時短美容法・誰もが欲しい美しさをスキマ時間で簡単ゲット

時短美容法まとめです。忙しくしているのにいつも美しい女性ってなんだか憧れちゃいますよね。その美の秘訣は、忙しい朝や短時間でできるスキンケアやボディケア、ヘアケアに隠されているのかもしれません。

時短美容法・誰もが欲しい美しさをスキマ時間で簡単ゲット

時短でもキレイになれる美容法!

“綺麗になりたい”というのは女性の誰もが強く願うことですが、忙しい毎日の中で、なかなか美容のためにかける時間が取れない…というのが現代女性のリアルです。

どうせ綺麗になるなら、時間を掛けずに楽をして美を手に入れたいですよね。

今回は「忙しい毎日でもできるだけ短い時間でキレイになりたい!」という欲張りな女性のために、 “誰でも簡単にできる時短美容法”を紹介します。忙しい朝にできる時短美容法や、スキンケア・ヘアケア・ボディケアのパーツごとにポイントを紹介するので、「コレやってみたい!」というものがあれば、早速今日から実践してみましょう!

朝の時短美容テクニック

何かとやることが多い朝は時間がなくていつもギリギリに…という人も多いのではないでしょうか?短い時間で効率よく出かける支度ができたら嬉しいものですよね。そこで、朝の時短美容テクニックを紹介します!

▼ファンデに美容液を混ぜてツヤ肌をつくる

乾燥している季節は肌がくすんだり、メイクのノリが悪くなりますね。それだけでなく、寝不足や疲れなどで肌の調子が変わると、いつも使っているリキッドファンデーションが自分の肌色に合わないということがあります。

時間があれば、いくつかのファンデーションを混ぜ合わせて色を調整することができますが「時間をかけずにキレイに仕上げたい!」という場合は、手持ちのファンデーションに乳液や美容液などの保湿液を少し加えるだけで、ファンデーションのカラーをコントロールすることができます。

配合は1:1を基本にしましょう。保湿液が多すぎるとベタベタになり、肌にしっかりのりません。

上手に混ぜるコツは、リキッドファンデーションと乳液を、それぞれ手のひらでしっかり人肌まで温めておくことです。体温になじんできたら二つを混ぜ合わせてメイクします。カラーだけでなく、ツヤツヤとした潤い肌が持続し、日中の乾燥も防いでくれる嬉しい効果を感じられます。

ファンデーションと保湿液は1:1の配合を基本に

▼寝る前に翌朝のスタイルをセットしておく

朝が忙しいというわけではないけれど、起きてからしばらくぼーっとしてしまうような寝起きが悪い人や、早く寝ても朝はどうしても起きられないという人は、寝る前に次の日の準備をしっかりしてから寝るようにしましょう。

朝のヘアセット短縮法とは?

1.夜にお風呂やシャワーでいつも通りに髪の毛を洗う
2.ドライヤーで乾かしてから、形がつきやすいようにしっとり系のヘアクリームをつける
3.髪の毛を真ん中で二つに分け、三つ編みにして眠る

ポイントは少しきつめに髪を編むことです!ウエーブがしっかりでるように、髪の毛にしっかりテンションをかけながら編んでいきましょう。

翌朝、三つ編みをほどいてみるとゴージャスで自然な無造作ウエーブヘアのできあがっています! ブラシで梳かずに、軽く手ぐしでほぐすくらいでも可愛いです。

▼下まぶたの際にブラウン系のシャドウを塗る

時間をかけず簡単に、より大きくキレイなデカ目になりたい時は、肌に馴染むブラウン系のアイシャドウを下瞼の際に沿ってサッと塗っておきましょう。

後でアイラインを引きやすくなるだけでなく、時間をかけずにキレイな状態が長持ちするし、目をより大きく見せる効果があります。

▼気になる前髪だけを朝シャン!

朝の寝癖を直し、キレイにヘアセットをするため朝シャンプーをする人も多いですが、時間のないときには前髪だけをシャンプーして時間を短縮しましょう!

すばやくヘアスタイルを整えたいときには?

1.前髪以外は、ゴムやタオルで濡れないようにしっかりまとめておく
2.前髪だけを少し濡らし、1円玉大くらいのシャンプーを手で泡立てて、洗い流す

これならシャワーを浴びなくても手軽にシンクで洗い流すことができ、髪全体をシャンプーしたようなスッキリとした印象になれます。扱いにくい髪質の場合はしっかりブローして乾かしたほうがいいですが、地毛のくせ毛が気に入っている場合は自然乾燥でもOKです

顔を洗ったり歯磨きをするついでに、時間も手間もかけずに寝癖を直すことができて楽チンですね。

前髪だけをシャンプーすると時間が短縮できます

▼コンシーラーの後に口紅を塗る

シミやシワなどコンプレックスをカバーしてくれるコンシーラーをリップメイクの前に唇に塗るだけで、簡単にワンランク上のキレイな唇が仕上がります。

コンシーラーを塗ると?

・唇本来の色味と、唇にできたシワやシミが目立たなくなる
・上から重ねたリップやグロスがキレイに発色する

赤やピンクなど華やかな色を使っても発色が悪かったり、唇のシワやほくろが気になる人、唇の血色が悪く見える人には特にオススメです。

コンシーラーを使う前には保湿のためのリップをしっかり塗っておきましょう。コンシーラーはスティックタイプのものが多いですが直接塗ってしまうとつきすぎますので、手やチップなどにとってポンポンと軽くつけていきます。

唇の大きさが気になっているという場合は、唇のふちをコンシーラーで塗ることで輪郭をぼやけさせ、唇の内側に明るい色のリップを指などでポンポンと軽く乗せてみましょう。その上からグロスなどを重ねると、さらに輪郭がふんわりとなり、柔らかくて小さめの唇に仕上がります。

▼ドライヤーをヘア乾燥以外にも活用する

ドライヤーは「髪の毛を乾かす」だけでなく、温風と冷風を上手に使い分けることで朝のキレイを簡単に作れる優秀アイテムです。

メイク前に化粧水をつけた時に冷風をあてて肌を冷やすことで毛穴を小さくし、引き締めることができます。乳液をつけた後、下地をつけた後、ファンデーションをつけてから、それぞれの段階で冷風をかけて顔を冷やすことでメイクが肌にしっかりつくのです。

化粧水などはハンドプッシュなどで、しっかり肌に水分を入れてから使うということを忘れないようにしましょう。

マスカラを使う前には、ドライヤーの温風でビューラーを軽く温めておきます。ホットカーラーやアイロンと同じ原理で、温かくなったビューラーがまつ毛のカールをしっかり作ってくれます。形がついた後に下から冷風を当てると、カールキープできますよ。

冷風と温風を使い分けてドライヤーを活用

▼ラメマニキュアで指先を華やかにする

時短でゴージャスネイルを仕上げたい時には、光にあたってキラキラと輝くようなラメなどのグリッターを使うのがオススメです! 

普段使っているワンカラーのマニキュアを塗った上に、ラメの入ったグリッターマニキュアを重ねるだけで存在感のあるキラキラネイルが出来上がります。キラキラだけでなく、カラーの存在感が強いグリッターマニキュアを使用するとオシャレでポップなネイルが完成します。

また、グリッターマニキュアを欠けたり伸びたりしているネイルの根元に少し厚く塗ることで、伸びた部分を隠すことができます。ゴージャスなグラデーションに見え、普通のマニキュアより長持ちしますよ。

▼マスカラは体温で溶かす

寒い冬の朝や、クーラーをしっかり効かせた室内でメイクをする時、マスカラに含まれる油分が固まってしまってダマになっていることがあります。塗ってから固まっているマスカラに気づき、慌ててコームで溶かしたり、ティッシュでオフしてもう一回キレイに塗りなおしたりしていると、朝の忙しい時間が大幅に取られてしまいますよね。

その手間や時間を省くのに有効なのが、化粧水や乳液などのスキンケアをしている間にマスカラをブラと胸の間に挟んで温めておくことです。体温でマスカラ液が自然に滑らかになって塗りやすくなります。

ドライヤーなどで温めたり、お湯につけるという方法もありますが、ただ挟んでおくだけなので両手が使え、朝の準備を妨げることがないので時短になります。また、急激な温度変化によるマスカラの劣化を心配することもありませんね。

時短美容方法/スキンケア

肌はその人の印象を決める重要なパーツです。特に顔のスキンケアは重点的にお手入れをしておきたいトコロですね!

▼オールインワン化粧品を使う

スキンケアというのは、美肌のためにもなかなか時間を短縮できないとても大切なポイントですよね。

通常であれば化粧水や乳液、クリーム、美容液など、複数のスキンケア用品を肌に浸透させるためにある程度の時間がかかります。


そこで、時短のために使いたいのが“オールインワンコスメ”

中に美容成分や肌の保護成分がたっぷり含まれているので、忙しい女性にとってはとても便利なアイテムです。

さらに時短するには?

ラップを張り付ける!

美容成分が浸透するまでの時間を早めるひと手間として、オールインワン化粧品を肌につけたあとはラップを顔に貼り付け、5分程度置きましょう。

また、オールインワンコスメは化粧水やジェル、クリームなど、テクスチャのタイプも様々なので、好みの使用感のものを選ぶのがオススメです!

オールインワンコスメが時短にオススメです

▼寝るとき用のパックを使う

美容パックといえばメジャーなのはシートタイプのマスク。1枚500円以上の商品もありますが、プチプラで手に入るものも多いのが嬉しいですよね。

ただ、「残業でグッタリ疲れて帰ってきたのに、ゆっくりシートマスクをする余裕なんてありませ~ん!」という人も少なくないはず。

では、起きている間ではなく、眠っている間に効果を発揮する”スリーピングパック”にチェンジするのはいかがでしょうか?

スリーピングパックって?

韓国発の寝ているときにつけるジェル(クリーム)タイプのパック!

“寝ている間に美活ができる”というその効率の良さからか、最近は韓国だけではなく日本国内のブランドまでもが続々と販売している人気ぶり!香りや成分もシートマスクに劣らない豊富さです。

使い方はとっても簡単で、就寝前にパックを塗りそのまま朝まで眠って放置するだけ。翌朝の洗顔でパックを洗い流したら、お肌はしっとりぷるぷるに

また「寝相が悪いから布団にパックが付いちゃいそうで不安…」という方は、手ぬぐいを布団に当て布として使用するのがオススメです!

▼とにかく加湿する

乾燥した空気にさらされた肌は毛穴が開き、水分が足りなくなることでシワが増えたりハリがなくなったりします。

美肌のためにできる簡単な方法のひとつが、部屋の湿度を適度に上げること。部屋の湿度は60%以上が理想です。

例えば?

・観葉植物を置く
・加湿器を使う
・霧吹きでカーテンなどに水を吹きかける
・濡れタオルを干す

ただ、あんまり湿度を上げすぎるとカビが発生する原因となるので、却ってお肌に悪影響を及ぼすことになります。湿気がひどくなる梅雨時期などは特に注意してくださいね。

観葉植物も加湿につかえます

時短美容方法/ヘアケア

天使の輪ができるような美しい髪質はやっぱり憧れちゃいますよね。短い時間でもケアを積み重ねればその理想に近づくことはできますよ。

▼ドライヤーの時間を短くする

髪の毛を乾かすドライヤーは毎日しなければならないことですが、この熱風が髪の毛にダメージを与えてしまう上、乾燥するまでに長い時間がかかってしまうもの。

「この時間をせめて5分でも短くできれば…」と切実に願う方は多いですよね。

時短ドライヤー術!

1.タオルドライで水気をしっかりとる
2.取り切れなかった水気をティッシュでとる
3.タオルをかぶってドライヤーの風を当てる

タオルで癖を抑えるこの方法は毛髪の広がりも防いでくれるので、毛量の多い方には特にオススメ

さらに、湿気の多い洗面所や浴室付近ではなく、リビングや自室などの湿気が少ない場所で行うのがコツです!

タオルドライで水気をしっかりとる

▼洗い流さないトリートメントに変える

シャンプーの後には、ハリやコシのあるきれいな髪の毛を保つためにトリートメントをするのが最も効果的です。

とはいえ、お風呂で使うトリートメントは髪に塗ってから10分程度は置いておくのが普通。疲れて帰ってきてすぐ寝たいと思っている忙しい女性にとっては、この時間すらもったいなく感じることでしょう。

入浴時のトリートメントが面倒なら?

アウトバストリートメントに頼る!

洗い流さないトリートメントに変えることで入浴時間を短くでき、寝ている間にヘアケアができるというワケです。


ただ、やはりベストなのはインバス&アウトバストリートメントの2タイプを併用すること。

「どうしても面倒!」「やっぱり時間が取れない!」という場合には、美容室に行ったとき、必ずトリートメントもメニューに入れてもらうと楽チンですよ。

時短美容方法/ボディケア

“マシュマロのようなもっちり美肌”は、顔だけでなく全身でキープしておきたいもの。ズボラ女子でも簡単にできちゃう2つのボディケアをピックアップします!

▼シャワーヘッドを取り換える

湯船にしっかり浸かるのがいいとわかっていても、夜遅く帰ってきてから時間を掛けて入浴するというのはなかなかメンドクサイですよね。忙しいからとシャワーで済ませても簡単に美活できるのが、シャワーヘッドを取り換えるという方法です!

シャワーヘッドを取り換えることで?

マイクロバブルが頭皮の細かい汚れを落としてくれる!

シャワーのお湯を細かい泡の状態、マイクロバブルにしてくれるシャワーヘッドを使うことで、水だけでは届かない髪や肌の汚れを優しく落としてくれるのです。

相場は1万前後~2万前後。時短しつつもボディケアをしっかり行いたいなら、思い切って自分へのご褒美に購入を検討してみては?

マイクロバブルインbしてくれるシャワーヘッドに取り換える

▼シャワー後、濡れた状態の体にクリームを塗る

シャワーやお風呂のあとはタオルで体の水滴を拭き取り、一息ついてからボディクリームを体に塗りますよね。

でも、忙しい朝や疲れているときはひと息つく間もなく身支度に追われたり、疲れて眠ってしまうことも…。

でも実は…

濡れた肌に塗った方が、より高い保湿効果が期待できる!

“ボディクリームを塗るのは完全に水分を拭き取ってからじゃなきゃダメ”と思い込んでいる方は多いのですが、実は水分を適度に含んでいる肌状態の方が肌にはなじみやすく、保湿効果が高まるんです!

また、水気を含むことでクリームの伸びも良くなり、少ない量でもしっとりしたボディを作ることが可能になります。ボディクリームを塗るまでの時間を短縮した方が、却ってお肌にはいいということですね。

美人は時間を賢く上手に使っている!

時間のない朝や忙しい毎日、工夫や使うアイテム次第で女性の美しさは維持できます。
忙しさや日々の疲れに負けてキレイを諦めちゃいそうな女性は、ご紹介した時短美容法をぜひ試してみてくださいね