マニキュアの塗り方・初心者でもムラなく簡単キレイに塗れる

マニキュアの塗り方の基本をマスターすれば、セルフネイルの達人に近づけます。ネイルアートの様々なデザインも、土台となるマニキュアの仕上がりの状態が美しさの分かれ道。

マニキュアの塗り方・初心者でもムラなく簡単キレイに塗れる

綺麗なマニキュアの塗り方

ネイルサロンでもセルフネイルでも、最初にネイルアートの基本となる色のマニキュアをベースに塗りますね。土台となるマニキュアを綺麗に塗れるかどうかが、ネイルの仕上がりを左右します。

『自分でネイルアートをするのは初めて』という、ネイル初心者の女性でも簡単にベースとなるマニキュアをきれいに素早く塗ることができる基本の方法を紹介します。

この順番でマニキュアを塗ると筆につけたマニキュアが爪に均一に馴染むので、お花やラインストーンなどネイルアートのモチーフもキレイに仕上げることが出来ます。

早くて簡単!マニキュアの塗り方の基本

マニキュアを塗るときは筆の先端から1/3くらいの部分を使って、軽く滑らすように以下1~5までの工程をササッと素早く行います。筆を運ぶスピードがゆっくり過ぎると余分なマニキュアがツメに多く残ってしまい、表面がデコボコしやすくなります。

1.マニキュアは爪の先端から塗る

爪の先端から1/3くらいの部分にマニキュアを塗ります。この部分を先に塗るとツメの先部分のマニキュアが剥がれやすくなるのを防ぎ、ネイルが長持ちします。

2.真ん中のラインを塗る

爪の先端を塗ったら合間を置かずに、真ん中のラインにマニキュアを塗ります。一番最後もこのラインにマニキュアを塗ります。

3.爪の両サイドを塗る

マニキュアを塗った真ん中ラインの両サイドを塗ります。

4.最後に、また爪の真ん中を塗る

最後にもう一度、真ん中のラインを塗れば完成。ベースコートやトップコートも、この手順ならスムーズに塗れますよ。

▼マニキュアを塗るときの注意点

マニキュアはツメを1枚塗り終えたら、再度、筆にマニキュアをつけ直しましょう。爪1枚分のマニキュアの量で何枚ものツメを塗ってしまうと、「色のムラ」や「ヨレ」の原因につながります。面倒でも「爪を1枚塗ったら、筆にマニキュアをつけ直す」を基本に!

マニキュアを塗ったネイルをきれいに保つ方法

ネイルが乾いたらトップコートを塗って、表面を保護します。マニキュアだけでも艶は出ますが、トップコートを塗ることによって艶が増し、表面の小さな傷ならトップコートをひと塗りするだけで簡単に修復することもできます。週に2回ほど薄く塗りましょう。

マニキュアが完璧に乾いたら、ハンドクリームや爪専用のネイルオイルでこまめにハンドケアを!キレイな肌がよりネイルの美しさを際立たせてくれますよ。