UVカットは目からが常識!日焼けを止める紫外線対策アイテム3つ

UVカット効果のあるクリームや帽子、日傘での紫外線対策だけでは、肌はどんどん日焼けします。カンペキな白い肌を目指すなら、
「眼」から紫外線を予防することが大切。UVケア効果を高める3つの最強アイテムを紹介します。

UVカットは目からが常識!日焼けを止める紫外線対策アイテム3つ

やっぱり嫌だ!紫外線が与える肌への影響

誰もが知っている日焼けによるシミやしわ、たるみの原因となる紫外線の怖い影響。

現在では大人に限らず、子供が外出するときにもUVカットの帽子や日傘を使ったり、クリームを塗る、室内にもUVカットフィルムやシートを窓ガラスに貼るなど、日焼け予防に大きな注意を払うほど。

紫外線対策に日焼け止めクリームを塗る女性

自宅やオフィスなど室内にいても紫外線はガラス越しに、私たちのカラダに降り注いでいます。

  • 皮膚が肥厚する
  • 皮膚がんの原因になる
  • 肌のキメが粗くなる
  • しわが深くなる
  • シミができる

このように、適切な紫外線対策を怠ると肌の老化を早め、美容面でのダメージ以外にも怖い病気まで引き起こしてしまいます。

UVケア商品を肌に塗るだけじゃ…
日焼けは防げない?

「肌に直接、紫外線をあてる⇒日焼けする」

多くの女性がそう認識していると思いますが、日焼けの原因である紫外線は「目」からも容赦なく体内に入りこみ、日焼けをどんどん加速させています。
肌のUVケアに励んでいた女性にとっては、「そんなぁ、今さら・・・」と、受け入れ難い!

しかし、すでに大阪市立大学医学部の井上正康教授が、おこなった実験で、紫外線を目だけにあてたマウスの皮膚メラニンが増加することが明らかになり、目の紫外線対策は常識となっています。

紫外線が目に入ると肌が日焼けする仕組み
三叉神経から脳へ
「体を痛めつける紫外線が侵入して来た!カラダを守れ!」と指令が出る
指令をうけた脳が肌に「ヤバいよ!ヤバいよ!」と指令を出し、厳戒態勢に入らせる
指令をうけた肌がメラニンを作りだし、体内へドバっと分泌させ、防御態勢に入る その結果、肌に直接、紫外線を浴びていなくても、肌が日焼け同様、黒くなる

「目から紫外線がはいる⇒日焼けする」

ショックですが、事実です。

「サングラス・コンタクト・目薬」
この3つで目から入る紫外線カット

想定外の紫外線侵入も怖がることはありません。
肌とおなじく、UVカットしてしまえば良いのです。

UVカットするサングラスや眼鏡を使う

外出するときの紫外線対策に役立つ「サングラス」。

「真っ黒タイプは避けましょう!」
UVをカットすることを考えると、「真っ黒なサングラスが一番」と思うかも知れませんが、明かりが暗いほど瞳孔が開きますね。そうすると、「紫外線いらっしゃ~い」という状態になるのです。

紫外線予防にメガネやサングラスを用いる
メリットとデメリット
メリット 正面からあたる紫外線はブロックできる
デメリット 横からの紫外線はブロックできない

ならば、どんな色のサングラスがUVカットにおすすめか?

それは、

「薄い色の眼鏡やサングラス」

理由は、ほどよく瞳孔が絞られて紫外線の侵入を減らせるため。

「サングラスをかけるのが恥ずかしいな」という人は、透明タイプの眼鏡でも大丈夫。

UVカット眼鏡をかける女性

普段使用しているメガネにUVカット加工がされているのであれば、正面からの紫外線は十分カットできています。100円ショップで売っているUVカット加工メガネも、紫外線予防の効果が高いものが多く、高額なサングラスや眼鏡を購入する必要はないですよ!

UVカット効果のあるコンタクトレンズを使う

同じコンタクトレンズでもUVカット効果の有る無しによっては、紫外線A波、B波のブロック率に大きな違いが!

紫外線を目から取りこむ「瞳」の部分をしっかりガードしてくれ、紫外線A波を81%以上、紫外線B波を97%以上もUVカットする、大手メーカーのコンタクトレンズもありますよ。

コンタクトレンズ

紫外線のダメージを抑制するUVケア目薬を使う

目から入る紫外線と日焼けのメカニズムを立証した井上教授と、国内大手の製薬会社「ロート製薬」が共同研究のうえ、開発した「美白作用の可能性もある目薬」、ロートUVケア。

「目薬に含まれる抗炎症剤(硫酸亜鉛)が、紫外線でうける眼のダメージを抑制して、皮膚のメラニン生成を減らす」という嬉しい共同実験による結果がでました。

これから目薬を選ぶときには、「硫酸亜鉛」が配合されているかをチェック!

メガネ、サングラス、コンタクトレンズ、目薬と、生活のスタイルにあったUVケア方法で、目を紫外線から守って、キレイな美肌を保ってくださいね!