葬儀マナー特集

葬儀マナー特集

葬儀マナーは知っているつもりでも、イザというときに忘れてしまいがちです。中でも香典袋の表書きや中袋の金額や名前の書き方、お札の向き、通夜と告別式の違いや参列するべきなのはどちらなのかも迷いますよね。親族、友人、会社関係の方などのお葬式に参列する際のマナー全般を紹介します。

通夜・告別式の参列マナー特集

葬儀へ参列する前に、何をどうするべきか悩み迷う方は多いのではないでしょうか。突然の訃報を受けて、礼服などの準備ができないまま、お通夜に参列することはご遺族に対して失礼にあたるのか?"親族のみで家族葬を執り行う"という御遺族の意向がある場合、香典や弔問は不要なのか?

お世話になった方が亡くなったとの知らせを受けたとき、真っ先に故人が御安置されている葬家へ駆けつけて良いものなのか?弔問する際は、どんな服装で行くべきなのか?靴やバッグなど、葬儀用の小物を持っていない場合はどうするべきなのか?故人との関係によって違う香典の相場は?渡し方や不祝儀袋の書き方は?と…、お葬式に関する疑問や不安は多いですよね。

お葬式に参列する際に、”最低限覚えておきたい一般的なマナー”をまとめました。

▼葬儀全般マナー(弔問・仮通夜・通夜・告別式)

訃報の知らせを受けた後の弔問のタイミングは?通夜と告別式のどちらに参列するべきか?持ち物は?葬儀でご遺族へ言ってはいけない忌み言葉は?葬儀会場に到着した後の立ち居振る舞いはどうするの?焼香のやり方は?葬儀が終わるまで、どの位の時間が掛るの?棺(ひつぎ)の中で眠る故人へ別れ花の手向け方は?お葬式から自宅へ戻った後に身を清める方法は?仕事などの都合によってお世話になった故人のお葬式に参列できない場合の対応の仕方は?など、お葬式全般のマナーがわかります。

  • お葬式マナー・赤っ恥をかく前に参列者が知っておくべき事

    お葬式マナー・赤っ恥をかく前に参列者が知っておくべき事

    大人にとっては『知らなかった』では済まされないのが葬儀のマナー。知識不足によって自分自身が恥をかくだけならまだしも、場合によっては大切な人を失って悲しみに暮れている葬家(ご遺族)に失礼にあたることがあるので要注意。

▼香典マナー(金額・不祝儀袋の表書き・中袋の書き方)

基本的に香典は「気持ち」ですが、通夜、告別式など葬儀に参列する際に、香典を包まない人は極稀だと言えます。親、兄弟、姉妹、祖父母、叔父、叔母(伯父・伯母)、親戚などの身内、親しい友人、近所の方、御無沙汰している知人、お世話になった方、仕事上の付き合いがある方など、故人との関係によって包む香典の相場金額は変わります。

「御霊前」「御仏前」「御香料」「御香典」など、不祝儀袋(香典袋)の表書きには何種類かあり、宗派によっても違うため、どれを選んだら良いのか迷いますよね。自分の名前、金額等もマナーを踏まえた書き方をすることが大切です。職場の同僚や友人と連名で香典を包むとき、3名以下と以上では書き方が違います。

もしかしたら、葬儀会場で受け付けの方や葬家に弔問して香典をお渡しする際に、ハッキリとした口調で『ご愁傷さまでした』と伝えていませんか?実はマナー違反にあたるのです…。

  • 葬式香典・相場・書き方・渡し方・包み方マナーまとめ

    葬式香典・相場・書き方・渡し方・包み方マナーまとめ

    大人にとっては『知らなかった』では済まされないのが葬儀のマナー。知識不足によって自分自身が恥をかくだけならまだしも、場合によっては大切な人を失って悲しみに暮れている葬家(ご遺族)に失礼にあたることがあるので要注意。

▼葬儀の服装/小物(仮通夜・通夜・告別式)

礼服に着替えるために自宅へ戻れないまま、平服で葬家へ弔問にうかがっても良いのでしょうか?仮通夜・お通夜・告別式などによって、参列者の服装に違いはあるのでしょうか?子供も礼服を着用するべきなの?学校の制服でも正式な服装として認められるの?

葬儀へ参列する際は、靴、バッグ、着用する服や小物の色がブラックであれば何でも良いという訳ではありません。同じ黒でも弔事に着ていくには失礼にあたる色あいもあり、慶事とは違うトーンを選ぶのがお葬式の服装マナーなのです。

  • お葬式の服装・急な葬儀にも慌てず対応できる決まりごと

    お葬式の服装・急な葬儀にも慌てず対応できる決まりごと

    慶事用の礼服や小物を持っていない場合、自前の黒のワンピース、トップス、スカート、バッグ、シューズで参列するのは構わないのですが、上着やスカート裾の丈、服の生地や靴素材の光沢、小物の素材等には十分な配慮が必要です。寒いからといって厚手のタイツを履く事が許されている地域もありますが、弔事には薄手の黒ストッキング着用が基本。

▼葬儀のヘアスタイル・お化粧・爪

お葬式に参列する際の髪型、メイクの仕方、メイルの状態は、”ナチュラルな清潔感を出すこと”が大切です。

自分を綺麗に見せたい、目立ちたい等という考えがあっても無くても、パール入りのファンデーション、アイシャドー、ラメ入りの口紅をつけるのは顰蹙(ひんしゅく)を買うだけで、故人の死を悼む場にはそぐわないので絶対にNGです。

突然、訃報を受けて通夜や告別式へ参列する前に、髪の色がブロンドに近い明るいカラーなのに美容院へ行く時間がない場合の対処法はあるのか?そもそも金髪でお葬式へ参列するのは非常識なのか?また、黒髪でも束ねるときの注意点はあるのか?など、葬儀に参列する際の髪型にもマナーがあります。

香典を渡すとき、焼香するとき、香典返しを受け取るときなど、指先は相手の目につきやすい部分なのでネイルケアには配慮が必要です。

  • お葬式の髪型・メイク・ネイルのマナー・控え目が鉄則です

    お葬式の髪型・メイク・ネイルのマナー・控え目が鉄則です

    セリフでは落としにくいジェルネイルは葬儀に参列するとき、どう対処すれば良いのか?爪にマニキュアを塗ること自体がマナー違反なのか?ツケマをつけるのは駄目?顔が華やかで健康的に見えるチークは塗るべきではない?ナチュラルメイクが良いなら完全にスッピンで参列したほうが良いのでは?など、通夜や告別式に参列する人が守るべきルールを紹介しています。

▼キリスト教の葬儀

仏教、神道とは作法や思想が違うため、キリスト教のお葬式に参列する際は基本的な知識を備えておくことをおすすめします。果たして、仏教などと同じく通夜や告別式を執り行うものなのでしょうか?「香典」とは呼んでも良いのでしょうか?キリスト教のお葬式の疑問にお答えします。

▼神式の葬儀

服装や香典の相場には仏教、キリスト教、神道ともに変わりはありませんが、気を付けたいのが不祝儀袋(香典袋)の種類です。”蓮の花”が描かれている封筒はNG。また、忌み言葉も仏教とは大きく違うので、親族へ声をかける際は、言葉選びは慎重に…。