【男嬉し泣き】デートで割り勘なんてお断り「それ、もう通用しません」

彼氏とデートした時に、デート代を払ったほうがいいのか?エスコートされるべき女性なんだから払わなくてもいいのか?と、考えたことはありませんか?デート代は割り勘が当たり前になりつつあるようです。

【男嬉し泣き】デートで割り勘なんてお断り「それ、もう通用しません」

今どき「デートは割り勘」って主流です!

デート代の支払いは「男性が女性にゴチしてあげるのが当たり前…」というのが主流のように思えますが、これからの時代、恋愛をうまくいかせたいなら「女だから払いません」という感覚ではNGかもしれません。

なぜなら「デートを割り勘するのは当然」「割り勘でもいいと言ってくれる女性のほうがいい」などと、最近、彼らの意識には変化が起きているのです。

「割り勘だと助かる」それが男の本音かも!

財布の中のお札

デート代の支払いに関する男性の本音を探った、ある調査では「彼女の分も払ってあげたい!」と、思う割合がやや多いのですが「割り勘がいい」という男性の数も、ほぼ同数なのです。

「オゴッてあげたい」という男気あふれる意見を述べる男性の中にも「給料前など金欠のときは、半分ずつの支払いでも許して欲しい…」という、切実な意見も多く見られました。

「デート代は男性が出すのが常識」という風潮ではないことが、このアンケート結果や彼らのコメントからも把握できますね。

男性が割り勘にしたいと思う理由は?

実際のデートでは「男性が、おごっている/35%」「男性側が多めに負担する/41%」「完全に割り勘/18%」「別に決まってない(他)/6%」という回答結果になっています。

「本音では」割り勘にして欲しいと思っている男性が半数以上でしたが、実際は?「男性側が多めに払っているケース」が大部分を占めているのが現状です。

 

割り勘の円グラフ

でも、男性はどうして割り勘にして欲しいと考えるのでしょうか?

20代などまだ社会人になったばかりの男性は、同世代の女性とほとんど収入は変わりません。時には女性の方が多いケースもあるほどです。そんな中、毎回のデート代をすべて支払う状況が続いてしまうと「かなりキツイ生活」を強いられてしまいます。

そんな現実を理解してくれて「割り勘でもいいよ☆私も働いているし」と、言ってくれる彼女だったら「嬉しいし、助かるなぁ~」と本音では思ってしまうのです。

【割り勘派の男性】ホントの気持ち

・「本当は全部ゴチしてあげたいけど収入が少なくて、全額負担となるとデートの回数を減らさなければならない」

※これはケチとは違うから責められない。切ない…(p_-)
—————————–

・「お金目当ての付き合いになりたくない」

※彼女にも収入があるのなら「50/50の関係」がベストなのかな?

考える男性

割り勘について女性はどう思っているの?

実は「別に割り勘でもいい」と、思っている女性も多いのですが、中には男性に対して辛口のコメントも…。

反対派!女性のキモチ

・「男としてのプライドはないのか!」
・「割り勘をするような経済力のない男性とは付き合いたくない!」

考え込む女性

「自分のためにお金を掛ける意気込みがないのか?」「安っぽくみられているようで嫌だ」など、男性が食事代などを奢られないことにより「女性自身のプライドを傷つけられる」ようです。

しかし、そう思う反面、多くの女性は男性の経済状況を知っているようなので、割り勘にそこまで抵抗はないようです。

デート代の支払いで金銭感覚をチェック!

お金に関する考え方は、カップルが結婚する前にハッキリさせておきたいポイントでもあります。デート代を全て気前よく払ってくれる彼氏がベストか?といえば一概には「良い」とは言い切れません。

「デート代を全部払ってくれる男」に抱く不安

ホントは貯金もなくて光熱費などの支払いも大変なのに、後先考えず「いいよ」と、お金をホイホイと使ってしまうような人であるならば、借金をしてでも「付き合いだから」などと理由をつけて散財するケースも…。結婚後の生活には大きな不安がありそう。

「お金がなくても払う」のは、一種の「見栄」でもあり「男気があってカッコいい!」と、称賛してばかりはいられません。

「素直に割り勘をお願いする男」から得られる安心感

自分の収支をきちんと把握して「今月はチョッと大変だな」と、思うときに「割り勘お願いします」と、言える勇気をもった彼氏ならば、結婚してからも計画的にお金の管理をすることができるかもしれません。

普段は割り勘OK!でも特別な日はNG!

「お金(金銭感覚)」は、カップルが付き合いを進めていくうえで「ネックとなるポイント」でもあるため、普段のデートを割り勘にする男性に対して、その背景を理解して寛容に受け止められる女性も増えてきています。

でも、さすがに「誕生日まで割り勘」というデリカシーのない男性には「NG」を突きつけます!彼氏には、誕生日やクリスマスだけは頑張ってほしいものですね。