婚活に疲れた人を救う6つの対処法

すっかり結婚相手を探すことに嫌気がさしてしまったものの、心のどこかでまだ希望を捨てきれないのなら!一度、運命のパートナー探しを意識的に止めてみましょう!余裕が生まれて一気に道がひらけるかも!

婚活に疲れた人を救う6つの対処法

婚活に疲れた心は癒すに限る!

結婚相手を求めてパーティへ参加したり、お見合いしてみたり、将来を考えて婚活に励んでみたものの理想のタイプの男性との出会いや恋のきっかけが掴めない日々が続き、ストレス満タンの「婚活疲れ」に悩む女性は少なくありません。

そんな思うように成果が得られず希望が見えなくなっている状況が続いてしまったら?

心身ともにハリがなくなり、見た目や振る舞いにも悪影響は必至!このままでは「良縁」を引き寄せることは出来ません!ならば!婚活地獄に疲れた心をリフレッシュさせてあげましょう!

フルマラソンだって42.195km走り切ればゴールに辿りつけると分かっているからこそ頑張れるのであって、先が見えずに成果も出ない婚活は気力体力を奪ってしまいます。

また前向きに婚活ライフをはじめられるように「婚活に疲れた心を癒す方法や考え方」を試してみて下さいね。

1.「結婚したいモード」を取り払う

南国海岸を歩く女性

自分の理想に合う人が見つからなかったり『いいな』と思うパートナー候補の男性がいても上手くいかかない状況が続くのは、自信がどんどん失われる原因に…。

そして、何度も婚活の失敗を繰り返すことで「焦り」ばかり募り、気持ちに余裕がなくなり『次こそは絶対に!』と、男性へのチェックの目が厳しくなったり、「もう失敗は許されない」という焦りからガツガツした雰囲気になって男性に恐怖心を与えてしまいます。

リセットに効果的なのは!

・旅行に出かけてみること!
※一時的にでもガラッと環境を変えて心の余裕を取り戻しましょう

気を遣わなくていい友達や家族、または一人旅をして、「結婚したい!」という気持ちに支配されている日常生活から、ほんの少し離れてみることで平常心を取り戻してくださいね。

2.楽しかった恋愛を思い出す

海岸をデートする男女を見つめる女性

学生時代に少し言葉を交わしただけでキュンとしたり、本当に些細なことでも喜んだり楽しんだりできた恋愛経験があるのならこの方法を!

「男性への厳しいチェックが原因の失敗を回避する効果」があります。
婚活に励む多くの女性は”結婚”を壮大な目標として掲げ「結婚を軸」にした基準で相手の条件をチェックしがちです。

この方法のメリット!

・「恋愛の延長に結婚がある」ことを思い出せる!

『結婚!ケッコン!』と、結婚だけに縛られていては相手を”条件面でしか見られなくなってしまう”ため、小さな可能性を見落とすリスクが…。

結婚する上で譲れない部分はもちろんありますが、そこばかり気にしていても成果が上がらなかった事実をふり返ってみましょう。

少し柔軟に考えて相手の人間性や本質にスポットを当ててみることも必要です。だから、ピュアな気持ちで恋をしていた「過去の恋愛」を思い出してみるのです。「ガチのお見合い」ではなく「出会いから結婚」という流れを希望するのであれば、欠かせないのは恋する気持ち。

3.婚活をカミングアウトする

結婚相手を探している事実を『必死すぎて恥ずかしい』と、周りに内緒にしている人もいますね。でも、その事実は隠さずに告白しちゃいましょう。

例えば、こっそり参加した合コンや婚活パーティなどで出会った男性とのやり取りで、腹の立ったことや不満を聞いてもらいたい時だってあるのでは?

この方法のメリット!

【婚活に疲れたり不安なときに…】
・励ましてもらえる
・良いアドバイスをもらえる
癒す場所を確保することができます

これまで自分ひとりで抱えるしかなかったストレスを解消できたり、客観的なアドバイスによって自分を見つめ直すこともできます。友人や家族に言えないなら、婚活に参加している同世代の人を探して新しく友人を作る方法だってアリ!

4.「ついでに婚活する」と楽な気持ちで挑む

ズバリ!結婚相手をデータから探し出し「結婚したい男女の条件をマッチングさせて紹介するサービス」の他にも、料理、ゴルフ、テニス、アウトドア、ワインパーティーや野球観戦…と、それぞれの特技や趣味を楽しみながら交流を深めるものなど、今の婚活スタイルは本当にバラエティー豊か!

スーツ姿の女性が上を指差す

さて、それらの「婚活」には、多くの人が『今日は結婚相手を見つけてやるぞ!』と気合を入れて参加します。確かに、それは当然のことですね。

でも、婚活をメインに考えて気負ってしまうと、それがプレッシャーになって上手くいかなかったときの落胆も大きくなってしまうので、余計な力が入らないように「参加する目的」を変えてみるのです!

こんな考えで参加してみる!

・自分の趣味や好きなことを楽しむため!
・同じ趣味を一緒に楽しめる「仲間」をつくるため!
※こう思うだけでリラックスできる!
※気負いからの緊張で失敗を避けられる!
※男性にガッツいた印象を与えない!

これまで婚活パーティへ参加した後、ぐったり寝込むほど疲れてしまっていたのは”獲物を探すことに重点”を置きすぎてハンパない緊張感で挑んでいたせいなのです!

「好きなことを楽しむため」と意識を変えれば、きっとギラギラ血走っていた目つきや崖っぷちに立たされた「必死さ&イタさ」が軽減され、意外なほど上手く行くようになるかも!

5.断られても割り切る

好みのタイプの男性に巡り会えたとしても、相手に「断られる」という悲しい現実に直面することがありますね。

1~2度であれば『また頑張る!』と前向きに乗り越えられますが、何度も「お断りパンチ」を喰らってしまったら?精神的なダメージは大きくモチベーションもダウンします。

振られたらこう考える!

・縁がない相手だっただけ!

「ご縁」がなければくっつきようがありません。でも「袖触れ合うも…」の言葉のとおり、何らかのシグナルを与えてくれた「縁」だと捉えたモン勝ち!

『私が運命の人に出会うために必要な経験のひとつだった。だから上手くいかなくて正解だった」と、傷つくことは無意味だと思うように!

落ち込んでも笑っていても「時間」は流れてしまいます。嘆いている時間を「もったいない!」と思えれば、もう次へ向かって行動できる状態になっています。

6.思い切って婚活を止める

失敗を何度も繰り返してしまうと『あんなに頑張ったのに…』と、その回数に比例して立ち直るために必要な時間も増えていくものです。

日々、休むことなく結婚という望みを叶えるための努力に励んできた心には、頑張っても夢が叶わなかった失意やストレスで爆発寸前なのかも…。

公園でマラソンする女性

「もう婚活やめたい!」と思ったら!

・その気持ちに素直に従って!

『婚活なんてどうでもいい!』と、怒りを含めた感情がフツフツを湧いてくるようなら、もうガス抜きが必要な状態まで追い詰められているのかも知れません!

でもどうやって過ごせばいいの?

・婚活に使っていた時間を趣味につかう!
・見た目を気にして我慢していたモノを食べる!
・「お洒落」より「らく」を優先した服を着てみる!

パーティに参加するために隙のないファッションで身を包むのを止める、男性の目に留まるようにしていた極端なダイエットを止めるなど、ずっと張りつめていた神経をリラックスさせてあげて下さい。

チカラを抜きすぎて「自堕落&干物オンナ」になってしまわない程度に、久しぶりの「楽(らく)」を味わい、充電してリフレッシュできれば、また「戦いを始める気力」が戻ってきます。

視点を変えて婚活疲れをとって!

相手があってこそなので「結婚の縁」を見つけるのは大変ですが、待ち望んでいる「良縁」は意外と近くまで来ているのに、焦っているせいで「見落としては不安になって、また焦る」なんてことを繰り返してしまうことがあります。

『ダメだ!』『疲れちゃった…』と感じたときは、良い情報をキャッチする心の余裕をとり戻すためにもスパッと結婚活動を休止してみて下さい。

『もう独身だっていいや!』と、開き直ったときに結婚相手が見つかるなんてケースは多いんですよ!ガツガツ獲物を追いかけるよりも、ドンと構えていたほうが男性の目に留まりやすくなりますよ。