爪を伸ばすケア方法・健康的で美しい爪を育てるコツ

健康な爪って意外と硬いもの。簡単に折れたり割れたりする爪は、栄養や水分が足りていないかも。今すぐに始められる美爪のコツを紹介!みずみずしく健康的な爪の育成に役立ててくださいね。

爪を伸ばすケア方法・健康的で美しい爪を育てるコツ

丈夫で健康的な爪を伸ばす方法

「ネイルを楽しみたい!」と思っていても、折れたり割れたり、二枚爪になったり…。キレイに爪を伸ばすのって思いのほか難しいですよね。みなさんは、日ごろからどうやって爪をケアしていますか?

  • 深爪気味に切る
  • 爪の保湿をしていない
  • 伸びたら爪切りで切っている
  • 頻繁にマニキュアとリムーバーを使う

など、爪にダメージをかけていないでしょうか?

爪をキレイに伸ばすためには、爪の健康を保つことが大切です。でも、どうしたら爪を健康に保てるのかあまりピンとこないですよね。健康的な爪を綺麗に伸ばすために心がけたいポイントを紹介します。

1.爪切りは、お風呂上りか爪やすりを使う

硬い爪を乾燥したまま爪切りで切ると、爪に大きな負担がかかり、ひび割れや二枚爪の原因になることも…。お風呂上りや指先をお湯につけるなどして、爪に弾力がある状態のときに爪切りで切るか、爪やすりを使って長さを整えるのが正しい爪のケアです。

爪やすりで爪をケア

爪を切るときに、爪の白い部分をすべて切る人がいますが、これでは深爪気味になりがち。

深爪を続けていると爪を伸ばしたときに白い部分が多くなるので、不潔な印象を与えてしまいます。爪を切るときには、白い部分を1mmほど残すことを目安に切りましょう。

このときに、爪を一気に切らずに端から1~2mmほどの長さで少しずつカットしていくのがコツ。仕上げに爪やすりで切り口を整えることをお忘れなく。


爪やすりを使って長さを整える場合には、平らに削ったあとでサイドを削り、形を整えます。このときに、左右に向かって削るのはNG。爪の表面が粗くなり、ひび割れや二枚爪などの原因になるので、一定の方向で削ることがポイントです。

2.爪の生え際のケア

割れやすい、折れやすいなどトラブルが起こりやすいのは、爪の水分不足による乾燥が原因かもしれません。

爪は、生え際の爪母(そうぼ)と呼ばれる部分で作られています。潤いのある健康的な爪を作り出すためには、しっかりと爪母をケアすることが大切です。

爪をマッサージするときは、どうやるの?

ネイル専用のマッサージオイルを使う!

オイルを爪の生え際にすりこみ、優しくマッサージして血流を促進しましょう。こうすることで、健康的な潤いのある爪を育てることができます♪

また、甘皮を取ると爪がキレイになると言われていますが、甘皮をすべて取り除いてしまうと、菌やほこりなどが入り炎症を引き起こすだけでなく、伸びてくる爪がでこぼこになることも…。

甘皮が気になる場合には、すべて取り除かずに根元に押し上げる程度にとどめておくと自然に見えておすすめです。

3.ネイルオイルを塗りこんで爪を保湿

ネイルオイル

爪の乾燥を防ぐためには、ネイルオイルが効果的!効率良く健康的な爪を育てるためには、化学物質が使われていない浸透しやすいネイルオイルを使うことがポイントです。

オイルを使ってマッサージする場所は?

爪の生え際
爪の表面
爪の裏側
爪の周りの皮膚

ネイルオイルを塗りながらマッサージすることで割れにくい健康的な爪を育てることができます。爪周りの皮膚は薄く、乾燥しやすい部分なのでハンドクリームでは不十分です。必ずネイルオイルを使ってくださいね

4.指のマッサージで血行を良くする

指をマッサージする女性

指先の血行が悪いと十分な栄養が届かなくなってしまいます。

健康的な美しい爪を育てるためには、血行を良くして爪の育成に必要な栄養をしっかりと指先にまで届けることが大切です。指のマッサージを習慣化して指先の血行を良くしましょう。

指のマッサージ法

  1. マッサージオイルを手のひらに広げ、ひと肌程度に温める
  2. オイルを手全体になじませる
  3. 円を描くように手の甲全体をさする
  4. 親指から薬指までの4本の指を使って、1本1本前後にこする

※力を入れ過ぎないように注意して!

5.洗い物のときはゴム手袋を使って乾燥を防ぐ

冬場の水仕事や油汚れがひどいものを洗うときって、熱めのお湯を使うことが多いですよね。

でも、この熱めのお湯と洗剤は、健康的な爪の育成にはNG!健康的な爪には、適度な油分と水分が必要ですが、お湯や洗剤が爪にとって必要な油分や水分までも奪ってしまうんです!


面倒だったり、洗い残しが心配だったりすると、何もはめずに素手で水仕事をしてしまいがちですが、手荒れの原因にもなる可能性があります

ひどい手荒れは、爪の表面をボコボコにしてしまうこともあるので、健康的な爪を育てるためにも水仕事をするときにはゴム手袋を使う習慣をつけましょう。

水仕事

6.栄養バランスの取れた食事を摂る

爪と髪の毛の基本的な構造はほぼ同じ。爪と同じように髪の毛にも悩みを抱えている場合には、栄養不足が原因かもしれませんよ。

口から摂取した栄養は、生命の維持に必要な部分から優先的に届けられる仕組みになっているので、生命維持に直接関わらない爪や髪の毛などの末端はどうしても最後になってしまいます。

つまり、身体にとって必要な栄養素を十分に摂っていなければ、爪を作るための栄養が不足するので「折れやすい、割れやすい、二枚爪になりやすい」などの弱い爪ができあがるということです。

  • 好き嫌いが多い
  • 朝食は食べない
  • ダイエットをしている
  • 日ごろから外食が多い

など、栄養のバランスが乱れていると、どれだけ外側から適切なケアをしていても、健康的な爪を育てることはできません。1日3食、栄養バランスの取れた食事を心がけてくださいね♪

7.爪を育てる栄養素を摂取する

健康的で美しい爪を手に入れるためには、爪を育てる栄養素を積極的に摂取するのもオススメ!

たんぱく質

ところで、爪が何でできているか知っていますか?骨や歯と同じカルシウムでできているなんて話もありますが、実は爪って皮膚細胞が集まって角質化した皮膚の一部で、ケラチンと呼ばれるたんぱく質が主成分です。

主成分であるケラチンが不足すると爪がもろくなってしまうので、肉類、魚類、卵、大豆製品などから良質なたんぱく質を積極的に摂りましょう。

ハンバーグ

ビタミンB2やビタミンB6、亜鉛と一緒に摂取することで、効果が高まります。

コラーゲン

コラーゲンは、たんぱく質の中で細胞と細胞をつなぎ、皮膚の内部に水分を蓄える働きをしています。

コラーゲンを摂取することで、爪母の潤いが保たれみずみずしい健康的な爪の育成に役立ちます。コラーゲンの働きを高める効果を持つビタミンCと同時摂取がオススメ!

コラーゲンが含まれる食品!

手羽先、鶏の皮、豚足、牛すじ肉など

手羽先

鉄分

鉄分が不足すると、貧血を引き起こします。貧血は、赤血球のヘモグロビンが不足することで起こる女性に多い病気です。

ヘモグロビンが不足すると、爪を作るのに必要な酸素や栄養を十分に運ぶことができなくなるため、爪が変形したり、薄くなったりしてしまいます。鉄にはコラーゲンの吸収を高める働きもあるため、積極的に摂取しましょう。

鉄分が含まれる食品!

レバー、小松菜、ひじき、プルーンなど

鶏レバー

美爪習慣を続けることが大切です!

健康的でキレイな爪を育てるために必要なことって、実は、美肌や美髪を手に入れるのと同じなんです。

  • 刺激や乾燥を防ぐこと
  • 必要な栄養素をしっかりと届けること

このふたつのポイントをしっかりと押さえておくことが健康的な爪を手に入れるコツ。


適切なケアをするとともに、日ごろから次のような点に気をつけることも大切です。

  • 爪の酷使
  • 爪の伸ばしすぎ
  • 爪磨きのしすぎ
  • 爪の角の切り過ぎ
  • マニキュアを直接塗る
  • リムーバーでゴシゴシこする

爪は、死んだ細胞の集まりなので、切っても痛みを感じることはありませんが、傷ついても修復することができません。ということは、1度傷ついた爪は健康的で丈夫な艶のある爪に甦らせることはできないということです。

個人差もありますが、爪は1日に0.1mm伸びると言われています。ひと月で、およそ3mmしか伸びない計算になるので、今の爪を健康的な爪に生まれ変わらせるためには、かなりの時間がかかるということ。

結果が出るまでには長い時間がかかりますが、諦めずに継続することが大切ですよ