カミソリ負け対策・痛みに耐えながら処理すると肌が泣く!

カミソリ負けをして肌が傷んでいるのに、カミソリを使い続けてムダ毛を剃って刺激を与えるのはNG!毛が生えてきてチクチクして気になっても、健康な皮膚を取り戻すために炎症が治まるまでは処理を控えましょう。

カミソリ負け対策・痛みに耐えながら処理すると肌が泣く!

カミソリ負けしない処理方法

つるつる脚や脇の下やデリケートゾーンなど、ムダ毛のないボディを目指して毛抜きで脱毛したり、毛の色を目立たなくするために脱色したり、除毛クリームを使用したり、電気シェーバーで剃ったりと、毎日いろいろな方法でムダ毛処理に取り組んでいる人は男女ともに多いのですが、中でも一番簡単で手っ取り早いのが「カミソリで剃る方法」です。

しかし、見た目の変化はないのに肌がヒリヒリしたり、赤く腫れてしまったり、ブツブツや吹き出物が出てきたり、かさぶたができてしまうなど、カミソリ負けによる肌トラブルは、毛深い人、常に肌をツルツルにお手入れしておきたい人、清潔感を保つために髭剃りが必要な人にとっては悩みの種です。

腕の毛を剃る

きれいな肌になるためにムダ毛処理をしているのに、カミソリの使い方やアフターケアの方法を間違えると逆効果になりかません。ムダ毛処理をするときに、やっている何気ない行為が肌に刺激を与えすぎてカミソリ負けを起こします。

カミソリを使って脚、腕、顔、うなじ、背中など、気になるムダ毛を処理するときは以下のことに気をつけましょう。

逆剃りをしない

毛の流れに沿ってカミソリを滑らせた後、手の平で腕や脚のスネなど毛を剃った箇所を撫でると、表面がチクチクしていて毛が残っていることがあります。

そこで、多くの人がやってしまいがちなのが「肌を傷める逆剃り」です。毛の生えている流れと反対の方向にカミソリを動かす「逆剃り」は、皮膚や毛を負荷のかかる方向へ引っ張るので炎症や肌荒れを起こす原因になります。

カミソリで毛を剃る

毛の生えている流れに沿ってカミソリを動かす「順剃り」を基本にしていても、気をつけるべきポイントは「毛の流れは一定ではない」ので逆剃りになってしまうことがあります。足や腕など同じパーツでも、毛の流れは部分によって違うのでチェックしながら慎重に処理しましょう。

同じところを何回も剃らない

一度、カミソリでムダ毛を剃った後に、肌に剃り残しがあるように見えたり、肌ざわりがチクチクしていると気になります。でも、肌をツルツルの状態にするために、同じ部分で何度もカミソリを上下左右に移動させる「重ね剃り」も肌に大きなダメージを与える原因です。

カミソリは、直接、毛以外の皮膚にも触れるため、ムダ毛と一緒に肌の表面も薄く削ってしまうので、同じ箇所に何度も刃を擦りつけるように当ててしまうとダメージを受けた皮膚にさらに刺激が加わります。重ね剃りは肌の健やかさを保つために必要な角質までも削りとり、赤みや痛みを伴った皮膚トラブルを引き起こしかねないので止めましょう。

カミソリで腕を剃る女性

カミソリの刃は定期的に新しくする

見落とされがちなポイントですが、「剃り方」に注意していても「劣化して切れ味の悪くなったカミソリの刃」「不潔なカミソリの刃」も肌を傷める原因のひとつです。

水に濡れたまま放置したり、換気状態が悪い洗面所やバスルームなど湿気の多い場所で保管したり、数週間、または、数か月間も使い続けて古くなったカミソリの刃は、サビたり、刃先に凹凸が出てくるので切れ味や肌の上での滑りが悪くなります。

滑りや切れが悪い刃で剃り残したムダ毛を何とか処理しようとして、カミソリの刃を肌に強く押し当てたりして皮膚を傷つけます。

また、長期間、同じカミソリを使い続けると、ムダ毛を処理する際に刃に付着した角質や皮脂から菌が繁殖し、皮膚トラブルを引き起こすので注意が必要です。

カミソリとバイキン

処理後の肌のアフターケアをする

ムダ毛処理の仕方が正しくても、毛を剃った後の肌を何のケアもせずに放ったらかしにすることもカミソリ負けする要因です。

ムダ毛が綺麗になくなって肌ざわりがツルツルしていても、カミソリで削られた肌の表面は傷つき荒れていて刺激に敏感になっている状態なので、ケアもせずに放置すると肌の水分が失われて乾燥が進んだり、細かい傷から菌が入って炎症を起こしやすくなってしまうのです。

シェービング専用アイテムを使う

ムダ毛を処理するときは、カミソリ、ムダ毛処理用の泡立ちのよいフォーム(泡)、毛を柔らかくしたりカミソリの滑りを良くするクリームやジェルなど、シェービングする際に肌の負担を軽減することを考えて作られた専用アイテムを使いましょう。

肌への刺激を最小限に抑えるために、太い毛や固い毛がある場合は、フォームに包まれた毛が柔らかくなるまで少し時間を置きましょう。

ジェルとカミソリ

肌が敏感になっている時期の処理は避ける

肌の状態によってはカミソリを使わないほうが良いときがあります。女性であれば生理前後で肌がピリピリしているときや、男女共通して季節の変わり目で肌が刺激に敏感になっているときや別の要因で肌荒れをしているときに、強い刺激を与えるカミソリでのムダ毛処理は控えましょう。肌が正常な状態になるまで、カミソリ以外のムダ毛処理も控えておくのが安心です。

処理後の肌は清潔にして保湿ケアを忘れずに

カミソリをあてて毛の処理をした後の肌は角質がはがれて敏感な状態になっているので、肌の表面についているシェービング剤は流水やぬるま湯などで綺麗に洗い流し、化粧水やクリームでの保湿を心掛けましょう。

足やデリケートゾーンや脇の下などの毛を処理したくても、肌が炎症を起こしているときは無理をしてお手入れを続行すると悪化する恐れがあるので、ムダ毛をカバーする服を着るなど工夫して肌を大事にしてくださいね。