通勤時間の有効活用術・ちりも積もれば力になる

通勤時間は総務省統計局の調査によると1日1時間程度とのデータがあります。この時間を有効活用して有意義なライフスタイルを送りましょう。目標を立てて継続している人の体験談を添えて紹介します。

通勤時間の有効活用術・ちりも積もれば力になる

通勤時間の過ごし方で将来が変わる

日頃の通勤時間で他の人を観察すると、スマホでSNSやニュースをチェックしている人、音楽を聴いている人、本や新聞を読んでいる人、など多種多様な光景が目に入ります。

この空き時間をダラダラ過ごしていると、1か月、1年後には大きな時間を損することになってしまいます。この貴重な時間を活用して自分の生活を有意義にしましょう。

通勤時間の統計データ

日本人の通勤にかける時間はどれ位なのか知っておきましょう。 通勤時間の中位数は全国で27.8分、東京近郊エリアの関東大都市圏に限れば45.9分となっております。(注1)

生活環境によって通勤時間が変わりますが、往復で考えると1日のうち約1時間近くは通勤時間を過ごしていることになります。

時間を計算する女性

1週間で計算すると約5時間
1か月で計算すると約20時間
1年で計算すると約240時間

1年で丸10日分もの時間量を通勤にかけている計算になります。ちりも積もれば山となるとはまさにこのことです。この時間を何もしないで過ごしていてはもったいないです。時間を有効活用できれば、ちょっとしたスキルを身に着けることくらいは可能です。

電車・バス通勤の時間の有効活用

公共交通機関に乗っているときは、待っているだけで目的地に着くことができます。目線や手を自由に活用できる状況なので、集中して物事に取り組むチャンスです。反面、周りに人がいるため、持ち込むものや声や音には注意する必要があります。

電車でタブレット作業をする女性

電車・バス移動の時間活用術 体験談

通勤手段に電車やバスを利用している人で、実際に毎日の習慣として行っていることを聞いてみました。

スマートフォンで電子書籍を読む

私は毎日、片道40分電車に乗っています。スマートフォンに電子書籍を購入しました。電子書籍で、自己啓発の本を読み、時間を有効に活用しました。
好きな音楽を聴きながらスマートフォンで本を読むので通勤中に勉強することができました。

資格の勉強をする

電車で資格の勉強をしていました。職場では仕事で勉強できる暇がなく、帰宅後は疲れて勉強にあまり気分がのりません。そのため、まだ体力がある通勤時間に、短い時間ですか勉強するようにしていました

ビジネス本や自己啓発本を読む

バス通勤をしています。この時間は片道25分ぐらいなので往復ですと1時間弱になります。有効に使おうとビジネス本や自己啓発本を読む時間にしました。
気持ちも前向きになりますし、勉強も出来たので良かったです。本なので重くならないように小さめや軽い本を選んでいました。周囲の人にも迷惑にはならなかったと思います。

TOEICの勉強をする

電車で通勤していました。毎日40分車内で過ごしている間は、スマホアプリのTOIECのリスニング教材を聞いて時間を有効活用していました。イヤホンをしていたので周囲の人たちには迷惑をかけていないと思います。
1日に40分の往復時間をTOEIC対策にあてていたのでスコア120点アップできました。

ポイントサイトや簡単なタスクをする

私の通勤時間20分程度です。あまり大した時間がないのですが、その時間を利用して登録しているポイントサイトの簡単なタスクをこなしています。1つひとつは小さいですが、塵も積もればなんとやらで、一年続けるとちょっとしたお小遣いになります。

満員電車でも時間を無駄にしないために、スマートフォンの電子書籍やアプリを利用している人が多いです。

車通勤の時間の有効活用

車内で1人だけの通勤が多いので、周りの目や多少の音は気にしなくてもいいことが大きなメリットです。デメリットとしては、文字を読むことや手を動かす作業は困難なことがあげられます。

車を運転する女性

電車・バス移動の時間活用術 体験談

通勤手段に自家用車を利用している人で、実際に毎日の習慣として行っていることを聞いてみました。

ラジオでニュースを聴く

朝の通勤時間にラジオでニュースを聴いています。そのぶん朝はテレビでニュース番組を見ずに寝ています。少しゆっくり寝ることができますし、ニュースのラジオを聴いていると朝から通勤中にボーっとしないで1日やる気になります。

カラオケの練習をする

私は昼勤務、夜勤務と入れ替わりで仕事をしています。通勤方法は車で約15分です。その時間を用いて行うのは「カラオケ」です。
朝出勤にはマスク着用で口の動きがわからないように、夜出勤では他の車が走っていない(田舎)ため、そのまま歌っております。もちろん近隣の方の迷惑となるので窓は閉めて歌っています。
しかし熱中しすぎていたのか、信号待ちで隣に車が停まっていた事に気が付かず最後まで歌いきったある日の事です。出社後に上司に呼び止められ「何を歌っていたの?」と聞かれました。見られていたのです。
その時は顔から火が出るほど恥ずかしかったのですが、今となってはその上司とはカラオケ仲間です。休みが合えば毎回のようにカラオケへと行きます。

英会話のフレーズCDを流す

英語の簡単な日常会話で使うフレーズのCDを流していました。マイカー通勤だったので、周りの目を気にせずに暗記できました。スピーキングもできるので上達も早かったです。
旅行が趣味なので、海外で簡単な英語が少しでも話せれば、移動や食事に役立つと思い継続しています。外国の人とも意思疎通ができるようになっていて嬉しかったです。

車内のオーディオを活用した方法が主流
多少の声を出しても大丈夫

習慣化して充実したライフスタイルを目指そう

電車の待ち時間を活用する女性

通勤時間を有効活用する方法を紹介してきましたが、大切なことは目標を立てて継続することです。最初の頃は上手くいかなくて挫折してしまうこともあります。しかし、習慣化して継続することで、徐々に成果が出始めると効果が実感できるようになり、目標を達成する喜びを味わえます。

通勤時間の活用方法は目的によって変わります。自分磨きのために何が必要か、色々と試しながら自分に合った方法で通勤時間を有意義に過ごしましょう。