水垢の落とし方・面倒な汚れが簡単に落ちる方法はコレ!

水垢の落とし方のテクニックを知っていると、大掃除はもちろん普段の掃除も楽になります。キッチンシンク、洗面台の鏡、浴槽など、水垢汚れが溜まりやすい部分が、簡単なテクニックでピカピカになる方法を紹介します。

水垢の落とし方・面倒な汚れが簡単に落ちる方法はコレ!

ピカピカになる水垢の落とし方

台所のシンク、洗面台、浴槽、蛇口、便器など、水垢汚れが付着しやすい箇所が多い水周りの掃除は大変ですが、黒ずんでいたり、カルキが固まって手強そうな水垢が溜まっていたりすると、不潔な印象を受けます。

面倒だからと見て見ぬふりをして掃除をサボっていると、あとで水垢落としに時間を費やすことになり「やっぱりコツコツ水垢取りをしていれば良かった…」と、後悔する羽目になります。

洗剤と雑巾を持つ女性

実は、身近にある物やお手頃な値段で購入できるモノを使って簡単に出来る水垢の落とし方があり、併せて紹介する裏技をプラスして使えば、効率的に掃除することも可能です。今回は「水垢の落とし方」を紹介します。

鏡の水垢を落とす方法

そもそも、水垢の原因が何かご存知ですか?実は、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムといった金属イオンが、水分と一緒に蒸発できずに白い化合物として残ってしまったのが水垢なのです。つまり、水垢はアルカリ性の汚れなので酸性である“酢”を使えば簡単にキレイに落とせます!もちろん、同じ酸性の“クエン酸”も使えます。

お風呂場の鏡

鏡に付着した水垢なら、お酢を含ませた雑巾で拭くだけでもキレイに落ちますが、頑固にこびり付いた水垢汚れは簡単に落とせません。しかも、風呂場や洗面台の鏡は簡単に取り外しが出来ず、酢を吹き付けたり、塗ったりしてもすぐに垂れて落ちてしまいます。

そんなときはキッチンペーパーとラップを使った裏技を使いましょう!パックをすると酢の液垂れや蒸発が防がれるため、鏡に付いた頑固な水垢汚れへ染み込み、綺麗に落とせます。

キッチンペーパーとラップを使った裏技!

  1. キッチンペーパーを酢、またはクエン酸水に浸す。
  2. 間に空気が入らないようにしながら、浸したキッチンペーパーを貼り付ける。
  3. さらに上からラップを貼り付け、半日放置する。
  4. 半日経ったら、パックを取って流す。

クエン酸を使う場合は、塩素系の洗剤とは絶対一緒に使わないでください。混ぜると有害なガスが発生して危険です。

シンクの水垢を落とす方法

シンクは使用頻度が高いので、水垢も付きやすくなります。鏡の水垢落としのように酢やクエン酸水のスプレーやパックが有効なのは同じですが、シンクは風呂場の平面な鏡と違って洗剤の残りが水垢になっていたり、角があったりと、雑巾だけでは全てをキレイに拭き取れません。

シンクをメラミンスポンジで掃除

また、酢やクエン酸は殺菌作用があり、湿気が多く栄養になる食材が常にあるカビが繁殖しやすいシンクにはオススメの掃除アイテムです。お皿を洗う洗剤とは別に1本用意しておくと便利ですよ。

お掃除道具の使い分け裏技!

シンクの広い面に対してはメラミンスポンジ、細かい溝の部分には歯ブラシや綿棒を使って磨きます。

どちらも安価で大量に買えるので、小まめに掃除をするのに向いています。

水道の水垢を落とす方法

蛇口の水垢掃除をしている女性

水がよく飛び散るからと掃除しても水栓周りは細かい部分が多く、水垢が隙間に溜まってしまう場所です。シンクや鏡でも使っていたクエン酸を使うと、綺麗に落ちます。薬局などで市販されているクエン酸には掃除用と食用があり、どちらを使用しても構いませんが、粉末状タイプであれば濃度を自分で調節出来るので便利です。

クエン酸水を作ってスプレーボトルに詰めたり、ラップパックをしたりすると、より効果が上がります!ただしクエン酸を使う場合は、ゴム手袋を使用して、しっかり皮膚を守りながら使用するように掃除をすると手荒れの心配がいりません。

クエン酸水の作り方

  1. スプレーボトルにクエン酸を小さじ1/2を入れる。
  2. 水を100ml入れ、よく振って混ぜる。

クエン酸は、絶対に塩素系の洗剤と使わないこと。

バスタブの水垢を落とす方法

お風呂掃除をしている女性

お風呂の浴槽は抗菌などの特殊な加工がしてあるものが多いので、メラミンスポンジのような傷付けやすいもので擦ると、汚れと一緒にせっかくのコーティングまで剥がしてしまいます。

浸け置きの裏技!

浴槽の残り湯に重曹を入れて一晩浸けておき、翌日軽くスポンジで擦るだけで水垢が落ちます。もしも重曹で落としきれない水垢があった場合は、酢を使うことでより効果が得られます!

酢を使う場合は浴槽を痛める可能性もあるので、自宅の物は使っても良いかを必ず確認してから使用してください。

排水溝の水垢を落とす方法

シンクの排水口

排水溝は水垢以外にも、石鹸カスや油脂が一緒にこびり付いていることがほとんどです。まずは研磨作用のある重曹を振って、使い古しの歯ブラシなどで細かい部分の汚れも残さず一度洗いましょう!また、重曹は汚れを落とす他に、生ゴミの悪臭を取ってくれる効果もあるので排水溝にオススメです(注1)!

クエン酸水+重曹の裏技!

洗い終わっても重曹は洗い流さずにしておき、その上からクエン酸水(または酢)をかけます。2つが反応してぶくぶくと泡を立てるので、1~2時間そのままにしておけば残った水垢も綺麗に落ちるでしょう。

2つを混ぜて出てくる気体は炭酸ガス(二酸化炭素)なので心配は不要ですが、念のため換気はしっかり行ってください!

水垢汚れに困ったら酸性を!

水垢の汚れに全般的に“酸性”が有効なので、覚えておきましょう。身近な食品で代用してもいいですが、洗剤を選ぶ際にも酸性のタイプを選ぶと掃除がしやすくなります。

清掃用具のイラスト

ただし、酸性は鉄や人工大理石を溶かしてしまったり、肌に付くと皮膚炎を引き起こしたりする可能性もあるので、使えるものかどうかを確認したり、ゴーグルやゴム手袋を使ったりして、安全に掃除しましょう。

掃除が終わって洗い流すと、新品のようにピカピカに輝いているのを見ると、気分がとても良くなるでしょう。再び水垢を溜めないように、一度使ったら水垢の原因になる水道水の水滴は小まめに拭き取る癖をつけると、スッキリした水回りを長く維持できるようになります。気持ちの良い環境で気分を上げながら日々の生活を快適に送りましょう!

参考文献