「付き合って3年」恋は終わるのか?賞味期限を長くするコツ教えます

「永遠に愛しあうことは無理なのか?」「ずっとラブラブなカップルだっているのに3年で恋が終るなんて信じられない!」といった、不安や疑問を解決する情報をお届けします☆

「付き合って3年」恋は終わるのか?賞味期限を長くするコツ教えます

付き合ってから3年だ!そのとき恋は終わるのか?

“恋の賞味期限は3年”というフレーズは、おそらく多くの人が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?しかし、その理由まではよく知らなかったり「へぇ~、そうなんだぁ」と、どこか他人事のように思っているかもしれません。

実はこの説、そう言われ続けている理由がきちんとあって、もしかしたら他人事では済まされない深刻な問題なのかも。

恋する女性にとって「恐怖の3年節」を裏付ける理由と、大好きな彼氏と付き合って3年を過ぎても恋人として上手く付き合っていくコツを紹介します。

<“恋の賞味期限は3年”と言われる理由>

1.脳内物質「ドーパミン」の性質にワケがある!

簡単に言うと「ドーパミン」とは「ドキドキ」や「ワクワク」などの興奮幸せを感じるなどあらゆる恋愛感情を引き起こす脳内物質です。

ドーパミンって何?

この物質は、恋愛をすると脳内に大量に分泌され、私たちを楽しくさせたり心地よくさせる、あるいは集中力を高めてくれたり疲れを感じさせない、活動的にさせるといったように、非常に多くのことをもたらすものです。

しかし、大量に分泌されることで、これだけ多く感情の変化をもたらすものですから、それなりに体に与える負担は大きくなります。結果としてその分泌される期間は限られたものに

「ドーパミンが分泌される期間は、約1年半~3年」

だから“恋の賞味期限は3年”となってしまうのです。
う~ん、深い(-_-;)

2.ドーパミンにも影響を与える!
PEA(フェニルエチルアミン)の存在

PEAとは恋愛ホルモンで、ドーパミンと同様、快感やドキドキなどをもたらす働きがあり、さらにドーパミンの濃度を増強させるとも言われています。

恋愛ホルモンって何?

恋が始まったとき、相手のことが分からなかったり、追いかけている状況で感じるドキドキや視覚的な要素に反応することから「一目惚れ」に深くかかわるものとされ、恋した瞬間に大量に分泌されます

しかし、相手のことを知って関係が安定すると分泌は減ってしまうのです。



PEAとは恋愛ホルモンが分泌される期間は、約3ヶ月~3年」

こっちのホルモンも短いのかぁ…。
ちなみにPEAも、分泌を続けると負担になってしまうとか。
あ~ぁ(-_-;)

3.やっかいな“思い込み”が理由ということも…?!

これは脳内ホルモンとは少し違った観点からの理由です。人間の“思い込み”は意外とあなどれないものでその気持ちが強ければ良いことでも悪いことでも現実になる可能性があるのです。

ヘビーな例えですが「思い込み」の実話です。

胃の痛みを感じて病院で検査をしたら「胃潰瘍」だった。しかし、医者が間違えて「ガンだ」と、伝えてしまった。

患者は落ち込み絶望します。

後日、間違いが判明して、再検査を行ったところ胃潰瘍が胃ガンになっていた。

思い込みの威力って怖いですね。強く信じたり、思い込むことでそうなってしまうこともあり得るのです。

恋の病

「3年で終わっちゃう」という思い込みが原因になるかも!

 

<恋人関係を継続させる秘訣>

1.一緒に「新しいイベント」を楽しむ!

これは決してフェスやコンサートなど、誰かが考えたて用意したイベントに限りません。例えば、誕生日や記念日などの特別な日を大切な「イベントとして」ちゃんと2人で楽しむということ。

できれば2人が経験したことのない新しい世界を覗いてみるのがベスト!なぜなら、協力してワクワクできる“新しいもの”にチャレンジすることで「2人の間の幸福感が高まる」という研究結果もあるからです。

2人に共通した幸福感が増すということは、関係性を安定させることにも繋がるとか。

イベントへGO

「新しいことが思い浮かばない…」なら!

☆行ったことがないデートスポットに足を運ぶだけでもOK!

2.“見た目”を適当にしない!

キレイな私

一概には言えませんが3年も付き合っていれば、どうしても最初の頃に比べてファッションやメイクで手を抜いてしまうことも多くなるのではないでしょうか?

「男性は視覚的な情報で恋をする」という説もあります。つまり無意識のうちにルックスを重視してしまう傾向にあるのです。



カレの視覚を刺激する!

☆彼の好みに合わせたりセクシーな服装にチャレンジしてみる!※新鮮な驚きを与えて、視覚に訴えることも必要です。

3.オキシトシンによる「信頼」が頼れる味方に!

世の中には3年の壁を乗り越えて、上手く関係を続けるカップルもいます。紹介した「ドーパミン」や「PEA」のみで考えると謎ですよね。

しかしこれにも理由はあって「オキシトシン」というホルモンが関わっています。このホルモンは、好きな人とスキンシップをとることで幸せや安心を感じ精神的に満たされた状態にあると分泌されます

スキンシップ

ということは、このホルモンの分泌を促せるように「彼を愛おしい」と感じたらスキンシップをするようにしましょう。それによって、彼の中であなたに対する信頼の気持ちが増して、恋のドキドキとは違う「愛情」が生まれるはず。

ただし!

彼が嫌がるようなスキンシップには意味がないので、ご注意下さい。

先が見えないから恋は楽しめる!

恋愛に限らず、物事を順調にうまく継続させることは難しいものですね。特に恋愛は相手があってのことなので、思うようにいかないのは当然のことかもしれません。

今は「彼の気持ちが冷めたらどうしよう」と悩んでいるのに、3年後には「カレのことが好きじゃないのに別れてくれない」なんて、ことになっているかも知れませんね(^_^;)

恋って先が解らなから楽しめるのかもしません。紹介した3つの秘訣が恋の継続につながるキッカケになりますように!