排水口の臭い対策・水のチョイ足しと掃除で悪臭バイバイ!

排水口の臭い対策をするために、まず、ニオイの原因を調査しましょう。洗濯機や台所のシンク下の排水ホースに亀裂や隙間がないかチェックして、必要なら新しい部品を購入したり修理をしてニオイ漏れを防ぎましょう。

排水口の臭い対策・水のチョイ足しと掃除で悪臭バイバイ!

悪臭を撃退したい!排水口の臭い対策

髪の毛や石鹸カスなどを取り除き、小まめに掃除していても漂ってくる排水口からの悪臭は、部屋中に広がり玄関を開けた途端に臭ってくることもあり不快ですが、そうじしていても悪臭が改善されないということは、今まで試している掃除方法が間違っている可能性があります。排水溝の臭い対策をチェックしてみましょう。

排水溝の臭いの原因

まずは、根本的な臭いの元を知る必要があります。いくら掃除をしてもニオイが改善しないのに繰り返しパイプの汚れを落とすことに力を注いでも、排水口の臭いの原因が別にある場合は解決しません。原因を把握したら、適した掃除方法でプーンと鼻を付く嫌な臭いを撃退!

トラップの封水が無くなっている

排水口を掃除しても臭ったら、まず、「封水切れ」を疑いましょう。排水パイプには「S型」か「P型」2種類のトラップがありますが、どちらの形状でも起こり得る現象です。空気の通り道を塞いで、下から流れてくる悪臭や虫の侵入をブロックするために、トラップに溜まっているべき水が「封水」です。

排水パイプに溜まる封水の場所

しかし、長時間、使用しないうちに蒸発したり、大量の水を一気に流したことによりパイプ内で空気の圧力が変化するなどの理由から「ニオイに蓋をする役割がある封水」が無くなったり、量が少なくなって隙間ができると排水口から悪臭が漂ってきます。

トラップに雑菌が繁殖している

日常的に使用頻度が高いキッチン、洗面所、お風呂、洗濯機などの排水口には、水もしょっちゅう流れてくるのでトラップも封水が溜まった状態はキープされるのですが、水以外にも溜まってしまう洗剤カスや食べ物のカスや髪の毛などによって雑菌が繁殖すると排水口から悪臭が漏れてきます。

封水の蒸発や減少の疑いがないのに排水口から嫌な臭いがする場合は、排水トラップに溜まっている汚水が臭っている可能性があります。

排水口の蓋、ヘアキャッチャー、排水バスケット、排水トラップの蓋などの表面に付いたカビや石鹸カスによる黒ずみ汚れを落として髪の毛や糸くずなどを除去しても、排水トラップが臭いの発生源になっていれば、他の部分を掃除してもニオイは解消できません。

排水トラップに汚水が溜まると悪臭の原因になります

排水ホースに亀裂が入っている

蛇腹状のホースに僅かでも亀裂が生じていると悪臭が漏れて部屋中にニオイが充満します。手が届きにくい場所にあって、目でチェックする機会が少ない洗濯機の排水ホースなどは、長く使っているうちに劣化や排水パイプの入り口との摩擦によって傷んでいる可能性があります。

排水口の臭い対策

臭いの原因を特定したら、次は適切な方法で悪臭を撃退しましょう。掃除をしても臭いが落ちないなら、まずは排水ホースの亀裂や接続部分の隙間を疑ってください。亀裂や隙間は目で見れば見つけられますし、よく判断できない場合でも、臭いが強い箇所を補修して改善するケースもあります。
原因が分かったら、正しい掃除方法で排水口の嫌な臭いをシャットアウトしましょう!

排水トラップに水を溜める

台所の水道

排水口に手を当てたときにスーっと空気が流れてくる場合は、封水が減っている、または蒸発して無くなっている可能性が高いので、悪臭と虫をブロックする「封水」を排水トラップに溜めましょう。

数日間、留守にしていて家に戻ったとき、掃除しても排水口の臭いが気になるときに有効な方法です。

ネットでこまめに臭いの元を除去する

排水バスケットに放置した食べカスは、腐敗臭以外にも、排水溝のヌメリや詰まりの原因にもなるので専用ネットやストッキングなどを被せて取り除くこともニオイ防止に有効です。

専用ネットやストッキングを排水バスケットに被せる

ただし、排水溝ネットが満杯になるまで放置していてはとニオイは防止できません。毎日、ネットを取り換えて排水バスケットを洗うのが理想ですが、面倒な場合でも、室温や湿度が高くなる季節や食べカスの量が多くなるほど腐敗するスピードが早くなり臭いも発生しやすくなるので、最低でも2日に1回は実践しましょう。

排水トラップの異物を取り除く

洗剤を使えば落ちる汚れとは違って、パイプ内に絡まって留まりやすい髪の毛や糸くずなどが、雑菌が繁殖して悪臭を放つ原因になるほか、パイプの詰まりや水の流れを妨げて更にニオイを発生させる要因にもなるため、定期的に取り除きましょう。

しかし、S字、P字ともに、トラップは曲がった状態なので、簡単に髪の毛などの異物を取り除くことが可能な専用の掃除アイテムを使用することをおすすめします。100円ショップやホームセンターで購入できます。

排水トラップの掃除アイテムのイラスト

パイプ内の汚れを除去する

排水トラップに溜まっているヘドロ状になった水垢などの汚れも定期的に除去をして、排水口からあがってくる臭いを予防しましょう。

「塩素系」の洗浄剤は刺激が強いため、使用するにあたっては、必ず、換気を行い、他の薬物と混ぜないなど注意が必要ですが、消臭、汚れ除去の高い効果が期待できます。また、比較的、環境や肌にやさしい「重曹」も排水パイプの掃除に適しています

重曹

ケーキ等、焼き菓子の膨らませ粉としても使われる重曹(ベーキングソーダ)は、排水口やシンク台など、水回りの汚れが気になる部分に「振りかけた後、しばらく放置したら熱めのお湯で流すだけ」と簡単な方法で綺麗にできることから人気の掃除アイテムです。

排水ホースを取り換える

亀裂の程度をチェックして損傷や劣化が激しい場合は、新品のホースに取り換えましょう。補修テープで塞(ふさ)ぐことも可能ですが、ホースは消耗品なので一時的な対処法に過ぎず、毎日のように使っていると同じ箇所から再び亀裂が生じたり、別の部分が傷んできて、最悪の場合は臭いだけじゃなく水が漏れる恐れがあります。

アパートなど賃貸物件で水漏れを起こすと弁償が必要になるなど、厄介なトラブルに発展し、修理となれば時間も費用も掛かります。排水ホースの亀裂による臭いを確認したらホースの取り換えや防水パンの設置など速やかに対処することをオススメします。

排水ホース

皆がやっている排水口の臭い対策

実際に試してみて効果がある排水溝のニオイ対策を教えてもらいました。梅雨時期など、雨が降りやすくジメジメした季節に排水口の臭いが気になるという声が多く、定期的な掃除はニオイ対策に欠かせません。

ユーカリ油を使う

建物の構造に原因があるのか、封水の量には問題なく、排水パイプも徹底的に掃除してもニオイが消えずに困っていたところ、知人に教えて貰ったのがユーカリ油を排水溝に数滴垂らす方法です。

悪臭の元を断つのは無理ですが、ニオイが中和されるので不快感は軽減されるので常備しています。

ユーカリ

マメに掃除や消毒をする

数日家を空けた時は特にキッチンとお風呂の排水溝から漂う生乾の衣類のような不快な臭いが気になります。

普段は排水溝の部品を分解して磨いたり、週に2回ほど塩素系洗剤でカビや臭いの元を減らすことを心がけています。

定期的にヌメリ取りを使う

洗濯機を回した時に排水溝からの匂いが気になるのですが、次に洗濯機を回す15分ほど前に、市販されている排水溝のヌメリや汚れを取ってくれる溶剤を使用しています。

定期的に使用していたら効果が出てきました。柔軟剤を多少多めに入れて、悪臭を誤魔化すこともあります。

毎日ゴミを捨てゴミ受けを洗う

▼排水溝のゴミ受けにたまった生ゴミをこまめに捨てて、なるべく毎日、洗剤をつけてゴミ受けを洗っています。やるとやらないとでは臭い方に大きな差があることを実感します。

▼生ゴミは毎日取り除き、3日に1回くらい中性洗剤をつけた歯ブラシで排水バスケットの溝を掃除します。臭いやヌメリが気になるときは月1~2回、排水口用の洗剤を使用しています。暑い季節は特に念入りな掃除を心がけています。

流しでゴミ受けを洗う

重曹を振りかけて流す

▼長期的に水を流さず、下水の臭いが排水口から上がってきた場合は少量の水を流し、排水口内に水を溜めて臭いを押し出します。

生活汚水や生ごみなど流した際に排水口に付着する汚れ臭には、日々の掃除を欠かしません。水回りの排水溝にはカビも発生しやすいので、汚れを落とした後に重曹をふって10分ほど置いてからお湯で流していますが消臭効果があります。

▼定期的に重曹をふりかけて排水溝の嫌なニオイを予防しています。重曹をたっぷりと排水溝にふりかけた後、熱湯で溶いたクエン酸を一気に流し込みます。そのまま一晩、放置しておくとヌメリも臭いもなくなります。

ヌメリ取りと塩素系洗剤を使う

気温が高い時や梅雨時期になると排水溝から悪臭が漂います。100円ショップで購入した台所用のぬめりとりを吊り下げて、塩素系の洗剤を1か月に1回の頻度で使用していて、効果はあります。

洗剤とスポンジとゴム手袋

塩素系の泡スプレーを使う

毎日洗うのが面倒なので、汚れや臭いが気になった時だけ、泡で出るタイプの塩素系洗剤を排水溝全体にスプレーした後、5分ほど置いてから水で流しています。簡単だし、臭いや汚れもなくなります。

殺虫剤を散布する

我が家は高温多湿時に排水口からニオイが発生しやすく、特に梅雨明け時は強烈です。一般的なスプレータイプの殺虫剤を蒸し暑い季節に排水口に15秒くらい散布すると半日くらいはニオイが軽減され、腐敗臭に寄ってくる虫も撃退できるので一石二鳥です。(一軒家)

こまめな手入れが排水口の臭いを解消する

定期的に塩素系の洗剤で除菌したり掃除しているのに、玄関を開けた途端にプーンと漂ってくる排水溝の臭いには「またか…」とウンザリしますが、臭いの原因を明確にしなければ悪臭を根こそぎシャットアウトするのは難しいのです。

また、パイプなど排水溝の汚れが原因の場合は、一度、徹底的に掃除をしたとしても、ほんの数日お手入れを怠ると、排水バスケットやパイプには、あっという間に黒ずみやヘドロ状の汚れが付着します。カビや雑菌が発生しやすい条件が整っている水回りの掃除は「日々、実践すること」が何よりも大切なのです。

排水口の臭いが気になりはじめたら、まずは「原因」を探り、「適した解決方法」を試し、なるべくニオイが再発生しないように掃除やメンテナンスに励みましょう。