マフラーの巻き方・簡単で可愛いおしゃれな12スタイル!

洋服をコーディネートしても物足りなさを感じるときに、大活躍するファッションアイテムがマフラー。色柄や素材によって、同じ巻き方をしても雰囲気が変わるので、オリジナリティのあるお洒落ができますよ!

マフラーの巻き方・簡単で可愛いおしゃれな12スタイル!

マフラーの巻き方12パターン

簡単なので難易度が低い「定番のマフラーの巻き方」と、首元にボリュームができるので「小顔効果を狙えるマフラーの巻き方」、固定概念を取り払ってファッションのポイントに活用する「お洒落なマフラーの巻き方」を紹介します。


大判タイプやコンパクトサイズ、素材、薄手や厚手、長さなど、選ぶマフラーよって同じ巻き方でも全体の印象が大きく変わります。

簡単な定番!マフラーの巻き方

特別なテクニックが不要のシンプルなマフラーの巻き方を紹介します。
簡単で基本的なルールをマスターすれば、独自のアレンジに応用可能!

シンプルクロスの巻き方

マフラーの巻き方シンプルクロスの完成形の正面

巻き方の名前のとおり、とってもシンプルなマフラーの巻き方です。

首に巻き付ける回数が少ないので、寒さが気になるときは幅広のマフラーを使用するとお洒落に決まり、防寒対策もできます。

 ハリがある生地のマフラーなら、折り目の山がピシッとなるように半分か3つ折りにしてからシンプルクロス巻きすると、キッチリ感や清楚な雰囲気を演出できます。

 ふわっと柔らかい素材のマフラーなら、少しルーズに折ってから首に巻きつけると、抜け感が出てオシャレにまとまります。

1.左右どちらか長くなるように首にかける

シンプルクロスの手順1

2.長いほうのマフラーを反対側の首にかける

シンプルクロスの手順2

3.形を整えればシンプルクロスの出来上がり

マフラーの巻き方シンプルクロスの完成形の右側

マフラーの巻き方シンプルクロスの完成形の左側

一周巻きの手順

マフラーの巻き方一周巻の完成形の正面

基本のシンプルクロスに、もう半周の巻きをプラスしたマフラーの巻き方です。「二重巻き」とも呼ばれています。
マフラーを首に一周させるので、シンプルクロスよりも形が崩れにくいのが特徴です。

 服装や素材等に合わせて、マフラーの左右の長さや首回りのボリュームを調整すれば、簡単に印象を変えられます。

1.左右どちらか長くなるように後方から首にかけて正面に垂らす

一周巻きの手順1

2.長いほうのマフラーを首にぐるっと一周巻きつける

一周巻きの手順2

3.以下のように、アップめにトリミング希望

マフラーの巻き方一周巻きの完成形の右側

4.形を整えたら「一周巻き」が出来上がり

マフラーの巻き方一周巻きの完成形の左側

フロントノットの巻き方

マフラーの巻き方フロントノット完成形の正面

フロントノットはシンプルクロスや一周巻きとは違って「結び目を作る」ので、少々、動いた時でも風が強い日でもマフラーがずれ落ちにくく、さらに首元をしっかりホールドするので暖かさがアップする巻き方です。

 首に巻きつけたマフラーで顎(あご)や頬の下部を覆えば、小顔効果も期待できます。

1.左右均等になるようにマフラーを前方から、首にぐるっと一周巻きつける

フロントノットの巻き方手順1

2.左右のマフラーを首の下、正面で結ぶ

フロントノットの巻き方手順2

3.形を整えれば「フロントノット」が出来上がり

マフラーの巻き方フロントノット完成形の右側

マフラーの巻き方フロントノット完成形の左側

サイドノットの巻き方

マフラーの巻き方サイドノット完成形の正面

フロントノットの応用版なので、基本の手順は同じです。

1.左右均等になるようにマフラーを前方から、首にぐるっと一周巻きつける
2.左右のマフラーを左右どちらか寄りの位置で結ぶ
3.形を整えれば出来上がり

 「結び目」を左右どちらか好きなほうに持っていくだけで雰囲気が変わります。

マフラーの巻き方サイドノット完成形の右側

マフラーの巻き方サイドノット完成形の左側

バックノットの巻き方

マフラーの巻き方バックノット完成形の正面

バックノットはサイドノット同様に「フロントノットの応用版」なので、基本の手順は同じで結び目の位置を変えるだけ!

 結び目が正面からは見えないので、ネックウォーマーのような印象になります。シンプルなセーターやコートを着たときに、バックスタイルにアクセントを付けられるマフラーの巻き方です。

1.左右均等になるようにマフラーを前方から、首にぐるっと一周巻きつける
2.左右のマフラーを正面で結ぶ
3.結び目を後ろへ持っていき、形を整えれば出来上がり

マフラーの巻き方バックノット完成形の横側

マフラーの巻き方バックノット完成形の後姿

暖かくて小顔効果がある!マフラーの巻き方

首回りにボリュームが出るので小顔に見せる効果や暖かさがアップするマフラーの巻き方を数パターン紹介します。

手が込んでいるように見えますが意外と簡単にできます。
ひとつでも多くのマフラーの巻き方をマスターしておくと、お洒落度もアップ!

8の字巻きの手順

マフラー8の字巻き完成形の正面

マフラーの端を隠してお洒落にまとめる「8の字巻き」は、ふんわり緩めに巻くと印象が柔らかくなって小顔効果もあります。

 コートの襟から見える部分のマフラーに動きが出るので、首元をオシャレに気を遣う人にもオススメの巻き方。

1.マフラーの対角線を固結びにする

マフラー8の字巻きの手順1

マフラー8の字巻きの手順2

マフラー8の字巻きの手順3

2.マフラーを結んで作った輪に、頭を通して結び目を前にもってくる

マフラー8の字巻きの手順4

3.マフラーを半周ねじって、8の字を作る

マフラー8の字巻きの手順5

4.結び目が後ろにいくように、8の字にしたときにできた前方の輪に頭を通す

マフラー8の字巻きの手順6

5.結び目が隠れるように、首の後ろで内側に折りたたむ

マフラー8の字巻きで結び目が見えている状態

6.正面の形を整えたら出来上がり

マフラー8の字巻きで結び目を隠して完成した状態

マフラー8の字巻き完成形の右側

マフラー8の字巻き完成形の左側

プレッツェル巻き(ダブルクロス)の手順

プレッツェル巻き完成形の斜めショット

プレッツェル巻き完成形の正面

正面から見たときの形がプレッツェルに似ている、可愛らしいマフラーの巻き方で、「ダブルクロス」とも呼ばれています。

 プレッツェル巻きでアクセントを加えれば、シンプルなカットソーだけでもお洒落な印象にまとまります。
何となく物足りなさを感じてコーディネートが決まらないときは、首元に動きのあるプレッツェル巻きがお勧め。

1.縦半分に折ったマフラーの片側を長くして首に掛ける

プレッツェル巻きの手順1

2.長いほうのマフラーで首を一周巻く

プレッツェル巻きの手順2

プレッツェル巻きの手順3

プレッツェル巻きの手順4

3.左側のマフラーを首の前にできた輪の中に上から通す

プレッツェル巻きの手順5

4.輪の中に通したマフラーの首元に外側から左手を入れて、右側のマフラーを掴んで左側へ引っ張る

プレッツェル巻きの手順6

プレッツェル巻きの手順7

プレッツェル巻きの手順8

5.形を整えたらお洒落なプレッツェル巻が完成!

プレッツェル巻き完成形の斜め

グルグル巻きの手順

マフラーグルグル巻き完成形の正面

美しいドレーブを作り、顔周りにボリュームを持たせることで小顔に見える嬉しいマフラーの巻き方です。
「グルグル巻いて留めるだけ」なので、とっても簡単!

 ロングヘアなら髪の毛の上からマフラーを巻くと、ボブっぽくなって顔の印象や雰囲気をガラッと変える効果もありますよ。

グルグル巻き手順1

1.マフラーを首に掛ける

グルグル巻き手順2

2.片方ずつ、首にマフラーをグルグルと巻きつける

グルグル巻き手順3

3.左右ともに首に巻きつけた部分に巻き終わったマフラーの端を上から通して留めて、形を整えたら完成

グルグル巻き手順4

マフラーグルグル巻き完成形の斜めショット

ウィンディ巻きの手順

ウインディ巻完成形の正面

きっちりマフラーを絡める巻き方なので、解けにくい&首元の保温効果がアップします。
少し複雑そうに見える巻き方ですが、実は簡単です。

 淡い色のマフラーを用いると、クロスさせた部分が絶妙なニュアンスに仕上がるので、お洒落上級者に見えます。

1.横半分に折ったマフラーを首に掛ける

ウインディ巻き手順1

2.左肩に垂らしたマフラーの折り目部分にできる「輪」の中に、右肩から垂らして重なっているマフラーの「下側のマフラー」を通す

ウインディ巻き手順2

ウインディ巻き手順3

3.輪を右手で引っ張り、上向きに半分捻じって、更に「輪」を作る

4.新たに作った「輪」に左手を下から広げて、右側のもう1本のマフラーを上から通す

ウインディ巻き手順4

ウインディ巻き手順5

ウインディ巻き手順6

5.形を整えたらスタイリッシュで温かいウィンディ巻きの出来上がり

ウィンディ巻完成形の斜め右ショット

ウィンディ巻完成形の斜め左ショット

アスコット巻きの手順

アスコット巻き完成形の正面

「アスコットタイAscot tie」は、貴族の男性がフォーマルなモーニングコートに合わせて着用するものとして英国で誕生したタイですが、現代では女性もマフラーやスカーフなどを用いて「アスコットタイ風の巻き方」でコーデを楽しんでいます。

 前面に布を垂らすスタイルなので、特徴的な柄が描かれたスカーフなどを用いてアスコット風の巻き方をするとお洒落度がアップします。

顎を少しマフラーで覆ってアスコット巻きをすると、首元が温かいだけじゃなく、小顔効果も狙えることから定番人気の巻き方。

1.左右どちらか長くなるように首にかける

アスコット巻きの手順1

2.長いほうが上になるように首の下で交差する

アスコット巻きの手順2

3.長いほうのマフラーを下から上にくぐらせて、ひと結びにする

アスコット巻きの手順3

4.前面のマフラーの不自然な捻じれや重なりを平たく伸ばしたら完成

アスコット巻き完成形の横側

アスコット巻き完成形の斜めショット

ポット巻きの手順

ポット巻き完成形の正面

顔まわりにボリュームができるので、小顔効果もアップする女性に嬉しいマフラーの巻き方が「ポット巻き」。

 長めのマフラーを用いれば膨らみを調整できるので、コーデの幅が広がります。
コートの胸元の開きが大きすぎるときや、立体感のあるオシャレを楽しみたいときに最適!

1.マフラーを縦半分に折る

ポット巻き手順1

2.マフラーを首に前方から一周巻いて、左右の長さを揃えて体の前に垂らす

ポット巻き手順2

3.首に掛かっているマフラーを半分捻じって輪を作る

ポット巻き手順3

ポット巻き手順4

4.輪の中に左右に垂らしているマフラーを上から通す

ポット巻き手順5

ポット巻き手順6

5.形を整えたら小顔に見えるポット巻きが完成

ポット巻き完成形アップ

ポット巻き完成形の横側

ポット巻き完成形の斜めショット

お洒落なマフラーの巻き方

マフラーを洋服の一部のように見せて、おしゃれ上級者になれる巻き方です。

いつものコーディネートに変化をつけられる「ジレ風」と「ブルゾン巻き」、2パターンのマフラーの巻き方を紹介します。

ジレ風巻きの手順

マフラー巻き方ジレ風の完成形バストアップ右側

マフラー巻き方ジレ風の完成形の後姿

「マフラーは首に巻く物」という固定概念を捨てて、もっと自由な発想でファッションを楽しみましょう。

「ジレ風」は、羽織物感覚でおしゃれができるマフラーの巻き方です。自宅で来客があったときやオフィスでも違和感がありません。

 フリンジ付きのマフラーで裾の動きを加えたり、普段は着ることがない鮮やかな色のマフラーで新しいお洒落にチャレンジしてみるなど楽しみ方は自在です!

1.マフラーは折り畳まず、ザックリと首から掛ける

マフラー巻き方ジレ風の手順1

2.マフラーは体の前で交差させずに、脇の下を通して後ろに持っていく

マフラー巻き方ジレ風の手順2

3.腰の辺りでマフラーの角を結んで形を整えたら完成

マフラー巻き方ジレ風の手順3

マフラー巻き方ジレ風の手順4

マフラー巻き方ジレ風の完成形バストアップ左側

ブルゾン巻きの手順

マフラー巻き方ブルゾン風の完成形の正面

今回は、ふんわり厚手でロングタイプのマフラーを使用しましたが、ジャケット、コート、ブルゾンなどのアウターやシャツの襟にインする巻き方なので、首元のボリュームが調節できる薄手のマフラーが適しています。

 グレーや黒など印象が重くなりがちな色のコートには、黄色、赤、白、ピンク、エメラルドグリーンやブルーなど、顔色がパッと明るく華やかになる「綺麗色のマフラー」がおすすめ。

1.ブルゾン(カーディガンでもOK)を着用し、マフラーを首に掛けて、片方を短く、片方を倍の長さにする

マフラー巻き方ブルゾン風の手順1

2.長いほうのマフラーで、首を緩めに一周巻く

マフラー巻き方ブルゾン風の手順2

3.一周巻いて体の前にできた輪を両手で「みぞおち」辺りまで下げる

マフラー巻き方ブルゾン風の手順3

マフラー巻き方ブルゾン風の手順4

4.上着(ブルゾンやカーディガン)のボタンを留めて、マフラーのボリュームや位置を調整したら完成。

マフラー巻き方ブルゾン風の完成形の横側

マフラー1本で印象は大きく変わる

マフラーの巻き方を数パターン覚えておけば、上品なスタイルとも、カジュアルなファッションとも相性の良いスタイルに整えられます。

また、秋冬ならモコモコ厚手素材の特徴を活かしたスタイルに挑戦したり、春夏なら薄手で通気の良いリネン素材のマフラーをファッションアイテムとして取り入れ、お洒落を楽しむことができます。

基本パターンやアレンジのコツを覚えて、マフラーを活用したオシャレを楽しみましょう。