幸せな結婚生活をおくるために結婚前に話し合っておくべき5つのこと

付き合っていた時は幸せだったのにいざ結婚してみて、こんなはずじゃなかった!と思うことは残念ながらよくある事。結婚してから後悔しない為の結婚前に話し合っておくべき5項目。結婚を控えている人は要チェック!

幸せな結婚生活をおくるために結婚前に話し合っておくべき5つのこと

結婚してから後悔しないために
二人でコレはやっておこう

大好きな彼とめでたくゴールイン!からの、幸せな結婚生活♪…のはずが、実際一つ屋根の下で生計を共にするという生活を始めてみると、「こんなはずじゃない…」「何かもう別れたい…」と思ってしまうことは、残念ながら割とよくある事です。

しかし、全くの他人だった二人が、一緒に生活を始めるのですから当然といえば当然な事なのかも知れません。

そんな事態を避ける方法は、結婚する前に二人で結婚後の生活について話合うこと!幸せの絶頂にいると少し重たい感じもするかも知れませんが、ここが夢見る「幸せな結婚生活」の秘訣とも言えます。

ここでは、お互いにしっかりと話合っておくべき重要な事柄をピックアップしています。

1.仕事のことを話そう

仕事をしている女性

結婚前は仕事を持っている女性はたくさんいます。昔と違い、女性が多く社会進出している現在は、女性にとっても仕事は大切なものとなっています。重要なポストについていたり、男性に負けない収入を得ている人も少なくないでしょう。

しかし、男性の多くは結婚相手の女性の仕事を自分の仕事ほど重要視していないかも。中には、女性は結婚したら仕事を止めるのが当然と思っている人も未だにいます。

現在仕事をしている女性で、仕事に生きがいを感じている人や結婚後も仕事を続けたい人は、相手に自分の考えや気持ちをしっかり伝えておくことは、とても重要です。

収入の面だけでなく、二人の結婚生活のおよそ半分は仕事をしている時間が占めることもあるという面からも、仕事について考えることは二人の生活の基本ともなります。お互いに納得のいくまで話合うべき最も重要な事です。

2.家事分担について考えよう

アイロンがけをする男性

毎日の生活のなかでも放置しておけない家事全般ですが、一日の中でそれにかかる時間は比較的大きな割合を占めることとなるはず。

一人暮らしをしていた人にとっては、今までと勝手が違う結婚後の家事に、負担を感じることもあるでしょう。

結婚後は専業主婦になる予定の女性であっても、二人で生活をしていくのに必要な家事全般を全てひとりで負担する必要はありません。

後々後悔しないためにも、結婚相手となる男性と家事についてきちんと話合いましょう。相手に家事の協力を要請するだけではなく、具体的に分担を決めるなどしておくのがベターです

3.家計管理はどうする?

家計簿をつけるカップル

二人の将来設計のために、家計管理は重要なこと。二人の家庭での収入と支出をきちんと把握する必要があります。独身時代と違って、二人の家計がひとつになることが多いので、それをどう管理するのかを決めておきましょう。

一般的には、女性が管理していることが多いようですが、数字や計算が得意なら男性が家計管理するのも良いですね。

4.家族計画について確認しよう

家族

近年、子供を持たない夫婦も増えています。そのように結婚しても子供を作らないという選択肢もあるのですが、お互いの考えに相違があると、結婚生活が破綻する大きな原因になってしまいます

仕事を持つ女性にとっては、その絡みも発生する重要なことですので、事前にお互いの意志や考えを把握しておきましょう。

5.お互いの両親の老後のことを話合っておく

お互いの両親が年老いた時のことも、結婚前に二人で真剣に向き合うべきこと。年老いたお互いの親の面倒について、同居についてなどをきちんと話合いましょう。

また、介護が必要になったときなどのことも考えておくと安心ですね。お互いの両親の老後のことは、今すぐどうにかしなければいけないことでは無いからと後回しにしていると、のちのち大きな問題にしてしまっているケースも少なくありません

二人の仕事と生活に大きく影響しますし負担は決して小さくないことなので、できるだけ詳細に考え話合っておきましょう。

幸せなことも心配ごとも共有できる夫婦に!

恋愛中は、こういった現実的なことを考えないで、お互いに楽しい時間だけを共有していればいいのですが、結婚生活となるとそうはいきません。

結婚後に後悔しないためには、少し重たい感じはしても二人で現実的な面に向き合うことが大切。上記の5つの事柄は、お互いに納得しておくことがとても重要。

二人の幸せな結婚生活に必要不可欠な最初の共同作業ともいえます。しっかり話合って幸せな結婚生活を送ってくださいね!