なりたい自分になるためにやっていることまとめ

なりたい自分になるために日頃から実践していることを調査してまとめてみました。「こんな自分になりたい」と、理想の自分をイメージしてもなかなか上手くいかない…という失敗は誰もが経験したことのあるものです。

なりたい自分になるためにやっていることまとめ

なりたい自分になるために私がやっていること

テレビに出ている芸能人や雑誌のモデルさんを見て「あんな風になりたいな~」と感じたり、身近にいる職場の上司や同僚、学校の先輩、友達で素敵な人がいると「こんな風になりたいな」と感じたことは誰もが一度は思うことです。

なりたい自分をイメージすると、メイクやファッション、振舞い、考えかたを変えて憧れの人に近づく努力をしますが、そう簡単には変われずに苦労してしまうものです。なりたい自分になるためには、たくさんの努力や行動力が必要ですが、どうすればいいものか悩んでいるうちに結局後悔することも…。そこで、みんなが実践している「なりたい自分になるためにやっていること」を紹介します。

考えかたや価値観を変えてみます

考えかたや性格は、幼い頃からの環境や潜在意識で変えることがなかなか難しいものです。大人になればなるほど、改善が難しくなりますが視野を広げることが大切です。

相手に興味を持つ

自分の価値観を広げ、人に対して柔軟な人間になりたいので、これまで選択してこなかったものを選び「自分と合わないな」と思ってもその人の性格を否定しないように心がけています。
相手に興味を持って接することで自己嫌悪が減り、心に余裕が出てきて自信がつきます。まだまだなりたい自分には程遠いのですが、雰囲気を褒められることも出てきたので、もっと人に向き合って自分を広げたいです。(30代/女性)

楽しく会話する女性たち

メンタルを強くする

仕事でメンタルの強い人間になりたいです。仕事をしていく上で「誰かのために働く!」と思うとプレッシャーに押しつぶされそうになりストレスが溜まるので、考えかたを柔軟に変えられるように努力しています。(20代/男性)

ポジティブになる

前向きな考えで明るく笑顔の人に憧れます。自分なりに努力していることは、誰に対しても優しくすることです。
前向きな考えになることはなかなか難しいものですが、本を読んだりしてポジティブな考えになるように頑張っています。(40代/女性)

情報に惑わされない

前向きな自分になりたいのですが、SNSによって情報に惑わされることが増えました。そこで、目に入った情報をなんでもプラスに考えるようにして、周りに惑わされないように心がけています。
前向きな自分を想像し、なりたい姿を思い描くことで、どんなことも頑張れるようになりました。
疲れた時は休憩してもいいと、自分を追い詰めすぎないことも大切です。(30代/女性)

行動を変えています

いつも無意識のうちにとっている行動や習慣を変えることで、なりたい自分への近道になります。行動することには勇気が必要ですが、なりたい自分を実現するために大切なことです。

外見で判断しない

内面の綺麗な人になりたいです。生きていると様々な人に出会いますが、どんな人に会ってもその人から学べるところを見つけて謙虚な姿勢でいるようにしています
人を外見だけで判断せずに接していると、心を開いてくれる人が増えました。(30代/女性)

やることをメモする

日頃から予定を立てるのがへたくそで、ズルズル先延ばしにしたり、用事も溜まっていくばかりでした。
気になっていてモヤモヤするばかりで「これじゃいけない!」と思い、その日にやることや今月中にやることなど期限を決めて机に貼って消していくようにしました。
線で消してあるとストレスも解消されて、予定や用事を忘れることがなくなりました。(40代/女性)

コーヒーとメモ帳

常になりたい自分を意識する

内側から気品が溢れていて、透明感のある女性になりたいです。
現実の自分は全くの正反対なので、寝る前に大きく深呼吸をして理想の女性像をイメージして、実現につながると考えています
また、日頃からなりたい自分を意識して行動や振舞いを変えています。(30代/女性)

気分良く過ごす

周囲の人に優しくできるように、まず自分がいつも気分良く過ごすことを心がけています。
それでも、イライラしてしまう時にはしばらくひとりになって6秒間目を閉じ、我慢をしてみます。(40代/女性)

お手本を見つけて実践する

歳を重ねても、上品でおしとやかな女性でいたいです。そのために、まずは歩きかたが美しくなるように心掛け、アルバイト中などに理想の人を見つけたら見習い、悪い例なら反面教師にしてます。
ネットで見かけた情報も参考にしながら少しずつ行動を見直しています。(10代/女性)

なりたい人の真似をする

憧れの人の外見や行動を真似してみると、自然とその人に近づくことができます。外見だけでなく行動や振舞いも観察してみるとなりたい自分にもっと近づけますよ。

考える前に行動

いつもは「どうしよう…」と、行動せずにじっとして考えてばかりでした。憧れている人が「考える前に行動」と話していて、勇気を出して色々なことに挑戦してみました。
たくさんのことに挑戦していると、今まで知らなかった自分を発見できるので、なりたい自分になるために「行動力」を大切にしています。(30代/男性)

走るビジネスマン

朝型に改善

経営者のほとんどが早起きをして1日がんばっていることを、本で読み、朝から元気に働ける人になりたいと思うようになりました。
そのため、夜更かしする習慣を直し、毎朝5時半に起きることを心がけています。
そのおかげで毎朝ゆっくりできる時間が増え、読書や自己啓発に取り組んでいます。仕事でも午前中からテキパキと働けるようになりました。(30代/男性)

自分らしさもプラスする

なりたい人の真似をしてみて、徹底的に真似することからはじめています。憧れの人の外見や振舞いなどを研究して、いいところを吸収します
ある程度習慣や行動が変わったら、自分らしさが出るように工夫をすることが大切です。(40代/男性)

明るく話すようにした

人見知りでネガティブな自分が大嫌いでしたが、アルバイト先で出会った年上の先輩のおかげで、人見知りを克服出来ました。
先輩は、明るくて仕事も出来て、とにかくみんなから信頼されていました。
先輩に憧れて、先輩の真似をするようになってから、初対面の人と平気で話せるようになれました。(30代/女性)

笑顔で会話する女性

何事も早めに取り掛かる

職場の先輩のような女性に憧れています。先輩はとても仕事が早く優秀で、周りのフォローもできる人です。ミスも多く自分の仕事で精一杯な私は、周りに気を配る余裕がなかったのですが、先輩の姿を見て憧れました。
先輩のようになるために何事にも早めに取り掛かるようにし、周りの様子も確認するようにしています。
早めに取り掛かることで気持ちに余裕が生まれ、以前に比べてミスも減ってきました。(20代/女性)

行動して知識を増やす

意識高い系男子を目指しています。色々なお店を知るためによく外食をしたり、たくさんの場所へ旅行をしています。
流行にも遅れないよう、なるべくインターネットなどで知識を付けるようにしています。(30代/男性)

なりたい姿を口に出す

「言霊」という言葉もありますが「こうなりたい!」という願望を口に出してみます。誰かに聞かせているうちに、行動や意識が変わって自然となりたい自分に近づくことができます。

憧れの姿を言い聞かせる

本当に「なりたい自分になる!」と決意して言葉に出すことで、日常的にそうなるための努力をするようになります。心の中では、憧れの自分をイメージして、自分に言い聞かせることが大切です。(20代/男性)

空に向かって手を広げる女性

痩せる宣言をする

「なりたい自分の姿をイメージして、口に出して言うといい」と教えて貰い、日頃から実践しています。
ダイエットをしていた時に「私は痩せてビキニの似合う自分になる!」と、友達や周りの人にずっと言っていました。おかげで無理なくキレイにダイエットに成功しました。(30代/女性)

外見を変える

ダイエットやメイクで外見を変えることは、自分で見ても他の人が見てもわかりやすいので、努力の甲斐が見えやすいものです。なりたい自分になるために、とくに女の子は努力を欠かせません。

ヘアケアに力を入れる

金髪や茶髪など髪色をコロコロ変えていました。ある程度落ち着いて、現在はサラサラの綺麗な黒髪女性に憧れています。
髪質改善のために、ノンシリコンシャンプーを使い、トリートメントをしてヘアオイルを塗っています。面倒でもお風呂上がりのドライヤーは欠かせません。天使の輪が復活させたいです。(20代/女性)

ヨガに通い始めた

スタイルがいい女性に憧れています。子どもの頃から太っていて、大人になるにつれて少し痩せましたが、それでもぽっちゃりという表現がピッタリです。
このままでは年を重ねるごとにまた太ってしまいそうで、怖いのでヨガに通い始めました。(20代/女性)

ヨガをしている女性

コミュニケーションを多くとる

笑顔が素敵でスタイルもよく、自信をもっているような女性になりたいです。
人見知りでなかなか笑えないので、改善するために多くの人と話す努力をしています。スタイル維持のために普段から多かった間食も減らしました。
しっかり出来るようになれば自然と自信もついてくると信じて努力しています。(20代/女性)

どんな時も笑顔を忘れない

笑顔の絶えない家庭的なママになりたいです。初めてで慣れない子育てに疲れきっていて、それどころではありませんが、暗い顔をしていては子どもに悪影響なので、疲れたときは見えないところでそっと泣いたり、時にはやけ食いをして、子どもにはどんなことがあっても笑いかけています。
ゆっくり笑顔のママになれたらいいな、と日々努力しています。(20代/女性)

食生活を見直す

若々しいママになりたいのですが、去年出産して一気に老け込んだ気がしたので、食事を見直して酵素を取り入れるようにしました。
朝、牛乳などと一緒に生の野菜や果物をミキサーにかけて飲んでいます。簡単に出来て、栄養のバランスも豊富なのでおすすめです。
はじめてから肌が潤ってきました。(20代/女性)

イライラや否定をしない

イライラしている時には、自分だけでなく周りにも影響を与えてしまうこともあります。イライラや否定を繰り返していると、自己嫌悪にも陥るので、改善していきたいものです。

気持ちを落ち着かせる

2人の子どもが言うことを聞かない、いけないことをするとイライラしてついついヒステリックに怒ってしまいます。私の母はヒステリックな部分があり、子どもの頃に嫌な思いをしているので、自分の子に嫌な思いをさせないよう日々穏やかに過ごすように心がけています。
イライラした時は子どもの寝顔を見たり、新生児だった頃の写真を見返したりして、気持ちを落ち着かせています。穏やかで優しいママになるために日々努力を欠かせません。(30代/女性)

森の中でリラックスする女性

細かくチェックをしない

家族が思い通りに動いてくれないとイライラしてしまうので、いつも家族に対して笑顔で、注意するときも優しく言えるようなお母さんを目指しています。
そのために、家族の行動はいちいち細かくチェックせずに幼い子どもだと思うことにしました。
「子どもだから完璧じゃなくて当たり前!」と、考えられるようになってあまりイライラしなくなりました。(40代/女性)

相手の好みを否定しない

自分も同じように好きになる必要はないのですが、視野を広げるためにも相手の好きなものを理解することが大切だと感じました。
自分が良いと思えない、好きではないものでも、否定しないように心がけています。性格ブスにならないためにも日頃から気をつけています。(40代/女性)

気持ちをコントロール

短気を少しでも改善して笑顔の多い人になりたいです。
そのために、周りにいる笑顔の多い人の言動や行動を見習ったり、心理に関する本を読み、気持ちをコントロールするようにしています。
以前よりは何事も「まあいいか」と思える事も増えて、まだほんの少しですが短気が改善されつつあります。(40代/男性)

家事を頑張っています

家庭的な女性は、男性から好まれるだけでなく女性から見ても素敵です。料理上手な人や家事を出来る人は女性らしさがあります。家庭の居心地をよくするために、家事への努力は欠かせません。

家事を完璧にこなす

家庭的な女性になりたいので、料理や掃除などは手を抜きません
テレビで見た掃除術なども進んで実践しています。ただ家事をこなすだけでなく、節約や時短になるように工夫も忘れません。
綺麗な家、美味しいご飯、居心地がいい家庭を維持できるようにこれからも頑張りたいです。(20代/女性)

料理を作る女性

レシピ本で勉強する

料理は嫌いじゃないのですが、自分で考えて作るといつも失敗してしまいます。
料理上手になりたいので、ネットでレシピを調べたり、本を買ってきてレシピ通りに作っています。
続けているうちに慣れてきたのか、レシピ通りにしなくても多少アレンジして、家にあるものでご飯が作れるようになってきました!(20代/女性)

料理に手間をかける

料理に手間をかけられる人は生活を楽しんでいて、輝いているので憧れです。
料理に手間をかけるために、日頃からかつおや昆布で出汁を取るようにしたり、ドレッシングを手作りしています。おかずもできるだけ4品は作るようにしたり、料理に時間を掛けてなりたい自分になるための努力を欠かせません。(30代/女性)

なりたい自分になるために!今すぐできることもたくさん

なりたい自分になるために、今すぐできる簡単なこともたくさんあります。1日でもはやくなりたい自分になるために、できることから早速行動してみることが大切です。「あの時こうしていたら…」「こうすればもっと…」と、後悔して終わせないようにするためにもできることから実践してみてくださいね。