クレジットカード活用・毎日コツコツお得をゲットする方法

クレジットカードを活用するには「ルール決め」が大事で、浪費が増えたり借金を作っていては元も子もありません。お小遣いとして持っている財布の範囲内で使い、利用した分避けておくなどの工夫が大切です。

クレジットカード活用・毎日コツコツお得をゲットする方法

クレジットカードの活用で生活が楽になる

高校在学中を除く18歳以上の年齢で審査に通れば誰でも作ることが出来るクレジットカードは、上手に付き合っていくことで生活を楽にしてくれます。

  • 「クレジットカードって借金じゃないの?」
  • 「カードで破産したって話を聞いたことがあるから怖い」

クレジットカードは持つだけでデメリットがあるなど、怖いイメージがつきものですが、ルールを決め徹底して守ることで自己破産する確率はほぼ無くなり、逆に生活を楽にしてくれるメリットがあります。

でもなぜ、クレジットカードが日々の生活をサポートしてくれるのでしょうか?そこで「クレジットカードで破産しないために守るべきルール」と「クレジットカードを活用するメリット」を紹介します。

カード破産しないよう守るべきルール

カード破産した男

クレジットカードを契約すると「〇万円まで使えます」と、使える金額の枠が与えられます。これは、年収や職業、カードのランクによって金額が異なり5万円の人もいれば、100万円、500万円の人もいます。

カードの枠内であれば上限いっぱいまで買い物をすることが出来て、決められた日に使った分だけカード会社から請求されます。ここで、今月の支払い額がキツいからと「分割払い」「リボ払い」に変更すると、カード破産の入口に立つことになりますので注意してください。

支払いを滞らせないコツ

1.使った金額を財布から避けておく
2.請求日前に避けていたお金を口座へ入金する

「クレジットカードは借金」と思いがちですが、買い物をした利用額を後払いにしているだけに過ぎず、カードを使った金額と同じだけのお金を財布から避けて口座へ入金しておけば「請求日が来てもお金が足りなくて支払いが滞ることも無くなる」ので、借金となることはありえません。

むしろ、端数を繰り上げて避けておけば「請求額<積立額」となるので、口座残高も少しずつ増えていく計算になります。

クレジット利用額が借金に変身する原因

・利用したのにお金を避けなかった時
・分割払いで「手数料」が発生した時
・支払いが遅れて「遅延損害金」が発生した時

「分割払い」「リボ払い」の手数料や「遅延損害金」が発生した時に初めて使った金額以上のお金が請求されるので、小さな額から借金が増えていく第1歩となります。

「自分が持っているお金以上の額をカードで決済しないルール」だけを徹底的に守れば「後払い」が「借金」に変身することもなくなりますよ。

クレジットカードで生活を豊かにするポイント

「後払い」を「借金」へと変えないルールが分かったところで、次はクレジットカードを使って生活を少しでも豊かにする方法を紹介します。

1.還元ポイントをもらう

クレジットカードとお金

クレジットカードは、種類によって月々の請求額に応じてポイント還元されるカードがあり、ポイントの種類によっては「1ポイント=1円相当」での利用が出来ます。

利用額の0.5%~1%還元というカードが多く、例えば1%還元なら1万円使ったら100ポイント返ってくる計算になります。

また、契約するカードによって「通販で利用しやすいポイント」「コンビニで利用しやすいポイント」など貰えるポイントの種類も異なりますので、よく利用するサービスのポイントが貰えるカードを選ぶことが生活を豊かにするクレジットカードの使い方への第1歩となります。

2.使いすぎが怖いのなら生活費だけ決済する

電卓とクレジットカード

給料日後やボーナスをもらった月などは、つい財布のヒモも緩み「借金に変えないルール」を破ることもありますし、ポイントをたくさん貰うために所持金ギリギリまで決済していてはムダ遣いも多くなりますよね。

実は、クレジットカードで払えるお金は服や消耗品だけではなく、生活費も決済することが出来ます。

現金からクレジット払いに変えられる生活費

・家賃
・電気代
・ガス代
・水道料金
・ガソリン代
・携帯電話料金
・プロバイダー料金 など

家賃や光熱費は、契約している会社によってはクレジット払いが出来ないところもありますし、水道料金も自治体によってはカード払いが出来ないところもありますので、お住まいの地域に合わせて確認してくださいね。

これらの生活費を「現金や口座引き落とし」から「クレジット払い」に切り替えるだけで、ポイント還元がされます。

月に合計10万円払っているパターン

口座引き落とし:ただ引き落とされるだけ
クレジット払い:1,000ポイント貰える(1%還元の場合)

毎月必ず払わなければならない生活費をクレジット払いにするだけなら、いつも通り口座にお金を残しておくだけですので、支払いが滞り借金となることもありませんよね。趣味・娯楽費などに使わないようにカードは財布に入れず通帳などを保管しているところに入れておきましょう。

ですが、生活費を払う際に1つだけ注目して欲しいことは「限度枠」です。カード1枚につき「いくらまで使えますよ」という枠が決められていて、その金額以上に決済することは出来ません。

「限度額5万円のカード」で「7万円の家賃」を払おうとしても決済されず、家賃の支払いが滞ることになりますので注意してくださいね。出来ることなら毎月の生活費予算額のの3倍~5倍の枠を用意しておくと安心です。

3.電子マネーもクレジットチャージでポイントを貰う

クレジットカードで買い物する女性

「クレジットカードは怖い」から使ったことがないけど「電子マネーは使っている」という人も多いハズ。電子マネーは、現金をチャージして、かざすだけでお金を払うことが出来る便利なサービスですよね。

これも、チャージするお金を「現金」から「クレジット払い」にするだけで、還元率分お得に使うことが出来ます。

電子マネーが使えるところ

・スーパー
・コンビニ
・電車、地下鉄 など

いつも電子マネーで買い物をしている人なら、毎月チャージしている金額の1%程度をポイントで貰えますので、今までよりお得に買い物をすることが出来ますよ。

もちろん、この時も「借金にしないルール」を守って、現金で払ったと思ってチャージした金額分を財布から避けておくことを忘れないようにしてください。

小さなことからコツコツと生活を豊かにしよう

クレジットカードは、手元に現金が無くても買い物ができる便利なサービスですが「使える額は自分のお金」と勘違いした瞬間に「借金を作るカード」へと変貌します。

ですが「カードで決済した額を、支払準備金として避ける」「手持ち以上のお金を使わない」などのルールを守ることで上手に付き合っていくことが出来ますよ。

生活費を月々10万円支払っているなら、貰えるポイントは1%還元で1,000ポイントですが、1年後には1万2千ポイントになっています。

クレジット払いにせず、このまま1年ほったらかしていると実質1万円ほどの差がつくと思えば大きいですよね。ポイントの利用範囲にもよりますが、1万円ほど貯めると旅行へ行った時の1泊2日のホテル代を無料にすることが出来ます。

ぜひ、小さなことからコツコツと生活を豊かなものに変えていってくださいね。