登録販売者とは・全国どこでも就職しやすい資格取得方法

登録販売者とは、一般医薬品の店頭販売が出来るようになる国家資格のことで、ドラッグストアやホームセンターなど、全国的に展開しているお店への就職に有利となることが多いなどのメリットがたくさんあるのです。

登録販売者とは・全国どこでも就職しやすい資格取得方法

登録販売者とは?魅力的な資格取得方法

出産・育児をするために会社を辞めても、社会復帰する時ってブランクがありますので何かと不安ですよね、また、将来のために何か資格を取っておこうと考えている人も少なくありません。

資格は「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3つに大別され、比較的簡単に取得できるものから高難易度のものまで幅広い資格の種類があるので、どんな資格を取ろうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、どの資格を取得しようかと悩んでいる人にオススメするのが、登録販売者の資格で、聞きなれないかたもいるかと思いますが、実は多くの人が1度は見かけたり、相談したりしたことがあるほど身近な医療系の国家資格なのです。

ではさっそく「登録販売者の魅力」と「資格の取得方法」を紹介します。

登録販売者ってどんな資格?

風邪薬

風邪のひき始めや頭が痛いときなど、ちょっとした不調は病院に行かずに市販の薬で対処することって多いですよね。市販の薬はなんとなく安全な気もしますが、飲み合わせや禁忌症状によって思わぬ副作用をもたらすこともあるのです。

そこで、薬を販売している場所では「薬の説明」をしてくれる登録販売者の資格を持った人が活躍しています。

これまで、薬の説明をできるのは薬剤師のみでしたが2009年の改正薬事法により、一般医薬品の一部を販売できる国家資格として創設されたのが、登録販売者で、現在、私たちがドラッグストアなどで薬を購入するときに、薬の説明をしてくれたり、相談にのってくれたりしています。

登録販売者とは

一般医薬品の一部を販売できる医薬品販売専門の国家資格のこと

登録販売者と薬剤師の違い

登録販売者は、薬剤師のようにすべての医薬品を販売できるわけではなく、登録販売者が取り扱える医薬品には、制限があります。同じように医薬品を扱える薬剤師とはどんなところが違うのか、その相違点を見ていきましょう。

1.調剤業務

薬を点検する薬剤師

病院から薬をもらう時は処方箋が出されますよね、この用紙に基づいた調剤業務は、薬剤師の資格を持っている人のみに許された業務です。登録販売者は、薬剤師の資格とは異なるので、調剤業務に携わることができません。

2.一般医薬品の店頭販売

医薬品を売る登録販売者

一般医薬品は、ドラッグストアや薬局などで購入できますが、薬は本来「毒をもって毒を制する」ので多かれ少なかれ副作用のリスクが伴います、そのため、それぞれの副作用などのリスクによって、第1類から第3類の医薬品に分類されています。

薬剤師は第1類から第3類すべての一般医薬品を販売することができますが、登録販売者に許されているのは副作用の心配が少ない第2類と第3類の一般医薬品のみです。

薬剤師と登録販売者では、どうしても医薬品に関する知識に違いが出てきますので、リスクの高い第1類医薬品の販売は、購入者の相談の有無にかかわらず、対面での販売と書面による情報提供が義務づけられています。

加えて、第1類医薬品の購入者が、ほかの薬を常用していることもありますが、このときに、薬の飲み合わせや相互作用などを判断する必要があるため、高い専門知識が必要になってくるんです。

これらの理由により、販売できる医薬品の種類に制限が設けられています。

薬剤師が行える業務

・調剤業務
・第1種医薬品の店頭販売
・第2種医薬品の店頭販売
・第3種医薬品の店頭販売

登録販売者が行える業務

・第2種医薬品の店頭販売
・第3種医薬品の店頭販売

登録販売者の資格を取得するメリット

登録販売者は正式には販売業ですが、職業区分では医療従事者になります。専門の学校に通わなくても医療従事者として働けるのが嬉しいですよね。また、国家資格なので持っているだけで自信が持てるのもいいところです。

他にもたくさんある、登録販売者の資格を取得するメリットを紹介します。

1.就職先がたくさんある

薬剤師と比べて取り扱える一般医薬品に制限がある登録販売者ですが、一見すると就職にも影響がありそうなイメージもありますが、実はドラッグストアなどで販売されている一般医薬品の90~95%は、第2類と第3類の医薬品なんです。

医薬品

そのため、登録販売者の資格を持っている人は年々増えていますが、それでもまだ全国的に不足している実情があります、つまり登録販売者の資格を持っている人の需要が大きいということです。

ドラッグストアや薬局はもちろん、コンビニやホームセンターなど、就職先がたくさんあります。

2.生涯を通して役立つ

なんの資格もない人が、年齢を重ねてから働こうとすると、どうしても仕事は限られるものですが、登録販売者の資格を持っていれば、いくつになっても薬局やドラッグストアなどで働けるので、生涯を通して役立つのが嬉しいですね。

3.店舗を開業できる

店を開業した登録販売者

試験資格から実務経験の必要性がなくなったことにより、過去5年以内に2年以上の実務経験がない人は、試験に合格後2年間は単独販売できませんが、経験を積むことで独立開業することも夢ではありません。

コンビニやエステなどと組み合わせた経営など、アイデア次第で事業の幅を広げることもできます。

4.良い条件で働けることが多い

医薬品を取り扱いたい企業にとって、登録販売者は大きな戦力になる存在ですので、有資格者に資格手当を支給したり、通常よりも高い時給を設定していたりする企業が多いんです。登録販売者の資格を持っていれば、良い条件で働ける可能性を秘めています。

5.全国どこへ行っても働ける

将来的にパートナーの転勤などで他県へ引っ越しするなんてことが起こることもありますが、登録販売者は全国で通用する資格なので、どこへ引っ越しても登録販売者として働く場があります。

登録販売者の資格試験について

資格試験と鉛筆

登録販売者の試験は1年に1度、都道府県ごとに実施されています。この試験に合格することで、受験先の都道府県知事より登録販売者資格が与えられて勤務先がある都道府県に登録申請を行うことで初めて一般医薬品の販売を行うことができるようになります。

また、合格した都道府県でのみ有効な資格ではなく、全国どこへ行っても有効ですので1度試験に合格すれば、更新などの試験がないため、一生ものの資格となります。

登録販売者は医薬品を取り扱う資格なので、学歴が重視されるようなイメージもありますが、受験資格に学歴は関係ありません、年齢や実務経験も問わないので誰でも受験できるということですね。

試験問題は都道府県ごとに作成されているので、難易度は異なりますが合格率は全国平均で50%前後となっているので、比較的取得しやすい資格です。

登録販売者を目指す方法

登録販売者の試験は全5章合計120問が出題され、このうちの70%以上の問題に正解すれば合格ですが、1章から第5章のうち1章でも正解が35%以下の場合には不合格となります。

つまり、登録販売者を目指すためには知識に偏りがあってはいけないということなんです。では、具体的にどうしたら登録販売者になれるのかを紹介していきます。

1.通信講座やスクールを受講する

セミナーを受けている女性

独学で登録販売者の資格を取得するのは、簡単な道のりではありませんので、薬学の知識がまったくない人は、専門学校に通ってしっかりと学ぶのも良いですが、資格を取得するまでに高額な費用がかかることも多く、働きながら資格取得を目指す人には時間的にも厳しいですよね。

そこで、おすすめしたいのが通信講座や短期スクールの受講で、費用もグッと抑えられるうえ、ライフスタイルに合わせて勉強できるメリットがありますよ。

最近では通信講座の種類も増えており教材やプログラムが異なりますので、自分に合った通信講座やスクールを受講するためにも、まずは資料請求をして比較してから決めると良いでしょう。

2.独学で勉強する

何らかの理由で通信講座やスクールを受講できない人や、ある程度の薬学の知識がある人は、テキストや問題集を使って独学で勉強してみるのもひとつの方法です。

インターネットを使えば、都道府県ごとの過去問題を見ることができますし、出題傾向を知るためだけでなく、ある程度勉強が進んで実力を試したいときや苦手分野の克服などに活用してみるのもおすすめですよ。

資格取得を狙うなら合格率が高い今がチャンス

将来のことを考えて「医療事務」や「調剤薬局事務」などの医療系の資格を取りたいと思っている人も少なくありませんが、これらの資格は民間資格です。確かに就職する上で、有利になることもありますが、資格手当の対象にならないことも多いのが現状です。

登録販売者は、全国で通用する医療系の国家資格ですので、資格手当をもらえることも多く1度取得すれば、一生を通して役立つのが嬉しいですね。

国家資格の多くは難易度も高い傾向がありますが、今のところ登録販売者の難易度は比較的低め、言いかえれば登録販売者の資格の取得は、合格率が比較的高い今が狙い目です。

登録販売者試験は、歴史が浅く受験要項が変更になることも多いので、実務経験の必要がなく受験しやすいこの機会に、ぜひ国家資格の取得を目指してみませんか?