恋愛メールテクニック!彼にもっと愛される女になれるメール術3つ

他の女性とグングン差をつけることが出来て「愛される女性」なれる「駆け引き不要」の恋愛メールテクニック!
彼からメールが来ないなど、男性とのメールのやりとりに悩んでいるならヒントが見つかるかも!

恋愛メールテクニック!彼にもっと愛される女になれるメール術3つ

愛される女性にググッと近づく恋愛メールテク

メールを打つ女性

相手とは恋愛関係じゃなく、友人や職場の人であってもメールで大切なのは「おもいやり」や「気遣い」です。電話と違って、自分の都合で返信できるのがメールのメリットですが、返答に困るような問いかけや気持ちが沈んでしまうような内容では、恋愛運も遠のいてしまいますね。

ほんの少しの気遣いで彼に愛される女性になれる、恋愛メールテクニックです。

1.仕事の件は「アドバイス」じゃなく「理解してあげる」

仮にカレから仕事の愚痴メールが届いたとしても「この件について具体的なアドバイスくれないかな」と、明確な相談があった場合でもない限り、「具体的にはこうだから、ああした方が良いと思う」「あなたのツメが甘いのが原因だよね」等と、厳しいアドバイスはたとえ正しくても止めておきましょう。

仕事の件なら会社でも嫌になるほど、同じような指摘をされていてうんざりしているかも知れません。「話きいてもらいたかっただけなのに・・・。」と相手を余計に凹ますことも。

「話を聞いて欲しいだけ」と解釈して「気持ちわかるよ、大変だよね、大丈夫かな」といった同調と、しつこくない励ましで彼の気持ちはラクになります。

2.相手に関する話題も書く

考え事をする男性

自分の趣味や仕事のことなど、とにかく「自分のことばっかり」のメール内容ばかり続くと、例え好きな相手からであってもウンザリするものです。たまには自分の近況には触れずに、「そういえば前に話していた●●って、大丈夫だった?」など、相手が前に話題にしていたことや気にしている事について話をさせるキッカケを与えます。

「自分と相手の話題」のバランスも大切です。

3.彼が返答に困らない工夫をする

心配する女性

お互いの都合があってこそ成り立つデートなら、11月22日は「会える」「会えない」等と、ある程度はハッキリとしたイエス、ノーの返答を求めるのも当然ですが、行き過ぎた問いかけはNGです。

例えばデートの予定が彼の仕事の都合でキャンセルされた場合、「先に私と約束していたのにどうして?」「私と仕事どっちが大事?」という質問はメールでも口頭でも女性でも男性でも困りますね。「彼女が大事だし申し訳ないけれど、シゴトだから仕方ない・・・。」のが現実で、女性が求めている「君が大切だから仕事なんて断るよ」とは返答ができないのも現実です。

約束を果たせない理由を問い詰めるのではなく、「今はすんごく怒ってるし悲しいけど、次は必ず連れて行ってね」という内容なら、彼も「ごめんね、わかったよ(yes)」という返答がしやすくなりますよ。