きれいな字を書いて美しく教養がある女性に見られるためのコツ

パソコンやスマートフォン中心になり、文字を直接書く機会が減っています。お礼状やサイン、申請書などイザという時にきれいな字を書くための、簡単なコツを紹介します!

きれいな字を書いて美しく教養がある女性に見られるためのコツ

「字が汚い」コンプレックスから抜け出そう!

きれいな字が書けないと、イザという時に困りますね。

日常生活や仕事でも、パソコンやスマホが中心となった為、直筆で文字を書く習慣が減っています。
「文字は人なり」と言われるように教養や人柄まで表れてしまうものなので、「書く機会」に備えた女性に、ペン習字は根強い人気があります。

「もうチョット何とかならないものか、自分の字。」

という方に、綺麗な字を書くためのちょっとしたコツを紹介します。

きれいな字を書くためにはイメージってけっこう大切です

ただ漠然と「きれいな字を書きたい!」と思っても上手くいきません。
脳の中に具体的な「書きたい、美しい文字のカタチ」がないと再現するのは難しいのです。

まずは、「こういう字が書きたい」と具体的に理想の形をイメージできるようにしましょう。

きれいな字のイメージ

きれいな字の書き方1
ペンは正しく・力を入れずに持つ

ペンを正しく持つことが基本です。

ペンは親指と、中指の爪の根元から第一関節までの辺りで持ち、人差し指を添えます。
この時、余計な力を入れない、というのが大事です。

きれいな字の書き方2
真っ直ぐ・一直線、が基本

曲がっていると美しさを損ねてしまうので、真っ直ぐな線は真っ直ぐ引くことが大事です。

また、字の並びも縦書き・横書きにかかわらず、一直線にします。
隙間も均等にすると、より綺麗に見えます。

きれいな字の書き方3
全体のバランス

美しさを大きく左右するバランス。

  • 漢字が左右に分かれている場合は左を小さく、右を大きくすると綺麗に見えます
  • 上下の場合は同じ大きさにします
  • 画数の多い漢字は大きめに、少ない漢字やひらがな・カタカナなどは少し小さめに
  • 横長よりも縦長にする

文字のバランス

きれいな字の書き方4
横棒は若干右上がり

  • 横棒・縦棒は複数ある場合は等間隔に真っ直ぐ
  • 横棒は若干右上がりに
  • 算用数字は若干右斜めにして縦長に

例え字が下手でも、丁寧に書くだけでかなり印象は変わります。
でもどうせならきれいな字を書きたいものですね!

理想とする「美しい文字のカタチ」のお手本を探して練習してみましょう!

上へ戻る