魅力がない女性・みんなの前で言っちゃダメなNGワード

口に出した途端に「可愛くない女」になってしまう言葉とは?5つのNGワードを紹介します。もし、なんとなく口に出してしまう言葉が含まれているようなら改善の必要あり!可愛い女になるためにヽ(^。^)

魅力がない女性・みんなの前で言っちゃダメなNGワード

魅力がない女のマイナス発言

美人でなくても「妙に男性からモテる女性」というのは、外見だけでなく、相手の考えを素早く読み取り、男性に居心地の良い空間を与えられる要素を持っています。

一方で「モテない女性」はどうでしょうか?「美人で素敵な人なのにモテない女性」は、何気ない一言で男性をドン引きさせたり、プライドをズタズタに傷つけることが多いのです。

口癖は誰にでもありますが「クセ」なので「無意識に言ってしまう」ので十分気をつけなくてはいけません。ネガティブな言葉を口に出しているときの表情って”醜さがパワーアップ”しているのです。「自分は大丈夫!」と思っている人でも油断は禁物ですよ…。男性にモテなくなる「魅力がない女性」の口癖をチェックしてみましょう。

「それ、違うよ」

もめる男女

彼と話をしているときに、どう考えても事実とは違う点が気になったとき、即、『違うよ!それっ』と、真っ向から否定するのはNG。 一瞬で彼のプライドを傷つけるだけで、何も良いことがありません。

会話の流れを断ち切ってしまうのではなく、少し時間をおいてから『そういえばね、アレってコレじゃなかった?』と、軽い感じで伝えるようにすると、お互いにイヤな思いをしなくて済みます。

「キツイこと」を伝えるときは、ワンクッションを置いて表現も工夫する!

「大したことないよね」

自分としては決して嫌味のつもりではなくても、彼が『これ良いよね?』と言ってきたことに対して、『それほどでもない』『だからどうした?』という、完全な「上から目線パターン」に男性は強い拒否反応を起こします。仕事や趣味など、彼が興味を示していることや大事に思っていることを侮辱する言葉なので気を付けたいワードのひとつです。

上から目線の女性

本当に『大したことない』ことなら?

・「思うだけ」なら自由です。
「言葉に出さない」ことでトラブルを避けられます。
※笑顔を店ながら右から左へ聞き流しましょう(^^♪

「あ~、つまらない」

腕組みする女性

彼と一緒にいて退屈だと思ったとしても、絶対にその感情を『つまんない!』と、ハッキリ言葉に出して表すのはやめましょう。つい日常的に言葉に出してしまっているようなら、それは完全に悪い口癖が身についている証拠。

彼だってあなたと楽しく過ごそうと、色々とプランを練って行動しているはず。それなのに『全然オモシロくない』なんて言われてしまっては、彼女を楽しませたいという気持ちさえ消えちゃいます…。

また、彼の機嫌が悪いときに言っちゃうと『こっちだって同じだよ。デートしても文句ばっかりだな!』と、喧嘩に発展することもあるので要注意!相手を思いやることを忘れずに…。

・退屈な今を楽しくすることを考えて!

「何でもいいよ」と、言いつつ…、文句を並べる

よくある例が『何を食べたい?』という、彼からの質問に『何でもいいよ』と答えるパターンですよね。一見、無難な返答のようですが、その後の態度が問題なのです。身に覚えがある人も多いはず…。

「何でもいいならラーメンにしようか?」と、彼が提案すると彼女の文句が始まります。「えー!ラーメン?それは嫌だな…」と…。「これが食べたい」と、ハッキリしたリクエストもないくせに、結局はカレが選んだものに納得がいかず却下の連続ではウンザリされて当然です。

・『寒いから身体が温まるものがいい』
・『昨日イタリアンを食べたから、イタリアン以外の物』
・『あなたはどう思う?』

このように、ある程度は自分の食べたいものを伝えたうえで相手の好みも聞き出す、気遣いのある返答はトラブルを招きにくいのでオススメ。

デートプランなど、すべてを彼にお任せする女性は多いのですが、たまには2人一緒に考えたほうが、もっと楽しいデートにできるハズ☆

「でも&だけど…」など、否定的な言葉

「いつか二人で温泉旅行にでも行きたいね」「一緒に暮らせる日が来るといいね」と、男性が前向きな話を持ちかけてきたとき否定されたらどう感じるでしょうか?「そうだね。今は、お金がないけどガンバって貯めて夢を叶えようね」と、返答できるのが「可愛い魅力的な女性」です。

だって、そんな時間ないじゃん」「そうは言うけどお金どうするのよ?」と、必ず否定的なことを言ってしまうのが「感じの悪い、魅力がない女」。

どちらが良い印象を与えるかは一目瞭然ですね?建設的な話ができない人との会話って、とても疲れてしまうものなです。

・肯定的に受け止めたほうが関係は良好に!

発言を見直して魅力的な女に変身!

「口は災いの元」と言われるように、たった一言で彼との関係にヒビが入り、修復不可能になることがあります。「あのとき、あんなことさえ言わなければ…」と後悔しないように、普段から自分がどんな発言をする傾向があるのか知っておくことって大切です。

「退屈だよ」と言葉に出してしまうと、それが「現実」になってしまいます。でも、いったん、その言葉を飲み込んで「どうすれば今を楽しむことが出来るのか?」と、解決策を考えて実行してみると、いつの間にか退屈だった現実は消えてなくなり「楽しいことを現実」できるんですよ。良い言葉を選んで魅力的な女性になれますように!