メイク道具の洗い方・清潔なブラシやパフで綺麗をキープ!

パフやメイクブラシの洗い方は、中性洗剤やベビーパウダー、無水エタノールなど様々な法があります。汚れたメイク道具は肌トラブルの他にも、ノリや仕上がりにも影響するので、こまめにお手入れをしてあげましょう。

メイク道具の洗い方・清潔なブラシやパフで綺麗をキープ!

メイク道具の洗い方は簡単だから習慣に!

毎日のように使っているメイク道具は、しっかりと洗ってお手入れをしていますか?買った時からずっと同じものを使い続けていませんか?

使い古したメイク道具は雑菌の温床となっています!しっかりと洗ってメンテナンスをしないと、アナタを綺麗にしてくれるメイクをするたびに、肌トラブルを引き起こしかねません。

せっかく美しくなるためにメイクをしているのですから、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを回避するために、「不潔なメイク道具を使い続けるデメリット」と「パフやブラシなどメイク道具の洗い方」を紹介!

洗わないメイク道具使うデメリット

毎日のように使っているメイク道具を使った後、そのままにしている人は多いのですが、「最後にお手入れしたのは数ヶ月前」「1度もお手入れしたことがない」場合は要注意!手にしているメイク道具に、目に見えないカビや雑菌が大量繁殖している可能性大なのです。

まずは、お手入れしていないメイク道具を使うことで起こるデメリットを知っておきましょう。

▼肌トラブルを引き起こす

肌荒れやニキビがなかなか治らないことがありませんか?もしかすると、スキンケアの仕方が悪いのではなく、メイク道具が原因の肌トラブルかもしれません。

パフやスポンジなどのメイク道具は、化粧品に含まれる油分などのコスメ成分のほかに、私たちの肌についている皮脂、汗などの分泌物やホコリなどが付着しています。

パブやスポンジ

私たちの肌には「アクネ菌」「黄色ブドウ球菌」「表皮ブドウ球菌」などの皮膚常在菌と呼ばれる菌が生息していますが、これらの常在菌もメイク道具に付着するのです。

メイク道具に付着した菌は、メイク道具に付着しているコスメ成分や皮脂、汗などをエサとしてどんどん繁殖していき、これを放っておくとトイレの床よりも多くの雑菌が繁殖する結果となります。

お手入れをしないメイク道具を使ってメイクするということは、繁殖した菌を顏中にこすりつけているのと同じことですので、パフやスポンジなどにアクネ菌が大量繁殖していれば、ニキビができたり、顔ダニが繁殖していれば、肌荒れを起こしたりなどの肌トラブルを引き起こしたり、悪化させます。

メイク道具が原因で肌トラブルを起こしている場合、その原因がメイク道具にあることになかなか気づけないため、雑菌だらけのメイク道具を使い続けることになります、そのため、メイク道具が原因の肌トラブルは、なかなか治りにくいんです。

▼メイクのノリが悪くなる

お手入れしていないメイク道具には、油分などの成分がたくさん付着しています。すると、ファンデーションをパフに取っても均一につかなくなるので、メイクのノリが悪くなり化粧崩れしやすくなるのです。

アイカラーやチークも同じで、せっかくのパウダーも均一に乗せることができなくなるので、発色が悪くなったり、キレイなグラデーションがつかなくなりますので注意が必要です。

メイク道具のお手入れ方法

コスメ成分には油分が含まれているので、ただ水洗いするだけでは十分に汚れを落とせません、メイク道具を洗う場合には洗剤を使うことがポイントです。

化粧品メーカーなどが販売する専用のクレンジング剤を使って洗うのが理想ですが、多くの家庭にある食器洗い用洗剤や洗顔石鹸などの中性洗剤でも代用できます。

専用のクレンジング剤を使う場合には、添付されている使用説明に従ってくださいね。では、メイク道具別のお手入れ方法を見ていきましょう。

▼スポンジ・パフの洗い方

化粧のパブ

ファンデーションを塗るときに使うスポンジやパフは、もっとも汚れるメイク道具です、つまり、もっとも多くの雑菌が生息していて、キレイになるための道具で肌トラブルを起こしたら元も子もありませんよね。

肌トラブルを予防して、ファンデーションのノリを良くするためにも、スポンジやパフは常にキレイな部分を使うようにすると安心です。すべての面が汚れたら、次の方法で洗いましょう。

スポンジ・パフの洗い方

1.ぬるま湯をたっぷりと含ませる
2.クレンジング剤または中性洗剤を適量つける
3.ファンデーションの色が出なくなるまで、優しく手揉み洗い
4.泡が出なくなるまで流水で十分にすすぐ
5.軽くしぼり水気を切る
6.通気性が良い場所で乾かす

半乾きの状態では、逆に菌が繁殖しますので、せっかく清潔に保つために洗うのですから、十分に乾かすことを忘れないようにしてくださいね、季節によっては1日で乾かないこともあるので、スポンジやパフは2つ用意しておくと安心です。

スポンジやパフを洗う目安は、3~4日に1回ほど、最低でも1週間に1回は洗う習慣をつけましょう。こまめに洗うのは面倒だと思う人は、汚れたら新しいものと取り替えるようにしても良いですね。

▼メイクブラシの洗い方

メイクブラシは使っている毛の素材によって洗う頻度が異なります。人工毛の場合には、毎日洗っても問題ありませんが、獣毛を使ったブラシの場合は1週間に1度の洗浄が目安です。

中性洗剤を使ったメイクブラシの洗い方

1.パウダーブラシやチークブラシは、コームでとかしておく
2.ぬるま湯に中性洗剤をとかす
3.お湯の中でブラシを軽く振る
4.流水などで十分にすすぐ
5.乾いたタオルなどにブラシの表面を押し当て水気をとる
6.形を整える
7.乾いたタオルなどの上に並べるか毛先を下にして、風通しのよい場所で陰干しする

中性洗剤でメイクブラシを洗う

十分に乾燥させないと、かえって雑菌が繁殖するので、ブラシの内側が完全に乾くまで最低でも2日は干しておきましょう。

また、ブラシは、乾燥が進むと毛が開くことがありますので、8割程度乾いたら、吸水性のある紙などを金属部分から毛先までの部分に巻いておくと、毛の広がりを抑えることができますよ。


予備のブラシを持っていない、時間がなくてなかなか洗えないという場合には、ベビーパウダーを使った洗浄方法もあります。

ベビーパウダーを使ったメイクブラシの洗い方

1.ビニール袋にベビーパウダーを適量入れる
2.ブラシを入れて、毛先でベビーパウダーをかき混ぜる

これだけで、毛先に付着した粉が剥がれ落ち、ブラシがキレイになります。雑菌が心配な人は、時間を見つけてブラシを洗うと良いですね。

また、時間をかけずにブラシをキレイにしたい人には、無水エタノールを使った方法もオススメです。

無水エタノールを使ったメイクブラシの洗い方

1.いらないカップにブラシ先が3分の1ほど浸かるくらいの無水エタノールを入れる
2.エタノールの中でブラシを回したり、左右に振ったりする
3.汚れが落ちたら、ブラシについた水分をティッシュでふき取る
4.ブラシの型崩れを防ぐために、ブラシに新しいティッシュを巻く
5.ブラシ部分を指で軽く押して、水分がにじまなくなったら完了

無水エタノールは揮発性が高いので、水洗いをする必要がなく、ブラシが乾くまでの時間も短くて済むので忙しい人にオススメですよ。

ただし、無水エタノールを使ってメイクブラシを洗浄するときには、具合が悪くなることもあるので窓を閉め切った部屋で行わず、換気しながら洗うようにしてくださいね。

▼チップの洗い方

アイシャドウチップ

アイシャドウブラシやチップの洗い方は、基本的にスポンジやパフと同じで、ぬるま湯を浸み込ませて、チップの汚れを浮かせたら、中性洗剤をつけてスポンジ部分を指で挟んで優しく揉み洗いします。

汚れが取れたら、洗うときと同じ要領で十分にすすぎましょう。スポンジ部分の水気を切ったら、清潔なタオルの上でしっかりと乾燥させてくださいね。

使うたびにティッシュなどで汚れをオフする習慣をつけておけば、1週間に1度のお手入れでもOKです。

チップが汚れていると、どうしても発色が落ちるので定期的にお手入れしたいですね。

▼リップブラシの洗い方

リップブラシとパレット

日頃から、リップブラシを使ったあとにティッシュなどで汚れを拭き取っている場合には、基本的に特別なお手入れは必要ありませんが、汚れがひどくなった場合には、水洗いをすると安心です。

リップブラシの洗い方

1.いらない容器に中性洗剤とぬるま湯を入れる
2.容器の中でリップブラシを優しく擦り洗い
3.流水などで十分にすすぐ
4.ティッシュで成形しながら水気を取る
5.コップなどに立てて十分に乾燥させる

▼ビューラーのお手入れ方法

ビューラーにマスカラが付着したままになっていると、まつ毛が抜ける原因になることがあるので、使うたびにティッシュなどで汚れを拭きとると良いでしょう、この時にゴムが劣化していないか確認する習慣をつけておくと良いですよ。

また、汚れがなかなか落ちない場合には、ポイントリムーバーをティッシュなどにつけて磨くだけで簡単に落とせますよ。

メイク道具とポーチの内側も要チェック

毎日のように使うメイク道具は、肌に直接触れるものだからこそ清潔に保って、気持ちよく使いたいですが、こまめにメイク道具をお手入れしてもポーチの内側が汚れているなら台無しです。

ポーチの内側はファンデーションやアイシャドウなどの粉がこぼれて、かなり汚れるので、雑菌がたくさん繁殖します。メイク道具もポーチも定期的に洗って清潔な状態をキープしましょう。

洗える素材のものは手洗いする、洗えない素材の場合には、専用の除菌スプレーを使って汚れを拭き取るなどして、ポーチの内側もキレイに保つよう心がけると安心です。