持ち歩きコスメをひとつしか選べないとしたらどれにする?

持ち歩きコスメでポーチが場所を取ることは多くの女子が経験するもの。そこで「持ち歩きコスメを1つだけにしてください」と言われたらどれを選ぶのか、究極の選択を迫ってみました。みんなが手離せないコスメとは?

持ち歩きコスメをひとつしか選べないとしたらどれにする?

究極の選択!あなたの持ち歩きコスメはどれ?

もしも、外出するときに「今日は1つしかコスメを持ち歩けません」と、言われたらどのアイテムを選びますか?女の子のカバンに必ずと言っていいほど入っている化粧ポーチの中には、ファンデーション、ビューラー、アイシャドウ、マスカラ…数えきれないくらいのアイテムが詰まっています。

化粧直しに必要な綿棒やスポンジなどのメイク道具も含めると、結構多くなりがちですよね。カバンの中には必需品のリップやハンドクリームが入っているのに、化粧品まで大量に持ち歩くと、肩が凝ってしまいます。小さなバッグにはもちろん入らないので、コスメを減らさなければいけません。

そこで今回は「コスメを1つしか持ち歩けないとしたらどれを選ぶか」を、調べてみました。合計212人が選ぶ、必要不可欠なコスメとは?

ファンデーションを持ち歩きます/59人

ファンデーションのヨレや崩れは永遠の課題です。ベースが整っているだけで、顔全体の雰囲気が変わってきます。1日中綺麗な肌をキープしていたいですよね。

ファンデーションを持ち歩きコスメに選んだ人の人数

欠かせない存在です

最も気にしているのが頰のシミ、肌全体のくすみです。隠さずには近所でも外出をためらうのでファンデーションやBBクリームが欠かせません。

必ず持ち歩いています

ファンデーションは、鏡がついているものがほとんどなので、必ず持ち歩きます。コンタクトをしていて、目にゴミが入ってしまうことがあるので、ミラーがあると便利です。

長時間のお出かけの時にサッと直せるのでクッションファンデーションを愛用しています。

お肌のシミを隠すのに大切です

普段、日焼け対策を兼ねて化粧をしているので、ファンデは必須です。お肌の悩みがシミなので、隠すために最も大切にしています。

常に持ち歩きたいアイテムです

肌の毛穴や、くすみを隠してくれるアイテムを持ち歩きたいです。汗でベースメイクが崩れたときや、ちょっと化粧直しをしたいときに、ファンデーションがあればドロドロ肌を防げます。

ファンデーション

目の下のクマやシミが気になるので持ち歩いています

目の下のクマやシミが気になるので、どうしても隠したいです。そのほかのポイントメイクはしていなくても、綺麗な肌にするだけで明るい印象になります。

出掛ける時は必ず持ち歩いています

アイメイクはしっかりするタイプなので半日くらいなら持ちますし、リップはライナーを使用して仕上げると長時間持ちます。

しかし、ファンデーションだけは時間が経つと皮脂崩れやテカリが気になるので、抑えるためにもファンデーションだけは必ず持って出かけます。

常に持ち歩いています

ファンデーションを塗らないと体調が悪いような顔色になるので、欠かせません。落ちると肌が汚く見えてしまうので、常に持っていないと不安です。

日焼け止め効果もあります

時間が経ってテカリが増えると、とても気になります。ティッシュで浮いた油をオフしてファンデーションを必ず塗ります。

顔色が気になるのと、くすみもカバーしたいので外せません。日焼け止め効果もあるので持ち歩きます。

ファンデーションを使う

ファンデーションは欠かせません

そばかすやシミが気になるので、少しでも隠す為にファンデーションが欠かせません。顔色をよくするためにも、必要です。

化粧直しのときに使います

ファンデーションは シミやくすみを隠すための必須アイテムです。

化粧直しの時には必ずファンデーションを使います。日焼け止めも兼ねているので、日中は欠かせません。

ファンデーションは常に持ち歩いています

高校生の時から肌荒れがひどく、毎日絶対にファンデーションだけは欠かせません。ニキビ跡や小鼻周りの赤みを隠すために、常にファンデーションだけは持ち歩いています。

学校に持って行くのを忘れた時は、コンビニで買うこともあるくらい大事です。

鏡付きのコンパクトを持ち歩き

顔色が悪く、老けて見えるのでファンデーションは欠かせません。鏡付きのコンパクトを持ち歩いているといつでもどこでもチェックできるので、便利です。

ファンデーションと花

顔のテカリ対策に

暑くなって汗をかくと、顔がテカリやすくなるのでファンデーションが必要です。テカテカになっていると恥ずかしいので、すぐ直します。

よく出かけるので愛用しています

自信のもてない素肌をきれいに見せてくれるファンデーションを選びます。海も山も好きでよく出かけるほうなので、鏡付きでコンパクトなものを愛用しています。

肌を綺麗にキープ

オイリー肌で汗やテカりを隠したいです。ニキビやニキビ跡もいくつかあるので、少しでも綺麗な肌になるように隠します。綺麗な肌をキープすることが最も重要です。

クッションファンデを使っています

あまり肌に自信がないので、クッションファンデを重宝してます。そばかすや日焼けの跡を隠すためには毎日欠かせません。気になったらすぐにメイクを直します。

クッションファンデ

外出に欠かせません

季節を問わず、肌トラブルが目立つので、ファンデーションが手離せません。特に暑い季節は、汗をかいて崩れてしまい、とても気になります。また、紫外線対策にもなるので、外では欠かせません。

シミ、そばかすをカバー

しみやそばかすがどうしても多いので、少しでもカバーしてくれるファンデーションが大切です。他のアイテムはなくても仕方がないなと割り切れますが、ファンデーションがないと落ち着きません。

肌のテカりが気になるので持ち歩いています

肌がテカったり、ヨレていると嫌なのでこまめにファンデーションを塗りたいです。鼻や頬がテカるので常に気にして、化粧直しをしています。

顔色が気になるので持ち歩き

とにかく、ファンデーションさえ塗っておけば、なんとなく化粧をしているように見えます。

ファンデーションを塗らない状態では「どこか具合が悪いの?」と、具合も悪くないのに心配されてしまうほど、顔色がくすんでいるので、ファンデーションで隠したいです。

ファンデーションひとつで安心

化粧崩れが気になるので、ファンデーションだけ持っていると安心です。アイメイクの崩れは気にならないし、口紅もそんなにつけないのでファンデーションひとつあればいつでも化粧直しができます。

アイブロウを持ち歩きます/11人

眉毛があるのとないのでは、顔の印象が大きく変わってきます。眉毛がなくなると「何だか違う顔…」という印象になってしまうということから、意外と多かったのがアイブロウでした。

アイブロウを持ち歩きコスメに選んだ人の人数

どんなときにも持ち歩き

眉毛が薄いので、眉毛をかいていないと外にはあるけません。どんな時にも、貴重品と一緒にアイブロウを持ち歩いています。

眉毛で印象が違ってくるので、アイブロウさえしていればいつも自信をもてます。

外に出るときに欠かせないです

若い時に、何も考えずに眉毛を抜いていた結果、アイブロウで眉毛を書かないと、恥ずかしくて外出できません。

外出時、鏡を見る機会があるとしたら、まず眉毛を確認するくらい重要です。

眉毛が短くなったので

眉毛を揃えるために抜いていたら、生えてこなくなり、眉毛が短くなってきてしまいました。それから人前に出るときは、必ず眉毛をかいています。

持っていると安心

介護の仕事をしていて、水仕事があるときに眉毛が消えてしまうことがあるため、眉ペンシルが欠かせません。アイブロウは持っているだけで安心出来るアイテムです。

アイブロウは重要です

ファンデーションなどはなくてもいいのですが、眉毛を描いていないとスッピンだとバレてしまいます。眉毛のない顔を間近で見られると恥ずかしいので、1番重要です。

アイブロウの先端

欠かせないアイテムです

眉毛が薄くて、書いていない顔の印象ががらっと変わってしまうので、アイブロウは絶対に欠かせないアイテムです。寝ているとき以外は必ず使います。

顔を整えるのに必須です

眉毛がなくなると、顔全体がぱっとしないので、いつでも直せるように常備しています。アイブロウペンシルなら、アイラインが薄くなってきても代用出来て、パウダーならシェーディングとしても使えるので必需品です。

夏場ではアイブロウに助かっています

自分の眉毛がほとんどないので、夏場など外出先で額の汗を拭くと一生懸命かいた眉毛も一緒に無くなります。化粧直し時には必ず眉毛をチェックして書き足すので、必需品です。

近所に行くときも必ず持ち歩いています

眉毛一つで顔がはっきりして見えて、お化粧をしている感が出るので、ちょっと近所のスーパーに行くときも眉毛だけ描いていきます。

アイブロウパウダーは、アイブロウの役割だけでなく、アイシャドウやアイラインとしても使えて便利です。鼻筋やエラにも使えるので、必ず持ち歩きます。

必要なアイテムです

眉が薄いので描いてないと、すごくぼんやりした印象になってしまいます。他はなくてもなんとかなるのですが、眉ペンシルだけはなければいけない必要なアイテムです。

常に持っていないと不安です

アイブロウだけは、必ず持ち歩きます。アイブロウは家に1本、ポーチに1本、常備していないと不安です。すっぴんだと眉毛が全く無いので、雨に濡れると大変なことになります。

リップ(口紅)を持ち歩きます/123人

口紅やグロスを持ち歩きたいという人は212人中の123人でした。半分以上の人がリップ用品にこだわっていることがわかりますね。

リップ(口紅)を持ち歩きコスメに選んだ人の人数

持っていないと落ち着きません

ちょっと水分補給をしたりお菓子を食べたりと、何かを口にする機会が多いので、リップを塗り直す頻度が高いです

手軽に塗ることができるため、リップが必需品になっています。忘れてしまうとなんだか落ち着きません。

顔を華やかにするのに持ち歩いています

ベースメイクが薄いので、口紅をつけないと、血色が悪くなってしまいます。

すっぴんでも口紅をつけるだけで、顔全体が華やかになるので、選ぶとしたら口紅を選びます。

就活や出張などに便利

唇の色が悪いと顔全体が暗く見えてしまうので、リップは必須アイテムです。飲食するとリップが落ちてしまうので、こまめに塗り直しています。

チークの代わりにもなるので、就職活動中や出張など移動が多く大きな荷物を持てない時には、とても便利です。

顔全体のバランス取りに愛用

普段ほとんど化粧直しをしませんが、リップだけは持ち歩いています。ちゃんと化粧をしていても、リップをしていないと、顔全体のバランスが悪くなります。

リップを塗る女性

コンパクトで便利

口紅にもチークにもなるものを持ち歩いています。コンパクトでポケットに入るのでとても便利です。

血色が悪いとなんとなく暗く見えてしまうので、チークとリップは欠かせません。

顔全体をパッとしたいので持ち歩いています

他のポイントメイクを頑張っても、リップを塗らないと、顔全体がパッとしません。リップを塗るだけで、しっかりお化粧している感を出せて、他の人にも「今日スッピン?」と、聞かれることがないです。

色付きのリップを使っています

30代後半になって唇の色がないと、華やかさがなくなったように感じるようになりました。乾燥しやすいので色付きのリップを塗っていますが、塗っていないと顔色が悪くなるので、リップを選びます。

常に口紅を持ち歩いています

元々血色が悪く、冷房が効いているところなどにいると唇の色が悪くなるため、口紅を常に持ち歩いています。

口紅を塗るだけで少しは顔色もよく見えて、飲食後にもサッと直せるので、便利です。他人と会話していても口元を見られている気がするので、気を遣います。

口紅

欠かせないアイテムです

ファンデーションの化粧崩れは、あぶらとり紙やティッシュで、皮脂をとっています。

口元に色がなく寂しいと、顔色が悪く見えるので、リップは欠かせないです。荷物を少なくしたいときは、リップだけでも持ち歩きます。

唇に色をつけるのに持ち歩ています

昔からくちびるの色が薄くリップをしていないと「具合悪いの?」と聞かれます。肌とほとんど同じ色なので、くちびるの境目もよくわかりません。口紅は常に持ち歩き、少しでも健康に見えるようにしています。

持ち歩きやすいです

唇の色が薄いと顔色が悪く見えてしまうので、血色を良くみせるために口紅を持ち歩きます。

小さなバッグに入れてもかさばらず、いつでもどこでも簡単に直すことができるので、欠かせません。

保湿ができる色付きリップを使っています

乾燥しやすい敏感肌で、唇も保湿をしておかないと、すぐに赤く痒くなります。保湿できて色付きのリップは、簡単に使えるので、とても便利です。

簡単メイクに欠かせないです

いつもはノーメイクですが、簡単なメイクをするときにはリップが欠かせません。食事をすると、どうしても口紅が取れてしまうからです。

ピンク色のリップ

リップにこだわっています

普段からナチュラルメイクなので、リップにこだわっています。唇だけはツヤ感を出しておきたいので、お気に入りのグロスを持っていないと不安に感じます。

外出には欠かせません

ファンデーションやマスカラは「今すぐに直さなきゃ恥ずかしい!」と思うレベルで崩れませんが、リップだけは外出先で飲食することになった時に確実に落ちてしまうものなので、絶対持っておきたいです。

唇がカサつくので持ち歩いています

化粧が崩れてしまったとしても、ファンデーション、マスカラ、チークは、近くで顔を見られなければ何とかなります。

リップは顔の印象を大きく変えてしまうので、とても大切です。しかし、リップは唇の乾燥予防に不可欠で、塗りなおさないと、あっという間に荒れてしまい、遠目から見ても唇がカサついているのが目立ちます。

必ず持ち歩いています

どこかで食べたり飲んだりすると、リップメイクがどうしても薄くなるので、必ず持ち歩きます。

最近はリップでチークやアイシャドウも兼用できるので、ひとつで安心感があります。

口紅を塗る女性

一番必須なアイテムです

ナチュラルメイクなので、他のポイントメイクは化粧直しをせずに済みます。しかし、リップは喋ったり飲食すると、どうしても崩れて色が取れてしまうのでリップが一番の必須アイテムです。

こまめに使っています

リップはどうしても、何があっても必要です。ファンデーションなどは崩れることが少ないのですが、口紅は飲食で取れてしまいます。そのせいで乾燥も感じるので、リップはこまめに塗り直します。

リップは欠かせません

少し外出するだけでもリップは欠かせません。口紅を付けることで顔全体が生き生きとして、華やかさが出ます。ないと顔色が全然違うので、こまめに塗っています。

マスカラを持ち歩きます/9人

他のアイメイクに凝っていなくてもマスカラをしているだけで、目力を出せるので「時間がない時はマスカラだけ!」という人も多くいます。意外と少なめで9人という結果でした。

マスカラを持ち歩きコスメに選んだ人の人数

顔がハッキリします

雑誌や、テレビのモデルさんはまつげが印象的で可愛らしいです。逆さまつげで、量も少なく長さがないので、毎日のメイクでマスカラが欠かせません。マスカラだけで顔がハッキリします。

ウォータープルーフのマスカラを持ち歩いています

マスカラで目力を出したいので、いつも持ち歩きます。ウォータープルーフのマスカラですが、時間が経つとパンダ目が気になるので手離せません。

目元が気になります

目元を特に気にするのでマスカラを選びます。マスカラだけで目を大きく、ハッキリ見せることができ、女子力がアップしたように感じます。

マスカラを重要視しています

アイメイクを大切にしていて、アイライナーやアイシャドウもこだわっています。特に重要視しているのがマスカラで、まつげの感じが全然変わってくるので、欠かせません。マスカラを持ち歩くと、安心できます。

その他/10人

ファンデーション、リップ等のアイテム意外に他のポイントメイクに使うアイテムを選択した人もいました。アイライナーやチークなど様々なアイテムがあります。

その他のコスメを持ち歩きコスメに選んだ人の人数

アイライナー

▼とりあえずアイライナーだけでも、顔にハッキリ感を出せます。たれ目の優しい感じのメイクや、ちょっときつめの鋭い感じのメイクまで描き方によって簡単に印象を変えられて便利です。逆にアイライナーがないと、いくら肌を整えてもメイクをきちんとしている感じが出ません。

▼まつげパーマをしていて、眉毛もある程度生えているので問題ないのですが、目力がないのでアイライナーを選びます。リキッドタイプで極細ラインを引くだけで顔の印象が変わります。

チーク

ポーチなどを持ち歩けないとき、チークだけは必ずカバンに入れて、こまめに塗り直しています。すっぴんの時、メイクが落ちてしまった時でも、チークを塗るだけで血色がよく見えます。

アイシャドウ

まつ毛エクステをしているのでアイシャドウがあれば目元が華やかになり、お化粧をしている感を出すことができます。パレットに4色入っていて、アイライナー代わりに濃いラインとしても使えるので、アイシャドウを選びます。

持ち歩きコスメ第1位を発表!

今回、ツイッターなどを使って調査した結果、合計212票が集まりました。集計の結果は

  • ファンデーション 59人
  • アイブロウ 11人
  • マスカラ 9人
  • リップ(口紅) 123人
  • その他 10人

持ち歩きコスメの集計グラフ

ということで、最も多かったのはリップメイクに使うアイテムでした。口紅やグロスは塗っているだけでメイクをしている感を出せて、化粧直しも簡単なので「欠かせない!」という人が多く見られます。それぞれにメイクの旅行やパーティーなど、荷物を少なめに抑えたい時に参考にしてみてくださいね。