落ちない口紅で売り切れ続出の人気商品を比較してみました

落ちない口紅で人気のデパートコスメとプチプラコスメを使い比べてみました。価格の差が約2,000円の落ちない口紅を徹底比較!使い心地、色持ちなど本当に優秀なのはどちらでしょうか?モテ唇になりたい人必見です!

落ちない口紅で売り切れ続出の人気商品を比較してみました

落ちない口紅で大人気!あのアイテムを比較してみた

ティントタイプの口紅を発売するメーカやブランドが増えて、店頭ではプチプラから可愛いパッケージのものまで豊富に揃っているのでリップ選びに迷ってしまいます。「どのリップが人気なのかな~」「どの口紅のクチコミがいいのかな~」と、検索して調べても実際に使ってみないとわからないものです。

流行りにのって落ちない口紅を探していたところ、どのサイトにも乗っていて、どのSNSでも見かける商品を発見しました。「どうしても流行っているコスメが欲しい!」ということで、人気の「オペラのティントオイルルージュ」と「イヴ・サンローラン・ボーテのヴォリュプテ ティントインバーム」をゲット!

クチコミが高くて並ばないと購入できない、店頭では売り切れの色もあるほど人気のアイテム2つの使い心地や発色を比較してみました。

ヴォリュプテ ティントインバーム/イヴ・サンローラン・ボーテ

イヴサンローランのリップシリーズは様々なタイプや豊富なカラーバリエーションが揃っています。優秀な使い心地はもちろん、高級感のある可愛いパッケージに惹かれてついつい購入してしまう人も多いのではないでしょうか?

イヴ・サンローラン・ボーテ「ヴォリュプテ ティントインバーム」

サンローランの人気シリーズ「ヴォリュプテ・シャイン」は、金色のパッケージですが、今回紹介する「ヴォリュプテ・ティントインバーム」は、銀色のパッケージです。お洒落で魅力的なパッケージで使うのがもったいなく感じてしまいます。

ヴォリュプテ ティントインバーム「No.2 ティーズミーピンク」

今回購入したカラーの「No.2 ティーズミーピンク」は、透け感が可愛らしいナチュラルなピンクです。落ちにくいだけでなく、6種のボタニカル保湿成分入りで、リップケア効果も得られます。スティックの中央には濃いめの血色カラーで描かれた唇のマークが入っていて、とても可愛らしいデザインです。

サンローランの落ちない口紅は可愛いだけじゃない、知的で女性らしい唇に仕上げてくれるカラーが揃っていて、どの色も欲しくなっちゃいます。人気で、なかなか手に入らないカラーもあるので要チェックです。

商品詳細

価格:4,300円(税抜)
カラー:全12色

ティントオイルルージュ/オペラ

「プチプラなのに優秀すぎる口紅!」「1本持ってたほうがいい!」と、高評価なクチコミばかりを見かけたオペラの落ちない口紅、ティントオイルルージュは大人のモテリップを叶える口紅です。

オペラ「ティントオイルルージュ」

高級感のあるゴールドのパッケージはシンプルなのにお洒落で、写真映えも抜群です。買いに行った時にもオペラのリップは人気で、たくさんの人がチェックしていました。幅広い年齢層が使えて、持ち歩きやすい大きさなのでお化粧直しも楽チンです。

オペラのリップスティック

今回購入したカラーは「03 アプリコット」「04 オレンジ」の2色です。写真は04のオレンジなのですが、すでにとろけるように艶があり、潤いを感じられます。中でも「05 コーラルピンク」が、恋コスメの花嫁リップと聞いて、探したのですがどこの店舗でも見つけられませんでした。全色手に入れるのは至難の業ですね…。

商品詳細

価格:1,500円(税抜)
カラー:全6色

早速人気の落ちない口紅2本を比較!

大人気の商品詳細を2つ紹介しましたがサンローラン・ボーテとオペラの大きな違いは価格です。約2,000円の差があるデパコスとプチプラの口紅ですが、使い心地や違いはどのようなものなのでしょうか?

オペラのリップスティック

「サンローラン・ボーテ/No.2 ティーズミーピンク」と「オペラ/04オレンジ」を比較します。腕に塗って発色やテクスチャーを確かめてみました。左側のピンクがサンローラン、右側のオレンジがオペラです。

サンローランとオペラのリップを腕に試し塗りしました

どちらもクリアな発色で、ナチュラルです。どちらも柔らかいテクスチャーで、スルスルと塗れるのですが、オペラは水分量が多く、潤いとツヤを感じます。気温が高いところで使うと「溶けてしまうのでは!?」というくらいです。

サンローランはしっかりめのテクスチャーで安定感があり、とても塗りやすいです。発色はどちらも見たままで、重ね塗りすればするほど濃くハッキリと色づきます。

オペラのリップスティック

ティッシュで一度拭き取ってみると、どちらも綺麗に色が残っています。色持ちはどちらも同じくらい優秀です。

▼サンローラン・ボーテ/No.2 ティーズミーピンク

ヴォリュプテ・ティントインバームを塗ってみました。上が塗る前、下が塗った後です。

サンローラン・ボーテNo.2 ティーズミーピンクを塗る前と塗った後の比較

自然なピンクで、すっぴんにも馴染むような色味です。ナチュラルメイクにも使えるクリアな発色で、唇に透明感をだせます。一度塗りでは「物足りないかな?」と、感じるので何度か重ねて塗ることがおすすめです。滑らかに塗ることができて、潤いもキープできます。

▼オペラ/04オレンジ

オペラはジューシーなオレンジを塗ってみました。上が塗る前、下が塗った後です。

オペラ04オレンジを塗る前と塗った後の比較

グロスをそのまま固形にしたような柔らかさと滑らかさに驚きです!唇の縦ジワが解消されて、グロスを塗ったようなツヤが出てきました。何度か重ね付けして、ボリュームを出したい唇の山に少しオーバーめに塗ると、自然なボリュームリップを作ることができます。

プルプルの唇になれて、長時間たってもツヤをキープしてくれるので、色持ちもかなりいいです。最初は薄付きなのでナチュラル仕上がりですが、調子に乗って重ね付けしていると後から鏡を見たときに、気が付いたら発色しすぎてすごい色になってしまいます。

2つを塗って並べてみると、仕上がりの違いが良くわかりました。左がオペラのオレンジ、右がサンローラン・ボーテのピンクです。塗ってから1時間ほど経っての写真なので、発色はバッチリです。

リップに塗って比較しました

どちらも艶があり、見たままの高発色です。ティントなのに潤いも持続するので、乾燥があまり気になりません。

顔全体の比較

全体を見るとリップの色で顔の印象が全く違います!オレンジはヘルシーで元気な印象、ピンクは大人可愛い上品な仕上がりになりました。場面や気分に合わせて、両方の色を持っていると使い分けることができて便利です。どちらの色もティントなので、自然な仕上がりになります。

2つのアイテムを使ったメイク

オレンジリップを使ったメイクとピンクリップを使ったメイク

「オペラのティントオイルルージュ/04オレンジ」と「サンローラン・ボーテのヴォリュプテ・ティントインバーム/No.2 ティーズミーピンク」を使ってメイクをしてみました。

「オペラのオレンジリップ」を使ったメイクでは、オルチャン風に仕上げました。アイメイク、チーク、リップをしっかり塗って全体的にマットなメイクです。オレンジは、ヘルシーで可愛いモテリップを演出することができます。

オペラのオレンジリップでメイクしてみました

「サンローランのピンクリップ」を使ったメイクでは、大人っぽさを意識して全体的に薄めに仕上げています。

サンローランのピンクリップでメイクしてみました

口紅を塗る前に一度コンシーラーを薄く唇に塗ることがポイントです。ピンクリップをそのまま使っても可愛いのですが、一度コンシーラーで唇の色を薄めてから塗ることでヌーディな大人っぽさを演出できます。

仕上げはグロスを使ってツヤ感をアップさせると、盛りすぎず女性らしさのある自然なリップの完成です。アイメイクはブラウンで優しく、頬は自然な血色感を仕込んでいます。

落ちない口紅で人気のアイテムを比較してみた結果…

今回、落ちない口紅で人気の「ヴォリュプテ ティントインバーム/イヴ・サンローラン・ボーテ 」と「ティントオイルルージュ/オペラ」を比較してみた結果をまとめました。あくまでも個人的な感想です。

・ツヤ感 オペラ
・潤い効果 サンローラン
・色持ち 同じくらい
・発色 同じくらい

どちらも使い心地が優秀で、比べるのが難しかったので、1番おすすめしたいのは、今回紹介した「オペラのティントオイルルージュ」と「イヴ・サンローラン・ボーテのヴォリュプテ ティントインバーム」で、違った色味を1本ずつ購入して使い分けることです。人によって唇の状態や、肌質があるので気になった人には使ってみることをおすすめします。気になる大人気の落ちにくく口紅を紹介しましたが、購入を考えている人は参考にしてみてくださいね