好きな人と同じクラスになれる【おまじない】隣の席になれる!

「同じクラスになりたい編」「隣の席になりたい編」に分けて「おまじないの方法」を5個ずつ紹介!憧れの彼とは同じクラスになって、隣の席になって、2人の距離を縮めちゃいましょう!

好きな人と同じクラスになれる【おまじない】隣の席になれる!

「好きな人と同じクラスになれる!」
噂のおまじない10個

恋をしていると「好きな人と同じクラスになりたい」「隣の席になりたい」という気持ちになる、クラス替えの季節や新学期。偶然や運命に頼るだけでなく、その願いを叶えるためにやってみたいのが「おまじない」です。効果があると噂のおまじないを「同じクラスになりたい編」「隣の席になりたい編」と、2つに分けてセレクトしたものを紹介します!!

好きな人と同じクラスになる「おまじない」編

1.ネームをなぞる

ゲタ箱やロッカーなど彼の名前のシールが貼ってあるところを探そう

彼の名前のシールを左手の薬指で「同じクラスになれますように」と願いを込めて3度なぞる。

早朝や放課後など人がいない時に、落ち着いた気持ちで祈るのがポイントです。人が見ているときに実行すると、ちょっと怪しい人と勘違いされてしまうかも。おまじないをかける時期はクラス替えをするのが4月なので3月に入った頃がベスト!

2.枕の下に願いを込めた紙を挟んで寝る

紙と封筒、ピンク色のペンを用意

  1. 紙にピンク色のペンで好きな人の名前を書く。
  2. その紙を一文字ずつ切り分けて白い封筒にいれる。
  3. その封筒を枕の下に置いて寝ます。それを一週間続ける。

好きな人と同じクラスになれるおまじない

彼の名前は大きくはっきりと書くのがポイントです。しっかりと一文字ずつ想いをこめて書きましょう!! 寝る前のおまじないなので、夢の中でも彼と会えるかも知れませんよ。

3.願いを込めて爪を切る

  1. 彼の名前を書いた、ピンク色の紙を用意しておく。
  2. 左手の小指の爪を7ミリ伸ばす。
  3. 7ミリまで爪が伸びたら、好きな人のことを想い浮かべながら爪を切る。
  4. 切った爪をピンク色の紙で包んでから土に埋める。

昔から小指は「約束」の意味や恋人の意味を表すときに使われます。彼とも「愛の約束」ができる関係になれると良いですね!! 爪を伸ばしている途中で折れたり、ひっかけてケガをしないように気をつけましょう。用意するピンク色の紙は7cm×7cmにカットした折り紙でOK!

4.願いを詰め込んだビンを持ち歩く

白い紙と緑のペン、ピンク色のビーズと小瓶を用意!

  1. 8cm×8cmの白い紙に緑のペンで「○○君と同じクラスになる」と書く。
  2. その紙をできるだけ小さく折りたたむ。
  3. 透明の小瓶にビーズと紙を入れて、いつも持ち歩く。

好きな人と同じクラスになる方法

ビンは小さいフタつきのものを用意しましょう。ビンの中には願いを書いた紙と一緒にピンク色のビーズを7個入れ、息を7回吹き込んでフタを閉めて、人に見られないように持ち歩くのがポイント。通学のカバンなど、いつも持ち歩くものの中に入れておきましょう。

5.エイプリルフールの願い

ウソを言えば、逆の効果がある!?

エイプリルフールの午前中に全身の写る大きな鏡の前に立ち、好きな人の悪口を言う。

可愛い嘘であれば許されると言われる4月1日のエイプリルフールの日に「太郎くんなんか大嫌いだから、同じクラスになりたくない!」「太郎くんは意地悪!」等と、好きな人の悪口を言うことで願いが叶うと言われています。注意したいのは、この心にもない嘘をつく相手は鏡の中に映った自分です。間違って友達に好きな人の悪口を言わないように気を付けて下さいね。

好きな人と隣の席になれる「おまじない」編

1.手首に好きな人のイニシャルを書く

ペンと絆創膏を用意!!

  1. 手首の外側に好きな人のイニシャルを書く。
  2. その上に絆創膏を貼る。
  3. イニシャルが消えたら絆創膏をはがす。

イニシャルは、絆創膏からはみ出さないように小さく書くことがポイント。完全にイニシャルが消えるまで、お風呂やシャワーに入って絆創膏が剥がれたら新しい絆創膏に貼りかえることを繰り返します。

2.「パンダ」と10回唱える

言葉に出すだけだから簡単!

席替えをするときに、好きな人を見ながら「パンダ」「パンダ」と10回言います。

好きな人と隣の席になれる方法

もし、友だちに「パンダ」と言ってるのを聞かれてしまい「何してるの?」と質問されたら、慌てずに「パンダが好きなだけ」と答えましょう。誰にも知られない方が効果を発揮するおまじないです。

3.運命の赤い糸に力をもらう

赤い糸を用意!!

  1. 好きな人のことを考えながら、赤い糸を7回結ぶ。
  2. 席を決める時に、その赤い糸を握りしめる。

昔から運命の男女は見えない赤い糸で結ばれていると言われます。この「おまじない」は、好きな人と自分を赤い糸で結びつけることを願う方法です。席替えを決める時に結んだ赤い糸を手のひらで握りしめましょう。

4.「繋がった2つのさくらんぼ」の絵を描く

紙とペンを用意!!

  1. 左の○の部分に自分の名前を書く。
  2. 右の○の部分に好きな人の名前を書く。

好きな人と隣の席になれる方法

その紙を小さくたたんで、いつも洋服のポケットに入れたり、手で握っていると効果があるようです。2枝のサクランボは1つに繋がっているので、自分と好きな人のつながりを強めると言われています。

5.4月1日に始める「おまじない」

ノートとペンを用意!!

  1. いつも使っているノートから1枚ページを切り取ります。
  2. いつも使っているペンで自分の名前と好きな人の名前を書く。
  3. その紙を4月1日から、いつも肌身離さずに持ち歩く。

「いつも使っている」ノートやペンを使うというところがポイントです。愛着のあるノートやペンには、日々、感じている想いが込められています。名前を書く時も心を込めて丁寧に書きましょう。

強く願うと「おまじない」も叶いやすくなる

「おまじない」をするときに、一番大切なのは気持ちを込めることです。また静かな場所で心を落ち着かせて進めましょう。好きな人と同じクラスや隣の席になれば、話をする機会も多くなり親しくなるチャンスが増えますね。おまじないであなたの願いが叶いますように!