雑談力を上げる方法!実はネタや話の中身がなくても大丈夫

雑談力をあげたいのなら、話術に長けた人をお手本にトレーニングすることをおすすめします。会話が途切れて沈黙が訪れたとき、どうやって緊張感が漂う空気を変えていますか? 反応や質問の仕方などを観察して!

雑談力を上げる方法!実はネタや話の中身がなくても大丈夫

雑談力を上げる方法

「上手に話そう」と必死になってしまったり、「会話が途切れたらどうしよう」という不安が的中して沈黙が生まれ気まずい思いをすることがあります。

また、気を許せる親密度が高い友人との他愛のないおしゃべりなら問題なく楽しめても、営業で訪問した初対面の人や接点が少ない職場の人や、友達の友達など、顔見知り程度の人との井戸端会議や雑談を苦手とする人は少なくありません。

そうはいっても、飲み会や合コンなど、すごく親しい人以外の人たちと、とりとめのない雑談をする(しなければならない)機会は多くあります。

突然、スムーズな会話の流れが求められるシチュエーションに置かれても、軽いオシャベリができる程度のコミュニケーション能力は磨いておいて損はありません。

今回は、苦手意識をなくして、誰とでも楽しくお喋りできる「雑談力を上げる方法」を紹介します。特別なテクニックは必要なし!自信をもって雑談に挑めるように、おしゃべりスキルを磨きましょう。

1.まずは挨拶で相手の心をつかむ!

クラスメイトに挨拶する女性

どんなに会話スキルが高くても、人を寄せ付けないオーラを放っていると会話そのものを始めるキッカケが掴めません。好感を持っている相手とは、話をしようという意識も働きやすくなるので、あいさつは会話を円滑にする効果が十分期待できるのです。

人間は出会ってから約7秒で第一印象が決まってしまい、そのイメージを覆すには約2時間の対話を要し、ファーストインプレッションは相手との関係を左右すると言っても過言ではありません。

でも、たった7秒で好印象を与えるには、どうすれば良いのでしょうか?仕草、態度、軽い自己紹介や挨拶くらいしかできません…。だからこそ、「はじめまして」「こんにちは」など、たった一言の挨拶ってとっても大事なのです。

挨拶をしっかりすると良い印象を持たれやすいので、初対面の相手にはもちろんのこと、いつも顔を合わせている学校の友人や職場の同僚などにも爽やかな挨拶をして心を掴んで下さい。

笑顔で挨拶する女性

また、「おはよう」「おつかれさま」と挨拶で好感を与えたら、雑談力を上げる練習をするために、もう一言プラスして会話を続けてみましょう。「今日の服、すごく可愛いね!」「髪を結ぶとイメージがガラッと変わるね」などと、相手に関する話を振って反応をみましょう。

もし何も思いつかなければ、「今日は寒い(暑い)から長袖(半袖)のシャツを着てくればよかったな。でも、衣替えするにはまだ早いよね?」等と、無難な天気やファッションのことに触れた後に、相手が答えやすい質問を加えると話の糸口がみつかり、雑談に繋げやすくなります。

2.雑談の中身はあまり気にしない!

雑談する女子学生

雑談が苦手な人の多くは「何を話していいのか分からない…」という意識があり、話題を探そうと必死になっているうちに沈黙が訪れたり、頭が真っ白になって言葉がつまり、さらに苦手意識が強くなってしまいます。

でも、雑談は真剣に語り合う場ではないので、内容のある話をする必要はありません。むしろ議論レベルにまで持っていくと、相手側はもちろん、自分も疲れてしまい、気まずい雰囲気を作りだすことがあります。

雑談の上達ポイントは、会話のスムーズな流れです。会話中に質問を投げかけても「はい」「いいえ」のみで答えられてしまうと、受け手は拒絶感を味わうし、話も長続きしません。そこで大事なのが、話の投げかけ方!

長続きしない会話のイメージ

理想は、相手に「イエス」「NO」以外の答えをもらうこと。だから、こちらが話しかけるときは「△□の×なんですけど、Mさんはどう思います(行ったことありますか?)(食べたことはありますか?)(どんな味でしたか?)(オススメのメニューは?)」などと、相手が何か答える形式を心掛けること。

また、一方的に質問形式で話しかけるのではなく、自分の意見も伝えつつ、相手に話を投げかけられたら「はい・いいえ」意外の返答を意識して、双方で話を広げるようにすることも「特に内容のない雑談」には特に大事です。

3.共通点を探して雑談を盛り上げる!

雑談で盛り上がる男子と女子

手っ取り早く、相手と打ち解けて雑談を盛り上げるには「共通する部分」を探すことです。

グループで雑談しているとき、「アニメ好き」「コスメ好き」「好きな芸能人やドラマ」など、誰もが知っていそうな話題やニュースや趣味の話を投げかければ、その中の1~2人くらいは興味を示してくれる可能性が高まります。

また、相手に「なんか尋問されているみたい…」と警戒されないために、共通点を探すときに押さえておきたいポイントがあります。

ポイント

・自分の情報を伝えてから質問する!
・プライベートなことに踏み込みすぎない

雑談する女性達

「趣味は?」「休日はどう過ごしているんですか?」と一方的に質問攻めにすると、相手を疲れさせてしまいます。また、プライベートなことを根ほり葉ほり訊かれると不愉快な思いをする人もいるので、相手との距離感や性格を考えて配慮を忘れずに!

ただ、これが自分の情報を提示した上での質問であれば印象はガラリと変わるので、雑談力をつけたい人は試してみてください。

「私、けっこう休みの日に料理をするのが好きなんですけど、Mさんって何か趣味とかハマってることってありますか?」 「私、最近、テニスを始めて土日はスクールに通っているんですよ!Mさんは、お休みの日って何されているんですか?」と質問の仕方を少し工夫して、上手に相手との共通点を探すのが雑談力を上げる話し方。

4.会話中は豊かな表情をキープする

「へ~、面白そう!」「知らなかった!びっくり!」と文字にするといい感じの反応をしているイメージが湧きますが、もし、実際に目の前に居る人がんな相槌を打ちながら無表情でいるとしたら、相手の「言葉」を心から信じることはできません。

表情豊かな女子

表情を意識すると?

・気持ちが伝わりやすくなる

もともと雑談が苦手なのに「盛り上げよう、もっとスムーズに会話しよう」と構えると、つい緊張して表情が固まってしまうの珍しくありません。

でも、雑談中は、口角を上げることを意識するだけでも、かなり和やかな印象を相手に与えることができるので、会話の「中身」よりも「表情」を意識して聞き役に回ることも雑談力を上げる方法のひとつです。

5.会話の終わりは自分から切り出す!

雑談もダラダラ続けていると疲れます。ひとしきり楽しんだら、「キレよく」雑談を終わらせましょう。

会社で雑談する同僚達

また、もし、話がスベって盛り上がらなかったり、何となくギクシャクした重たい空気が漂っていたりしたら、いつまでもその場に留まらずに、「終わり良ければ総て良し」を目指して爽やかに立ち去るのが賢明です。

なぜかというと、長く沈黙が続く場に身を置いていると、「自分のせいでシーンとしちゃったのかな…?」「こういう時、どうして話題が思いつかないんだろう…」「このメンバーとは話が盛り上がらないのかも…」とネガティブな考えが湧いてきて、雑談の苦手意識が強まってしまうからです。

その際、会話を切り上げる理由を長ったらしく説明する必要はありません。「それでは!またね!」「また今度ね」「さて、そろそろ席に戻ろうかな!」「お散歩してこようかな!」とサラッと短い言葉と共に会話を終わらせれば良いのです。と短い言葉とともに、笑顔で軽く会釈して立ち去ればOK!

一生に一度は役立つかもしれない雑談ネタ

「雑談ができない」と苦手意識があり悩む人も多いのですが、どうでも良いことや何てことのない話題から話が広がるのが雑談です。会社の休憩中に「シーン」とした沈黙が続いてどうにかしたい時など、思い出したら使ってみて下さい。

雑談する女性達

「あれって何ていう名前かわかる?」と話題を投げかけられれば、相手も「何だったかな?」と何となく考えてしまい、それなりに会話が続けられる雑談ネタです。

身近なアレは何て呼ぶ?

袋を止めるプラスチックの名は?

食パンやロールパンなどの「袋の口を留めるもの」は、正式には何と呼ぶでしょうか?答えは「クロージャー」です。

袋を「閉じるもの」ですから、わかりやすいネーミングです。日本でもすっかりお馴染みのクロージャーは、アメリカのクイック・ロックの創立者、フロイド・バクストン氏が「袋詰めをしてリンゴの袋の口を簡単に閉じられる方法はないか?」と考えていたときに、移動中の飛行機の中で思いついた大ヒット商品。

クロージャーは種類が豊富で、世界中でいろんなタイプの袋を閉じるために使われており、高いシェア率を誇っています。小さなプラスチックでも、アイデアひとつで大儲けできちゃうんですね。

クロージャーの正しい使い方

「クロージャー」の製造元、クイック・ロックコーポレーションの従業員さん直伝のワザをご紹介します。ちょっとだけ、袋を閉じるのが早くなります。
クロージャーの使い方、ねじる
袋の中央をクルクルっと細く捻じります。パンの袋の空気は抜き過ぎないのがコツだそうです。
クロージャーの使い方、上から下に
捻じった部分にクロージャーをあてて、「上から下」に降ろすだけ。無理にハメようとするより、とても簡単です。一度、ためしてみて下さい。

がま口の留め金の名は?

お財布やコスメポーチなど、可愛くて使いやすい「がま口」は女の子にも大人気。会話がプチっと途切れたら、自分や同僚のポーチをネタにしてみましょう。

さて、ガマ口の留め金の名称は?
がま口の留めるところ

答えは「らっきょう玉」です。形が似ていることから、そう呼ばれています。このネタは一瞬で話が終了する可能性があります。

その場合は「ポーチ」つながりで、話題のコスメや気になっている女性雑誌の付録などの話に持って行くのも、雑談力を磨く方法!

誰もが知っている企業名の由来

就職先として狙っているか、よほど興味がなければ特に調べることもない有名企業の会社名。社名の話題から、その会社の商品の話題などで話を広げやすい雑談ネタです。

オムロン‐OMRON‐

体重計や体温計で、お世話になっている「オムロン」。社名の由来は、「工場が京都の御室(おむろ)にあったから」です。現在は、その地に「創業記念碑」があります。

取り扱う商品のイメージから電子機器やシステムのことかと思っていましたが、単純明快な理由からネーミングしたなんて意外です。

アデランス

かつらメーカーの老舗の社名は、フランス語で「くっついている」を意味する、「adherence(アデランス)」と、商品と非常にマッチした言葉をそのまま使用しているのです。やはり、フランス語の響きはおしゃれですね。

アシックス

歯切れの良いアシックスの社名は、ラテン語が語源。「Anima Sana in Corpore Sano」健全な肉体に健全な精神!という意味です。このフレーズから頭文字をとっています。スポーツ用品らしいネーミング!

エドウィン‐EDWIN‐

1本くらいはエドウィンのデニムを持っている人も多いのでは?語源はズバリ!「DENIM(デニム)」。なぜか「D」と「E」をまず逆転させ、「NIM」も180度、上下反転させます。すると「EDWIN」となるわけです。お見事ですね。

「江戸(ED)が勝つ(WIN)」という語呂合わせにもなっている、技ありのネーミング!

雑談が苦手なら得意な人に任せればOK

雑談する会社員

もともと話好きで放っておいてもペラペラと話が止まらない人もいれば、その場で相槌を打つのが精いっぱいの人もいます。性格や心地よいと思う会話のペースや興味があるものは人によって違うので、雑談が苦手で堪らないのに万人受けしようと焦る必要はありません。

ネタが思いつかなければ、いつも何かしら話題を振るタイプの人に、「そういえば、あのレストランの料理はどうでしたか?」と質問を投げかけるなど、雑談を得意とする人に助けて貰えばよいのです。

また、グループで集まっているときに、スムーズに雑談を楽しんでいる人を観察して、以下のことを学ばせてもらうのも雑談力を上げる方法のひとつです。

・話の持っていき方
・相槌の打ち方
・話の回し方
・雑談中の視線
・話題の選び方

一気にボキャブラリーやネタを増やして会話術の達人になるのは難しいですが、日頃から誰かとコミュニケーションをとるときに小さなことを意識して、参考になると思ったことを少しずつ試す中で失敗や成功体験を積み重ねていけば雑談力は上達していくので、自分のペースも大事にしてくださいね。