映画を見たときなどは我慢をせずに涙を流すことでストレスを溜めない生活を送れます。

また「たった3行の日記を書くだけでストレスが飛んでいく」「音楽を聞くだけで自律神経の乱れが改善される」など、生活習慣を変えるだけでも、自分の気持ちや考え方に変化がつきイライラも溜まりにくくなりますよ。

休日に寝ためても疲れは一気にとれず、逆に溜める結果となります、怖い夢を見るから寝たくない気持ちになる前に、寝室の環境や寝方を見直してグッスリと安眠できる習慣を身につけましょう。

貴重な休日には、平日に溜まったストレスを発散させてメリハリのある毎日を送ってくださいね。

上へ戻る