引越し業者選び方・料金が安くてもサービス内容は大丈夫?

引越し業者の選び方で忘れてはいけないのは「価格」だけではありません。費用を抑えるために安く依頼したばっかりに、手間が増えて会社を休む羽目になる本末転倒なケースもあるのです。

引越し業者選び方・料金が安くてもサービス内容は大丈夫?

安さだけで選ぶのは間違いかも!引越し業者の選び方

多くの方が引越し業者を探すときに「複数の引越し屋さんに見積もりを依頼して、一番安い会社を選びたい」と考えると思いますが、価格だけ重視した引越し業者の選び方には失敗するリスクがあります。

価格を抑えるために運送業を兼用している激安の業者へ依頼したものの、運搬中に大事な荷物や新しい部屋の壁などを傷つけてしまったときに業者が弁償してくれないケースもあるため、引越し業者の選び方には慎重さが求められます。

「急な転勤で引越しを急いでいるから、料金が高くても確実で安心な業者が良い」「単身で荷物の量が少ないから運搬だけ頼みたい」「高級ブランドのバッグやインテリアが多いので、きちんと梱包できる業者が良い」など、引っ越しを依頼する人の考え方、経済的状況、環境などによって、引っ越し業者の選び方は変わってきます。

さて、あなたは、どんなタイプの引っ越し屋さんを選ぶべきなのでしょうか?

引越し業者のメリット・デメリット比較

パソコンを使っている引っ越し業者

引っ越しが決まってから「見積もり一括サイト」などで料金を比較するときに、サービス内容等を含めて考えると、どこの引越し業者を選んだら良いのか迷いますよね…。

まずは、引越し業者の選び方の悩みを解決すべく、タイプ別にメリットとデメリットを比べてみましたよ。

運送業と兼業で引越しも請け負っている業者

運送を本業としているため、荷物の運搬に関してのノウハウや技術は高く、コマーシャルなどでも知られている会社が多いです。

【メリット】
・大量の荷物を迅速に配送してくれる。

【デメリット】
・料金は高めとなり引っ越しサービスはパックになっていることが多いので、細やかな希望には応えてもらいにくい。

引っ越し専門業者

引越しが専門のため、複数パターンの引っ越しに対応できて、細かい要望にも応えてくれる。料金も良心的でオプションを減らすことで金額を抑えられます。

【メリット】
急な引っ越し、難しい場所への引っ越し、荷造りから開梱まで希望に応えてくれる。

【デメリット】
人気があるため、繁忙期には予約が取れにいことがある。

軽貨物引っ越し業者

主に軽トラックを使用し、少なめの荷物を運びます。

【メリット】
荷物を運ぶだけのため、費用を格安に抑えられる。

【デメリット】
破損しないように梱包を工夫するなど「引越し業者専用のノウハウは持っていない」ので、引っ越しに慣れているのであれば、業者に指示をする必要がある。

地域密着型引っ越し業者

地域に根ざしていてクチコミの影響が大きいため、親切で細やかな対応をしてくれます。

【メリット】
親身になってくれる。料金やオプション等も融通が利く場合がある。

【デメリット】
業者によってノウハウや技術に差があるので、評判をチェックする必要がある。

自分に合う引っ越し業者の選び方

ダンボールとトラック

料金が安くてサービスも充実していれば文句なしに選びたいところですが、残念ながら全て完璧な条件を備えている引越し業者やプランはありません。

搬出、搬入のほか、高額なオプションをつけて追加料金を支払ってでも、梱包、荷解き、掃除、ゴミの処分まで、ほぼ全ての作業を引越しスタッフに任せられることに価値を見出すか?自分自身も率先して動く代わりに激安価格を望むか?また、転居する期限が間近に迫っている場合は、予算が掛っても対応できる業者へ依頼せざるを得ないこともあります。

引越し業者選び方・大手が適している人

ダンボールを持った引っ越し業者

ネームバリューがあってノウハウも充実している大手の引っ越し業者は運送のプロなので、安心して引っ越しを依頼できます。繁忙期でもアルバイトを使わない業者も多く、すべて社員が行ってくれるという強みがあります。

その分、料金は高めに設定されていますが、ほとんどの希望に対応してくれるので「時間がない人」「体調が悪い中、引っ越しをしないといけない人」「家族が多くて荷物が片付かない人」にはとても便利な引っ越し業者なのです。

大手引っ越し業者」を選んだほうが良いケース

・初めての引っ越しで何から手をつけたら良いかわからない
・梱包、開梱だけではなく諸手続も依頼したい
・小さい子供や介護を必要とする人がいる
・自身の体調が良くない
・遠距離の引っ越しで荷物が多い
・ピアノなど特殊な運搬技術が必要な引っ越し

テキパキ作業してくれる大手の業者へ依頼すると安心です。また、保険加入もきちんとしている大手の業者は補償があるので、破損や紛失など、万が一のことを考えると「高級品の所有物が多い人」にも適していて安心です。

引越し業者選び方・中小が適している人

音物を持ち走る引っ越し業者

中小の引っ越し業者の魅力は料金を抑えられるところです。地域密着型の業者や軽貨物引越業者はノウハウに差があるので、口コミなどを確認して依頼すると失敗が少ないです。

「中小引っ越し業者」を選んだほうが良いケース

・荷物も貴重品も少ない
・ある程度、自分で梱包ができる
・引っ越し経験が多く、作業員に指示を出せる
・単身赴任や学生、二人程度の引っ越し
・不要なオプションをできるだけ省略したい

地域密着型の引っ越し業者は地域の口コミに支えられているので、きめ細やかな対応をしてくれるので、要望に応えてくれそうなら前向きに依頼を検討して下さい。お得な料金になのに充実したサービスも受けられ、満足のいく引っ越しが可能になります。

メリットは大手のように広告費にコストをかけていないので、その分、料金が抑えられるところと、困ったことがあっても、相談すると地域のネットワークを駆使して要望に応えてくれるところです。

例えば、ゴミ処理に困っているならリサイクル業者を紹介してくれたり、衛星アンテナやエアコンの取り外しでは電気工事関係の業者を紹介してくれることもあります。

注意が必要なポイントは、荷物が多い場合です。4トントラックを持っていない業者もいるので、見積もり時に訊ねてみましょう。

また、新しいノウハウを取り入れていない業者の場合、住居の壁や階段、荷物に傷がつかないようにシート等で保護する養生(ようじょう)など、引っ越し業界では当たり前のことを行なわないケースもあるので心配です。疑問に思う点は箇条書きにして訊ねてみると良いです。

引っ越しを経験した人たちからは「業者の大小よりも作業員の対応で満足度が変わる」という声が多く寄せられているので、ネームバリューだけに囚われる必要はありません。

注意すべき引越し業者が絡むトラブル

1.引越し作業で発生する近隣への迷惑

ミニチュアの家

引っ越しのトラックが通路をふさいで、自転車や自家用車が出せないなどの苦情を言われることがあります。もちろん、近隣への配慮に長けた引っ越し業者(スタッフ)もいますが、全てがそうとは言い切れないので、引っ越しの依頼主が状況判断をして的確な指示を出すことが必要になるケースもあります。

また、今後、顔を合わせる機会が増える近所の住人たちの負の感情を煽らないように、引っ越し当日(または前日までに)、「○月△日の□時から△時位までの間、トラックがアパート前に駐車するので、御迷惑をおかけしますが宜しくお願いします』と、引っ越し作業を行なう具体的な日時を伝えて、丁寧に挨拶をしておきましょう。また、エレベーターを占拠することもあるので、管理会社に相談して掲示板に貼りだしてもらうなど住民への配慮も必須です。

2.荷物や住居の破損

引っ越しで割れた皿

ほとんどの大手引越し業者の場合は、荷物の搬入や搬出の際に、住居、通路、エレベーターまで完璧に養生(ようじょう)して傷をつけないように配慮をしてくれるので安心なのですが、個人営業など、規模が小さい業者に依頼した場合は、養生の必要性を感じていない、または、知らないこともあります。

荷物や住居をスタッフが作業中に破損させた場合に保険等で補償してくれるか?という点も、引っ越し業者の選び方には欠かせない重要ポイント。「激安料金だが破損等の補償ナシの業者」を選んだ場合は、完全自己責任になるので注意して下さいね。

3.契約より高い金額の請求

電卓とダンボール

見積もりをして契約した後に「オプションをつけなければ追加料金は一切かからない」と告げられていても、なぜか追加料金を請求されることがあります。

引き払う部屋から荷物を搬出したり、新居へ搬入したり、家具を配置したり掃除したりと…、引越し作業というかなり慌ただしい状況を利用して、どさくさ紛れに追加請求をする悪徳業者もあるので、事前に説明を受けていない料金を追加請求されたら、スタッフに目の前で本社に電話を掛けてもらい確認をしましょう。追加オプションをつけない限り、追加料金は発生しません。

引越し業者選らびのポイントは「何を重視するか?」

お金をかけたくない人、時間と手間をかけたくない人、自分でできるだけ準備したい人、それぞれに合った引っ越しのカタチがあります。独り暮らしで荷物量もそれほど多くなく、自ら率先して荷物の梱包、搬出、搬入まで手伝ってしまう性分を自覚していているのなら、運搬をメインにやってくれる小規模の引越し業者に依頼するなど、上手に選んで満足いく引っ越しをしてくださいね。