元気になる方法をいっぱい紹介します

元気になれる方法をリストアップしておくと、マイナス感情が心に溢れてきたときも心がポキッと折れてしまう前に対処できます。人生の中で誰もが経験する落ち込みや不安にで心が弱ったときに元気になる方法を紹介!

元気になる方法をいっぱい紹介します

皆が教えてくれた!元気になる方法

仕事で上手く行かないとき、学校や職場などの人間関係に悩んだとき、目標を見失ったとき、片思いや失恋や付き合っている人との恋愛問題で悩んでいるとき、特に思い当たるような原因が見つからないけど何となく気分が落ち込んでいるときに実践したい「元気になる方法」を体験談も交えて紹介します。

動物から元気パワーをもらう

犬や猫やハムスターなど自宅で飼っているペットに触れたり、一緒に過ごしたりして元気になる方法です。落ち込んで泣いているとき、言葉は話せなくても悲しみや落ち込みなどの感情を察しているかのように、愛犬や愛ネコがじっと傍にいてくれる安心感や癒し効果のあるフワフワの毛に触りながらスキンシップをとって元気を貰いましょう。

犬と見つめあう女性

「犬」に関しては、飼い主(ヒト)とイヌが見つめ合うことで双方に幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されるという研究結果もあるように、癒しパワーを期待できる心強いパートナーなのです。(注1)

ウサギと静かに過ごします

落ち込んだときは外出したりせず、ペットのウサギにしたら迷惑でしょうが…、ひたすら愚痴を聞いてもらったり、やわらかい毛を撫でて心を癒しています。

私に元気がないのを感じとるのか、しょんぼりしていると普段はしない甘え方をして来たり、じっと傍にいてくれます。どうしようもないほど気持ちが沈んでいるときは、励ましの言葉を掛けられるよりも、黙って傍にいてくれることが、私にとっては一番元気になれるのでウサギに感謝しています。(24歳/女性)

愛ネコと戯れる

シフト制の職場で働いているのですが、連続勤務で心身の疲れを感じたときは飼い猫と戯れて癒され元気をもらっています。

玄関を開けると留守番していて寂しかったのか腹ペコなのかわかりませんが、足元に擦り寄って来てくる姿が堪りません。しばらくの間、猫の頭を撫でてお腹の毛をモフモフさせてもらうことが、私の元気になる方法です。(28歳/女性)

毛糸と猫

音楽を聴いて気持ちを解放する

何だか気分が冴えないときでも「即、元気スイッチをONにする」ために、ノリノリになって無意識のうちに体がリズムをとってしまうアップテンポな曲、悲しくて堪らないときや苛立っているときでも聴くだけで心が軽くなり元気になれる歌、心の膿をとり除いてくれるしっとり泣けるバラード曲などをリストアップしておきましょう。

マツケンサンバを聴きます

どんなに落ち込んだときでも、イントロを聴いただけで固まっていた表情がほころび、踊り出したくなるほどウキウキしてくる「マツケンサンバ」は元気になりたい時の私のテーマソングです。

もっと元気パワーを補充したいときは、楽しそうに全力で踊り歌っているマツケンさんの姿を動画で観て、頭の中で一緒に踊ります。(麻生れいこ)

心に響く歌詞の曲を聴く

仕事や恋愛に悩んだ時、そのときの心境にしっくりくるジャンルやテンポの曲を選んで、歌詞の内容を噛み締めながら聴いています。涙が溢れてきたり、グングン意欲が湧いてきたりします。心がとても楽になって元気になれます。(22歳/男性)

ヴァイオリン

ひたすら眠って元気になる

不眠の状態が長く続くと鬱病にかかりやすくなるなど、心の健康をキープするために睡眠は欠かせません。(注2)また、精神的にイライラしたり、やる気が起きなくなったり、注意力が散漫になって仕事や勉強のミスに繋がるなど、寝不足は元気を損ねる原因をつくります。

元気になる第一ステップとして、失恋や人間関係のもつれなど気持ちが落ち込んでしまう原因がハッキリしている場合でも、理由もなく気持ちが沈んでしまう場合でも、とにかく夜は眠って心身を休めて元気のベースをつくることを心がけましょう。

家に引きこもって眠る

嫌なことがあってイライラが最高潮まで達しているときは、気晴らしする気力も湧かず誰とも会いたくなくなるので、昼でもカーテンを閉めて暗い部屋でひたすら眠ります。

起きているとウジウジ考え込んで頭が痛くなってしまうので、考えなくてよくて心身共に休まります。(38歳/女性)

眠る女性

しっかり眠る

私は落ち込んで考えごとをしていると夜眠られなくなり、寝不足から翌日のヤル気も失われネガティブ思考になりやすくなるなど負の連鎖に陥ってしまいがちです。

だから、気分が優れないときこそ川のせせらぎや鳥のさえずりのBGMを聴いて自律神経を整え、しっかり睡眠をとって元気を回復するように心掛けています。睡眠が元気の源なのです。(28歳/男性)

遠出をして気分転換する

友達に同伴してもらったり、恋人が運転する車に乗せてもらったり、その時の気分や環境によって楽しみ方は違っても、車があって運転ができれば(運転する人がいれば)隣町の人気スポットや美味しいグルメを食べるために足を運ぶなど、気軽に物理的な環境を変えることができることから、元気になるためにドライブをして遠出する人もいます。

音楽を聴きながらドライブする

落ち込んだり気分がモヤモヤしているときに、車の中で好きな音楽を大きな音でかけながら疲れるくらい思いっきり歌って気分転換をするとスッキリして元気になります。
その後、私の場合はドライブの途中にカフェに寄ったり、帰宅してから甘い物を食べて体力回復すれば完璧です!(33歳/女性)

ドライブする女性

ただし、運転すると性格が出ると言われているように、もともと気性が激しくて周囲に八つ当たりする傾向がある人は、むしゃくしゃして鬱憤(うっぷん)が溜まっているときに車に乗ると事故を起こす可能性があるので要注意!

免許や車を持っていない人やイライラが高まっているときは、電車やバスを利用するなど工夫して遠出することをオススメします。

美味しい物を食べて元気になる

後先を考えずに、手当たり次第に食べたり飲んだりしても、体重が増えたり、健康を害したりしては元も子もありません。

疲れが溜まった心と体を元気にしたいときは、ストレスを発散するために「やけ食い」するのではなく、心から満足できる美味しい好物を食べて元気をチャージしましょう。

大好きな甘い物を食べる

何もしたくないくらい疲れているときは、大好きな甘い物を食べて元気をチャージします。

定番のスイーツは少し価格が高い商品なのですが、食べるとホッとして気持ちが楽になり「また頑張ろう」と思えるので、元気を回復したいときの習慣になっています。(36歳/女性)

ベリーを乗せたパンケーキ

お腹いっぱい好きな物を食べる

大好きな生姜焼きを作って、お腹いっぱい食べることです。
予定が立て込んでいて忙しくて「ご飯の支度が面倒くさい…」と思っていても、好物なら食べる楽しみがあるので頑張って作れます。

生姜のいい香りが食欲をそそりゴハンもすすむので、お腹もいっぱいになって幸せな気持ちになり、気分が沈んでいる日でも、食べ終わった頃には元気になっています。(34歳/女性)

体を動かして元気になる

「運動」をあげている人の意見で共通していたのは、体を動かしている最中や運動した後に嫌なことを忘れられるということでした。

しかし、普段から運動する習慣のない人が、急にジョギングなどの激しいスポーツをすると心臓や関節等に負担がかかる恐れがあります。(注3)ヨガやストレッチなど、ゆっくりとした動きの運動でも元気になれる効果を実感している人もいるので、自分の体調に合う運動を見つけて下さいね。

ヨガに集中する

やる気が出ない時や気になることがあって何も手につかないときに実践していて効果がある「元気になる方法」はヨガです。
座位の簡単なウォーミングアップから始めて、太陽礼拝、立位のアーサナをして集中力が高まるにつれて、思考がクリアになっていきます。ヨガを終える頃には、嫌なことを忘れて前向きな気持ちになれます!(35歳/女性)

ヨガをする女性

声を出しながら動く

ストレスが溜まり「元気がなくなってきた」と感じたとき、趣味の空手を通じて元気になるようにしています。
空手は思いっきり声を出して体も動かすので、頭の中が空っぽになり、その日の嫌なことを全部忘れられます。(48歳/男性)

ジムで体を動かす

悲しみやクヨクヨしたネガティブな気分を吹き飛ばしたい時はジムに行って汗を流します。
歩けなくなるくらい筋トレやランニングをして、肉体を限界寸前まで追い込むと頭がスッキリして嫌なことは忘れられます。心身共にリフレッシュできるので、いつも私が実践している一石二鳥の元気になる方法です。(28歳/女性)

ジムで体を動かす女性

自分に励ましの声をかける

「大丈夫だよ」「あなたは頑張っているから、必ず良い結果が出るよ」「失敗しても次に繋げればいいのだから思い切ってやってごらん」など、温かい励ましの言葉を掛けてくれる人がいつも傍にいるとは限りません。

でも、「自分自身」は、どんなときも一緒です。「辛いな」「悲しいな」とマイナス思考に陥ったときは、一番の理解者ともいえる自分自身に声を掛けてもらうことも元気になる方法のひとつです。

自分に声をかけて気合いを入れる

空を見上げて深呼吸をして、そのまま笑顔を作って、「よし!」と声に出して気合いを入れます。
落ち込んでいると感じた時や追い込まれているとき、これから苦手なことに取り組む前に、元気を出して「嫌だな」「逃げ出したいな」と思う自分に勝つための私流の儀式ですが、効果はあるので試してみてください。(39歳/女性)

空を見上げる女性

自然から元気をもらう

絶景を求めて有名スポットへ旅行に出かけなくても、道に咲いている野の花や頬をなでる優しい風や見上げた空の青さや浮かんでいる雲の形など、日常の中で目にしたり、感じたりすることができる自然からも元気をもらいましょう。

歩きながら自然と触れ合う

ウォーキングしながら山や海などの背景を眺めたり、とにかく自然との触れ合うことが、長年、私が実践していて効果がある元気になる方法です。近所を散歩するだけでも気分転換になり、心地よさを感じ、疲れた心が回復していくのを感じます。(33歳/男性)

自然の中で大声を出す

休日に山に行って思いっきり声を出して叫びます!そうすると心の中に抱えていたものが一気に解き放たれたような気がしてスッキリします。
また、山は緑が豊かなので心が落ち着き、太陽の光や風を全身で感じて下山した後は、いつも元気になっています。(18歳/男性)

山から景色を眺める男

自然の中でジョギングする

人付き合いに疲れて元気が無くなったとき、自然の中を走ります。効果抜群で、嫌なことは全て忘れてスッキリした気持ちになれます。すこし汗をかくくらいまで走るのがポイントです。晴れている日は更に元気効果がアップします。(23歳/女性)

心許せる人と過ごす

職場や学校で一緒にランチを食べたり、休み時間に雑談を楽しんだりしている仲間だからといって、必ずしも、心を許せるわけではありません。職場であれば表面的に仲良くしていても、いざとなれば手のひらを返したように態度が豹変し、トカゲの尻尾切りに遭うことだったあります。

ドライな人間関係の中に身を置き、信用している人にしか打ち明けられない悩みを抱えて心が消耗しているときなどは、一緒にいて心安らげる心許せる人が元気をくれます。家族や学生時代からの友人や恋人など、強がらずに寄りかかれる人と一緒に過ごして元気になりましょう。

友人との食事や遊びを楽しむ

仕事で疲れたり落ち込んだりしたときに、気心知れている学生時代の友達と遊びにいきます。
仕事明けに遊ぶ予定を入れれば、それまでの辛い仕事でも「やり切ってやる」というモチベーションにも繋がるし、信用できない人たちに囲まれて閉鎖的になっていた心が解放されて元気になれます。(25歳/男性)

食事で乾杯をする

家族と入浴します

仕事がうまくいかなかったり、家事に疲れてしまったり、不幸なことが重なって落ち込んだとき、私は誰よりも心を許せる旦那や子どもと一緒にゆっくりお風呂に入ることにしています。
バスルームにはテレビも携帯もないので、しっかり向き合ってお互いの話を聞くことができるし、体も温まるし、心身の汚れが落ちてスッキリして元気になれるからです。(28歳/女性)

他の人が頑張っている姿をみる

悩みに押しつぶされて辛くなるほど、「自分は世界一、不幸だ」「私だけが大変な思いをしている」「自分以外の人たちは努力もせずに幸せを手に入れている」とネガティブ思考になるのはよくあることですが、実はそうではありません。

本を読む学生

会社でも塾でも学校でも部活でも、それぞれ苦手なことを克服するために努力を重ねたり、目標を達成するために投げ出したい気持ちと闘ったりしていることに気づかされることは多々あります。

その「気づき」が「私だけじゃない」「皆も頑張っているから自分もやってみよう」という元気の源になることもあるので、少し冷静な気持ちで辺りを見渡してみましょう。

同世代の人が活躍する舞台を観劇する

パワーに圧倒されるのと同時に、頑張っている役者さんたちに勇気づけられたり応援したくなったり「自分も頑張ろう」というヤル気が湧いてきて元気になれるからです。
勿論、大御所の俳優さんから得る感動は絶大ですが、共感を得られるのは「同世代の若手の俳優さん」という所が元気をつけるポイントです。(28歳/女性)

演劇

元気の源「笑顔」も忘れずに!

仕事や人間関係などでパッとしない状況が続いたり、好きな人に想いが届かなかったり、思い通りに事が運ばなくて意気消沈することは珍しくありませんが、暗い表情でウジウジと愚痴を並べていても事態は好転しません。

思わず吹き出してしまうギャグの動画をみてみたり、鏡にうつる自分に向かってニッコリ微笑みかけてみるなど、気持ちが沈んでいるときこそ笑うことを意識すると一瞬でも心が軽くなるので試してみてくださいね。