毎日使うファンデーションのタイプは?調査してみました

毎日のメイクにファンデーションは欠かせないアイテムです。ファンデーションを選ぶ時には肌質、肌の悩みをカバーするなどそれぞれこだわりがあります。多く使われているファンデーションのタイプを調べてみました。

毎日使うファンデーションのタイプは?調査してみました

みんなが毎日使っているファンデーションのタイプは?

ドラッグストアやデパートでたくさんのブランドからたくさんの種類が販売されているファンデーションは、綺麗なベースメイクづくりに欠かせない化粧品です。ファンデーションはシミ、毛穴やニキビ跡をカバーして美肌に見せるだけでなく、紫外線、空気中のほこりやちりからも肌を守ってくれます。

たくさんのファンデーションを化粧品売り場で見ていて「どのタイプのファンデーションが最も多くの人に使われているのか」気になったので、60人に使っているファンデーションとなぜ使っているのか、理由も調査してみました。

パウダーファンデーションを毎日使います

毎日使っているファンデーションがパウダーファンデーションの人

パウダーファンデーションは塗るのが簡単で、持ち運びにも便利です。自然なナチュラル肌を演出できるので、厚塗り感も出ません。手を汚さずに使えるので化粧直しも簡単です。

仕上がりを調節できる

パウダーファンデーションは崩れにくく、化粧直しも簡単なので毎日使っています。カバー力が少ないので、素肌のスキンケアを見直し、下地をBBクリームタイプのものに変えてからは、パウダーファンデーションを少しつけるだけでベースメイクが綺麗に仕上がるようになりました。

パウダーファンデーションなら、ハイライトの使いかた次第でマット肌と艶肌のどちらも演出できるので、気分や服装に合わせて仕上がりを調節しています。(20代/普通肌)

肌荒れが治まった

乾燥肌のせいか、リキッドファンデーションで肌荒れが悪化してしまい、パウダーファンデーションに変えました。
日焼け止めを塗った後に、パウダーファンデーションに変えてからは肌荒れをしなくなりました。(20代/乾燥肌)

短時間で仕上がる

目元はかさつき、おでこや鼻、口元が油っぽいので、余分な皮脂を吸収してくれそうなパウダータイプのファンデーションを使っています。メイクがあまり得意ではないので、短時間で仕上がるのもパウダーファンデーションの魅力です。(30代/混合肌)

パウダーファンデーション

軽い付け心地

子育てをするようになり、子どもとスキンシップをとったり、公園に行ったりするので、つけ心地の軽いパウダーを好むようになりました。パウダータイプだと、量を調節できて自然な仕上がりを簡単に作れるので、お気に入りです。(30代/混合肌)

肌への刺激が少ない

ニキビやニキビ跡が気になるので、なるべく肌に刺激の少なそうなパウダーファンデーションを愛用しています。厚塗り感のない自然な美肌に仕上がり、肌荒れも気になりません。(20代/混合肌)

テカリを抑えられる

パウダーの付け心地がさらさらしていて気持ちが良いので、夏用のパウダーファンデーションを使用しています。皮脂の吸収も良く、テカリや化粧崩れも最小限に抑えられるので、お気に入りです。いつも同じメーカーの化粧下地とファンデをセットで愛用しています。(40代/混合肌)

崩れても綺麗

ひどいオイリー肌のためTゾーンがすぐにテカるので、パウダータイプのファンデーションを使っています。パウダータイプはテカりにくく、落ちても綺麗なのでメイク直しが楽チンです。
下地をきちんと塗って、パウダーを薄く乗せるようにつけると、長時間持ち、少し化粧崩れもティッシュで軽く抑えるだけで解決します。(30代/オイリー肌)

クレンジングが楽チン

なるべくナチュラルメイクでいたいので、自然で素肌っぽい仕上がりになるパウダーファンデーションを使っています。
肌への負担も軽く、クレンジングもしやすいので、肌トラブルが以前よりも減りました。保湿をしっかりすることで、乾燥することもありません。(40代/普通肌)

丸いケースのファンデーション

毛穴が目立ちにくい

低刺激の日焼け止めを塗り、その上からパウダーファンデを塗っています。パウダータイプは、毛穴が目立ちにくく暑い日もテカり知らずです。汗をかいても、軽くファンデーションを乗せるだけで綺麗な状態を保つことができます。(20代/普通肌)

化粧直しが手軽

かなりの汗かきなので夏場はファンデーションがすぐ崩れます。パウダータイプのファンデーションは、外出先でも手軽に化粧直しができるので愛用しています。クレンジングも楽チンです。(30代/普通肌)

ナチュラル仕上がり

ナチュラル肌に仕上げたいので、パウダーファンデーションを愛用しています。乾燥肌なので、保湿力の高い下地を塗ってからパウダーを塗ります。少し明るめのカラーを使用することで、肌を綺麗に見せてくれます。(20代/乾燥肌)

薄付きがお気に入り

数年前から国産のミネラルファンデーションを使用しています。パウダーファンデーションのプレストタイプで、薄づきでナチュラルメイクになるところがお気に入りです。肌への負担も少なく、紫外線対策もできるのでリピートしています。(40代/普通肌)

リキッドファンデーションを毎日使っています

毎日使っているファンデーションがリキッドファンデーションの人

リキッドファンデーションはカバー力が高く、肌馴染みがいいのでしっかりメイクをしたい時におすすめです。シミ、毛穴やくすみを簡単に隠すことができます。

ムラがない

乾燥肌なので肌にぴたりとなじむリキッドファンデーションを使っています。スッと肌につくのでムラもなく自然に仕上がります。また、細かいシミやそばかす、くすみなどの気になる部分も重ね付けすることで簡単に隠せます。(30代/乾燥肌)

化粧直しが簡単

リキッドファンデーションは、カバー力があって肌にツヤを出せます。肌にピタッと密着して化粧ノリがよく、肌荒れも目立ちません。くすみのない美肌を1日中キープできます。
化粧直しもパウダーを少量はたくだけで復活するので便利です。(20代/混合肌)

伸びがいい

リキッドファンデーションは、伸びと肌馴染みがいいのでとても気に入っています。
柔らかめのリキッドファンデを薄くのばすことで、素肌のような美肌になれるので、お気に入りです。(30代/混合肌)

ファンデーションのチューブ

指でサッと塗れる

パフを使わずに指でさっと塗れるのがお手軽で、なるべくメイクに時間をかけたくないので愛用しています。リキッドファンデーションはフィット感があり、時間が経っても乾燥せず崩れにくいので愛用しています。(40代/乾燥肌)

乾燥しない

乾燥肌なので、パウダータイプのものだと時間がたつにつれて乾燥しているのが目立ってしまいます。リキッドタイプだと肌がしっとりするので化粧崩れも少ないです。
さらに乾燥を防ぐために、リキッドファンデーションに美容液を少し混ぜて保湿を高めています。(40代/乾燥肌)

敏感肌でも負担が少ない

パウダーファンデーションを使用すると粉浮してきてしまうのが気になっていました。30代になり、目元のシワが気になりはじめたので、ベースメイクはリキットファンデーションを薄く塗るだけに変えました。
リキッドファンデーションはカバー力があり、気になっていたシワも目立たなくなり、敏感肌でも負担が少ないです、(30代/敏感肌)

艶肌になれる

乾燥肌なので、年中リキッドファンデーション を使用しています。専用のスポンジを使うとベタつかず、サラッと伸びてスッピンに近いようなナチュラル仕上りです。
ツヤ肌仕上がりが好きなので、簡単に使えるリキッドファンデーションがお気に入りです。(20代/乾燥肌)

汗をかいても落ちにくい

リキッドファンデーションはしっかりと毛穴に入り込むので、汗をかいても落ちにくいです。また、化粧直しがとても楽で、ティッシュなどで軽く肌の脂をとり、上から粉を叩くだけで十分です。(20代/オイリー肌)

ファンデーションを使っている女性のイラスト

Tゾーンも崩れない

スティックタイプのリキッドファンデーションを使っています。塗るのが簡単で、崩れにくいのでお気に入りです。皮脂の分泌が多く、崩れやすくて困っていたTゾーンにもピッタリと肌に密着します。
崩れにくく、一度つけると夕方まで質感が変わらないので助かっています。(30代/混合肌)

子育て中でも安心

パウダーファンデーションを使っていましたが、下地とファンデーションを塗るのが面倒になり、リキッドファンデーションに変えました。リキッドファンデーションにすることで、時短効果もあり、毛穴も隠すことができます。子育てで自分にあまり時間をかけられないので、とても助かります。(20代/普通肌)

夕方まで崩れない

下地の後にパウダーファンデーションだけだと崩れてくるがリキッドファンデーションを塗ってからパウダーファンデーションをはたくと夕方まで崩れず、チークなども発色がよくなります。
毛穴を隠してくれるので化粧するときは必ず塗ります。(30代/混合肌)

シミを隠せる

ずっとパウダーファンデーションを使っていたのですが、20代後半から乾燥が気になり始めて、しっとり仕上がりのベースメイクアイテムが欲しくて、リキッドファンデーションに変えました。リキッドファンデーションだと、シミもカバーできるので気に入って使っています。(30代/乾燥肌)

クリームファンデーションを毎日使います

毎日使っているファンデーションがクリームファンデーションの人

クリームファンデーションは、保湿効果に優れていて、乾燥肌でも安心して使うことができます。カバー力も高く、色むらになりにくいファンデーションです。

コンシーラーいらず

クリームファンデーションは伸びが良く、カバー力も抜群でコンシーラーがなくても毛穴も隠せます。
ベースメイクがひとつで済むので楽チンです。乾燥を防いで、肌の調子とキメを整えてくれます。(30代/乾燥肌)

夜までしっとり

部分的に乾燥による粉吹き肌が気になり、クリームファンデーションを使い始めました。夜までとてもしっとりしていて、乾燥が気になりません。夏場など暑い季節はテカりが強く出そうなところにクリームの上からパウダーを使ったりしますが、そうではないところはティッシュオフだけで仕上げています。(30代/混合肌)

汗をかいてもムラにならない

クリームファンデーションはカバー力が圧倒的に優れています。クリームファンデーションは手で伸ばして塗っていくので、とても便利です。
伸びと肌馴染みが良く、塗り残しなく簡単綺麗に美肌に仕上げられます。汗をかいても、ムラにならないので化粧の時間も、早く終わります。(40代/普通肌)

クリームファンデーションのボトル

皮膚科でおすすめされた

小さい頃からアトピーでなかなか肌にあうファンデーションがありません。通院している皮膚科でクリームファンデーションをおすすめされたので使っています。クリームファンデーションはべた付きがなく、メイクする時も肌に優しいので、安心です。
敏感肌は肌を強くこすることができないので、あまり擦らずにメイクオフできるところもお気に入りです。(20代/敏感肌)

少量でカバーできる

一塗りで簡単にシミが隠せるので、時短メイクができます。少量で顔全体カバーできるので、手間がかかりません。
厚塗り感のない仕上がりで、長時間化粧崩れもないので、とても便利です。(40代/敏感肌)

リフトアップ効果がある

若い頃はパウダーファンデーションを使っていましたが、年を重ねてくると毛穴も目立ちファンデーションもパウダーだとよれてしまう事が多くなり、クリームファンデーションに変えて毎日使っています。
夏場のクリームタイプはどうかなと思いましたが、今使っているものは、シミやくすみ等のカバー力も高く、たるみを防ぐリフトアップ効果もあるので、気に入って1年中使っています。(50代/混合肌)

塗る量を調節できる

乾燥肌なのですが、ニキビが出やすくて自分にあったファンデーションを探すのが大変です。クリームタイプのファンデーションは、乾燥しそうなところに少し多めに、ニキビの出やすいところには少なめに、と場所によって量を手軽に変えられるのでお気に入りです。(40代/普通肌)

その他のファンデーション

毎日使っているファンデーションがその他のファンデーションの人

パウダー、リキッド、クリーム以外のファンデーションを使っている人は1人でした。クッションファンデーションは可愛いパッケージで時短メイクができます。

下地なしで綺麗

オフィスは冷房がガンガンきいていて、リキッドとパウダーは肌の乾燥が酷くなるので、クッションファンデーションを使っています。
今までよりも肌の乾燥が気にならなくなり、朝も下地を塗らなくても綺麗に仕上がるのでおすすめです。(20代/乾燥肌)

毎日使っているファンデーションで最も多いのは…

毎日使っているファンデーションを調査した結果、次のようになりました。

  • リキッドファンデーション 26人
  • パウダーファンデーション 22人
  • クリームファンデーション 11人
  • その他/クッションファンデーション 1人

毎日使っているファンデーションの集計結果

リキッドファンデーションが最も多い回答でした。リキッドとパウダーは販売されている数が多いので、使っている人も多くいました。しかし、最も重要なのは「ファンデーションが自分の肌にしっかりあっているものかどうか」です。毎日使うものだからこそ、肌に合っているものを使うことが大切ですよ。