初出勤の日に実践しておきたいポイント

初出勤を迎える女性が抱えがちな悩みを解決する方法を紹介します!出勤時の服装選びや髪型、メイクなど、どうすればいいのか分からないことだらけですよね、気合を入れたい&控えめにすべきポイントを紹介!

初出勤の日に実践しておきたいポイント

初出勤の日こそ守るべきこと

新生活がスタートする4月は待ちに待った入社を控えて、初めての出勤日に向けた準備に張り切り、気合い充分の女性も多いのではないでしょうか?もしかしたら、新たなスタートを切る職場に、将来の旦那様になる運命の人が待っているかも知れないので、自分磨きにも一層チカラが入りますよね♪

恋のスタートダッシュで同僚女性に差をつけるためにも、未来の彼氏候補のハートを第一印象でガッチリ掴みたいところですが、入社式は地味なスーツの着用が基本ですし、初出勤の日から社会人としての常識を疑われる個性重視のお洒落をしていくと、間違いなくヒンシュクを買います。

そこで、男性社員の注目を集めるためにも女性が初出勤の日を迎えるにあたって「気合いを入れるべきポイント」と「抑え気味にしておくべきポイント」を紹介します!

就活をしている中でイヤというほど服装やマナーの練習をしてきたかもしれませんが、無事に内定をもらいホッとしている時だからこそ、もう1度チェックしておく必要があります。

服装以外にも好印象を与える自己紹介のコツや、入社後に実践しておくと「イイこと」に繋がることも参考に、第一印象をピカピカに磨いてステキな社内恋愛のチャンスを掴んでくださいね。

気合いを入れるべきポイント

初出勤の日に、先輩社員たちから好印象を持ってもらうため磨いておくべきポイントを紹介します。

1.お肌の手入れ

スキンケアをする女性

アナタの生活背景が垣間見えるは、第一印象にはかなり大きく影響しますし、基本的な洗顔やマッサージ、パックなどのスキンケアに力を入れ、健康的に見えるようしっかりとお手入れを怠らないようにしましょう。

基礎スキンケアの他に大切なこと

規則正しい生活習慣

不規則な生活からくる「睡眠不足」や「便秘」は、お肌の大敵ですし、肌荒れの原因となるので、ライフスタイルには特に気をつけてスベスベツルツルのお肌を目指してくださいね。

健康的な肌に、男性陣もフレッシュな輝きを感じること間違いなしですよ♪

2.清潔感を重視した香り

香水プンプンの状態で初出社ともなれば、男性社員からは『スメハラ!』と思われて恋愛対象外にされるのは確実ですので、匂いのキツイ香水をつけていくのはオススメできません。

香りをつける前にチェックすること

香水をつけていい職場かどうか

職場によっては香水NGな場所もありますので注意してくださいね、また、香水をつける際には「自分がつけていて気分が悪くならないか」「職場にふさわしい香りかどうか」をよく見極めましょう。


カラフルなシャンプー

男性からは清潔感のあるさりげない香りのほうが好感を持たれる傾向にありますし、香水がNGの職場ならシャンプーの香りや衣服の柔軟剤の香りで清潔なイメージを演出するよう心掛けるのがベストです。

また、爽やかで柔らかい香りのボディミストやハンドクリームを使うようにすると、香水を使うよりもキツくなり過ぎないので安心ですし、彼女として誰に紹介しても恥ずかしくない第一印象作りには「清潔感」を重視した香りが必須なのです!

3.髪型でも清潔感をアピールする

基本的に、ヘアスタイルはロングでもショートでも問題ありませんが「自分に似合っているか」や「カッチリとした印象であるか」を重視するのがベターで、周囲の女性と差をつけるために大事なのは髪質にこだわりを持つこと、ボサボサの枝毛だらけの髪では、どんなに可愛くて美人な女性でも男性社員の気持ちは動きません。

学生時代と違って社会人になるからと、慌てて黒髪に戻すとわざとらしい黒色に染まる場合もありますので、直前になって焦る前に髪のケアは日々地道に行うよう心がけてくださいね。

新入社員にとって重要なこと

ヘアスタイルよりも、髪の質

普段のお洒落ヘアとしてやりがちな、ワックスを使ってクシュクシュ「ゆるふわ」なダウンスタイルは、会社では浮くことがありますので気をつけてくださいね。

ショーヘアなら毛先を少し内側に向けて軽くカールする程度に整え、ロングヘアならあまり固くなり過ぎない程度に毛先を軽くふわっと巻いて動きを出し、必ず束ねるようにしてくださいね、また前髪などが顔にかかり過ぎると暗い印象を与えるので、ヘアピンを使いサッパリとした新入社員らしさを出していきましょう♪

髪を束ねた女性

4.地味なスーツでも存在感を出す

まずは自分の好みは置いといて…、TPOに合わせた身だしなみで好印象を与えてモテ新入社員の道を歩みはじめましょう、職種にもよりますが会社では他の皆と同じような色やデザインのスーツ・フォーマルウェアを着ることになりますが、これが落とし穴なんです!

「みんなと同じ」ということは…?素材の選び方や着こなし方などで「個々の違いが目立ちやすく」なり、悪目立ちする可能性も高くなるのです。

スーツの着こなし方に注意

・襟や袖口は汚れてない?
・胸元が大きく開いてない?
・スカートの丈は短すぎない?
・サイズは体型にフィットしてる?
・スカートやシャツのシワは大丈夫?

特別なオシャレをしようにもデキないリクルートスーツを着るときは、着こなし方に気を付けるだけでシャキッと爽やかな印象を与えることが可能になりますよ。

スーツが似合う女性


他の女子社員と差をつけたい時は、柔らかい素材で襟元やボタンなど細かいディテールにこだわりのあるブラウスを着るだけでも、カチッとなり過ぎず地味になり過ぎず、女性らしいイメージを演出できますよ♪


また、仕事の中でスーツをこれからも着ることになるのなら、汚れた時のことも考えてもう1着新しいスーツを購入すれば、就職活動中に活躍してくれたリクルートスーツのまま出社するよりも、断然自分らしさをアピールすることが可能になります。

5.キレイな靴を履く

服装も髪型もバッチリなのに靴が使い古されていてクタクタの状態では、貧相でだらしない印象になりますので足元も気を抜いてはいけません、靴はピカピカに磨いておくと好印象を持ってもらえますよ♪

常にシャキッとした姿勢を保つ秘訣

少し高いヒールを選ぶ

姿勢を崩す原因になりますので高すぎるヒールではなく、5センチ程度のヒールを履くと適度な緊張感によって美しい立ち姿になりますよ。

5センチのヒール

10センチほどの高いヒールは履き慣れていないと、立っている時や歩いている時に膝が前に出て猫背になる傾向があり、同じ格好をしていても「伸びている背筋」と「猫背」では、与えるイメージがまったく変わりますので、新入社員としてのヤル気もアピールするために背筋はピーンと張った状態を保ってくださいね。

控え目にするべきポイント

初出勤の日には全てを完璧にしておきたいところですが、あんまり気合を入れ過ぎるとドン引きされてしまう部分もありますので、地味にしておくべきポイントもしっかり押さえておきましょう。

1.メイク

一般的な会社では外見的な個性は必要なく、初出勤からド派手なメイクだと『何あの人…』と、敬遠される可能性が高いですので、ヌーディーなベージュや薄いピンクなど、チークや口紅も少々色味を入れて健康的に見える程度が、オフィスには一番しっくりくるのです。

瞬きをするとバサバサと音のするようなつけ睫毛やマスカラは、怖がられるので控えめに!いつも濃いメイクに慣れている女性は、早めにナチュラルメイクに慣れておくのがベストです。

仕事に励む女性

メイクの他にも気をつけるべきポイント

ネイルも長さがあったり派手なものは避ける

メイクに合わせて自然なカラーや短めのデザインにすると清潔感も出ますので、雰囲気に合わせて上手に組み合わせてくださいね。

2.通勤時の私服にも注意

会社に行ってから制服に着替える場合も出社初日はスーツで通勤するのが無難ですし、慣れてきたら周囲の女性社員の私服を見ながら、徐々にカジュアルな服装へとシフトしていきましょう。

通勤は私服でもかまわない会社でも「仕事に行く」という意識は忘れないことが大切です。

短すぎるミニスカートや派手なカラーストッキングなどは避けて、キレイめなパンツやスカートに襟付きジャケットが当たり障りなく好印象を与えることが出来るでしょう。

特別きらびやかなファッションじゃなくても、服にシワがなく靴をピカピカに磨いてあるなど、服のお手入れが行き届いている様子をアピールすれば、男性からの評判も上々ですよ♪

私服姿の女性

3.アクセサリー

多くの男性はアクセサリーやバッグなどに興味を持たずチェックされにくいので初日から気合いを入れなくても大丈夫なのですが、通勤時の私服と同様、高価なブランド物のバッグにきらびやかなアクセサリーをたくさんつけて出社すると『仕事を何だと思っているんだ…』と、ガッカリされます。

また、初出勤から目立つ格好をしていると『なに、あの子…』と、先輩や同僚の女性たちとの間に壁ができるケースも否定できませんので、自分に似合ったシンプルな腕時計やさりげないプチネックレスをつけているほうが、職場ではオシャレに見えますよ♪

入社後に実践しておくといいこと

ヘアスタイルや服装の身だしなみが整ったら、次は何をすればいいのでしょうか?同僚や先輩社員とのコミュニケーションを円滑にして社内で快適に過ごせるようになるコツを紹介します。

1.自己紹介は簡潔にする

入社試験を突破し就職できたからといって、気を緩めてはいませんか?入社してからしばらくの間は、人事部や配属先、関連部署の人々など、たくさんの先輩方に挨拶や自己紹介をする機会が続くことがあります。

とは言え、もう試験ではないので大げさに自分の個性をアピールしようと必死にならなくても大丈夫です。

名刺交換をする男女

自己紹介で重要なこと

わかりやすい内容で解決に話すこと

様々な年代の人の前で自己紹介をすることも珍しくないので、どんな年代の人にも受け入れられる自己紹介のパターンを幾つか用意をしておくと安心です。

  • 趣味
  • 出身地
  • 学生時代に取り組んでいたこと
  • 所属していたサークル

これらのことを要点をまとめて短めに話すのが成功のコツ。何を言いたいのか分からないことをダラダラ話すのは、もっとも嫌われるパターンなので注意して下さいね。


「デキること」をアピールして、皆にインパクトを与え目立ちたくなるところですが、相手は先輩です。

『学校のミスコンで優勝しました☆』『数学が得意で成績はトップでした』など、自分から能力をひけらかすのはオススメできません。変に誤解され反感を買うのがオチです

また、男性社員からのウケが良すぎると、嫉妬した先輩の女性社員に嫉妬され嫌がらせやイジメの対象になることもあるので気をつけてくださいね。

2.ゆるい人脈をひろげる

ひと通り挨拶なども終えて、あなたに対する認知度が社内であがってきたら、モテ新入社員の座を不動のものにするために忘れてはいけないことといえば「社内での繋がりを広げること」です!

仲良しクラブ状態は良い仕事の妨げになりますが、ここで言う「繋がり」は、それとは別のモノで「浅く・広く・ユルい繋がり」のことで、お互いに顔と名前が一致していて、会ったら少し言葉を交わす程度の関係でOK

シゴトで有益なことはもちろん、社内のイケメンや好みの男性が参加する飲み会や取引先のメンズとの合コン情報なども入手可能になりますし、職場では入社日から積極的に自分から挨拶をして人当りの良いイメージを植えつけておくことが大切です。

何か失敗したときでも先輩に快くサポートしてもらえるなど、後々、恩恵を受けることができますよ。

先輩から仕事のアドバイスを受ける女性

良い印象を与えて交友範囲をひろげて

新参者だからといって遠慮しすぎることなく、先輩に誘われたら飲みに行ってみるなど、たくさんの人達との交流を楽しみ、新入社員とはいえ社会人なので常識を疑われるような格好や行動は避けて”大人な自分”をアピールし、男性社員のハートを奪っちゃって下さいね。

より多くの人にアナタの魅力が伝われば、その分、恋のチャンスだって増えるのです♪

なんでもかんでもやりすぎは禁物ですので、程よくチカラを入れて初出勤を穏やかに迎えてくださいね。

上へ戻る