スマホが水没!少しでも携帯の復活率をあげたいならNGな対処法

海水浴に行くときは、スマホを密閉できるナイロン袋に入れて水分や砂などが入り込まないように注意が必要!塩分が含まれた海水は、真水で濡れてしまった対処法では完全復活はかなりキビシイ!

スマホが水没!少しでも携帯の復活率をあげたいならNGな対処法

実はNG!スマホが水没したときの対処法

「ポケットに入れたまま洗濯しっちゃった」「水洗トイレに落とした」「ケンカして彼女(彼氏)に携帯を水のなかに放られた」など、ガラケーが主流だった時代から、携帯の水没は日常的に起こり得ることですね。

現在は、iphoneなどスマートフォンが主流ですが、機能が増えて便利になった分、破損や水濡れなどによって携帯データが消失してしまったときのショックは計り知れないもの。

携帯が水没したらアプリや友人のアドレスなど、大切なデータの復旧は可能なのか?「どうしよう…」と、突然のことでパニックになってしまい慌ててしますが、あなたの対処法次第で水没したスマホが復活するかどうかが決まるのです。

多くの人が信じてやってしまうことが、実は致命傷に!動かなくなったスマホを片手に気づいたのでは遅いのです。水没した時にやってはいけない「NG対処方法」と「やってみる価値ありな方法」を紹介!

1.慌ててカバーを外さない&スマホを振らない

タイトル

とにかく中に入り込んだ水を「早く拭いてしまおう」「早く出してしまおう」という心理が働き、焦って短時間で処理しようとますが、以下の行為はNG!

  • 乱暴にスマホのカバーを外す
  • 水を出そうとしてパンパンと叩く
  • 上下前後にスマホを振って水分を振り落そうとする

 

このような対処法は、まだ水が浸っていないところにまで濡らしてしまう危険が!しかし、そのまま何もせずに放置しておくことも問題なので、以下のことに注意をしながら慎重に作業してください。

  • 慌てない!
  • ゆっくり、そっとカバーを外す!
  • 「擦って拭く」のではなく「吸いとる」

※タオルかペーパータオルで水分を丁寧に!

2.ドライヤーの熱風で乾かさない!

ドライヤーで壊れた

「濡れたら乾かそう!」という心理から、ドライヤーの熱風を利用して一刻も早く乾かすことを試みる人も多いのですがこの対処法もNG!

なぜなら「熱」が原因で、ものすごく精密で繊細にできているスマホの基盤の破損に繋がることがあるから。もし、ドライヤーを使うのなら「熱風」ではなく、スマホから少し離して優しく冷風を当てるようにしましょう。


こんな乾かし方がある!

☆エアコンを「除湿モード」に設定し吹き出し口に約2時間置く!
※設定温度は「室温と同じくらいに保つ」

じっくり乾かすときはこんな方法も!

☆塩化カルシウムが含まれた「水とりぞうさん」の上に載せる!
————————————–
※ファスナー付きのナイロン袋で1週間ほど密閉する
※スマホに塩化カルシウムが付着しないように注意!

塩化カルシウムの他にも「生米」にスマホを埋めて水分(湿気)を吸収させることにより、乾燥させる方法もあります。

3.何度も電源オン&オフしない!充電しない!

トイレなどで数秒間、水に浸ってしまったときなどは、正常に動作するのかどうかが真っ先に気になるものです。もし電源がオン状態になっていたとしても、一旦、ショートなどを避けるために水没したスマホの電源はすぐ落としましょう。

これ重要!

電池パック/SIMカード/SDカードは「すぐに」取り外す!

次にNGな対処法としてやってしまいがちなのが、スイッチの連続「オン&オフ」。スマホが作動するか確認するためのこの行為によって、ショートしてしまい、各メーカーでのデータ復旧の望みさえなくなってしまうことも。

—————————————————

また、電源パックとSIMカードなどを外したまま、風通しのよいところで何日間か放置して、完全に乾いたことが確認できてから電源を入れるようにしましょう。スマホの復活に確実性を求めるのであれば、早めにDoCoMoやAU、Softbankなど各ショップに持ち込むことをおすすめします!

こんなケースは復活がキビシイかも…

水に濡らしてしまったり浸してしまった場合でも、早めに正しい対処をすれば復活させる可能性は高くなりますが、以下のような「不純物が含まれた水分」に浸かってしまうと専門業者でも復旧には手を焼くといいます。

  • 海水
  • 泥水
  • ジュース類
  • 洗剤が混ざった洗濯水など

 

海水浴に行ったときやカフェでコーヒーなどを飲んでいる時には注意したいですね。

水以外のもので濡らしてしまったら?

☆電池パック、SIMカード、SDカードを外し、放置しないで業者へGO
☆思い切って真水で洗う(完全な補償はなし!)

デリケートなスマホの扱いは慎重に!
バックアップも忘れずに!

バックアップ

ちょっとした衝撃には耐えてくれるスマホですが、あくまで精密機器なのだということを忘れてはいけません。水に濡れて慌てて間違った扱いをしてしまっては後の祭り…。

大切な人との画像など、二度と復活できない状態になって後悔はしたくないですね。もしもの故障のときのために、データをきちんとバックアップしておくと安心ですよ。