メガネ男子でイケメン多し!書店男子のポイントや魅力をチェック

多くの女性が彼らに好感をもち、惹かれるには理由があるはず!近所の本屋さんに、さっそくチェックに行きたくなる彼らのヒミツとは?若い男性から渋めの男性まで色んな幅があるのも良い所です。

メガネ男子でイケメン多し!書店男子のポイントや魅力をチェック

存在が気になる!書店男子の魅力を探る!

女性が理想とする出会いのシチュエーションとして人気が高いのが「本棚から同じ本を取ろうとした時に、偶然、手が触れる」というドラマや漫画に出てくるような王道のパターンです。

その理由は「同じ本を取る」=「趣味が同じ」という、自分と相手とのマッチングと「同じ時期に同じアクションを起こす」=「運命的な何かを感じる」という、ロマンチックで特別な出会いそのものに思えるから…だとか。

佐川男子に限らず、さまざまな職業に就いている男性が「○○男子」と言われて注目をされていますが…、中でも本屋さんで働く「書店男子」が女性の熱い視線を集めています。

多くの女性が運命の相手と出会いたい、理想のシチュエーションの条件が揃う「書店」が彼らの職場です。

そこで、気軽に行くことが出来て声もかけることが出来る「書店男子」の魅力や特徴を紹介します。

書店男子に会うために本屋に通う女性たち

写真集も発売されるほど人気が高まっている「イケてる書店男子」を目当てに、本屋さんに足しげく通う女性が増えています。

本屋に通う女性

もちろん人気の書店男子の中には「イケメン」の男性もいますが、年配の貫禄があって艶もある渋い系の男性にもファンがいます。

女性客たちは彼らの「顔立ち」よりも、書店男子が持っている「オーラや雰囲気」に魅せられているようです。

1.「清潔感」と「色気」と「デキる」の三拍子

「身だしなみを整えた姿」は清潔感があり、エプロンの紐が巻きついた腰まわりに「何とも言えない魅力を感じる」というのは、彼らに魅せられた女性の意見です。

この場合は、ちょっと細身の体型であることが条件ですね。また、前側でエプロンのヒモを結ぶスタイルにプロフェッショナルな雰囲気が漂い「仕事がデキる男」に見えるそうです。

書店男子のココに魅力を感じる!

・細身のシャツ姿
・仕事がデキる男っぽい雰囲気
・サッパリと綺麗に整えたヘアスタイル
・本を傷つけないように短くカットした爪

2.「インテリっぽい」知的な雰囲気がイイ!

インテリな男性

お客さんに本のことを聞かれたら的確に答えられるように、最低限の知識は身に付けているであろう書店男子への女性が抱くイメージは「知的な男性」です。

「本や読書が好き」=「物知り」=「インテリ」

女性たちが書店男子へのイメージを膨らませるとき、知識がつまった本を扱っている職業上、このような計算式が出来上がるのですね。

彼らのココも好き

黒縁メガネ

レンズがキラッ★と光る黒縁メガネ姿に「知性」を感じる!
と、女性に人気のポイントです。

3.ナチュラルな対応と物腰の柔らかさがイイ!

声を張り上げてガツガツしたり、妙な営業スマイルを見せるような体育会系な感じではなく、自然でソフトな接客対応も女性のハートを掴んでいるのです。

自然派な男性

本の場所を尋ねられたとき、レジで、お会計をする時などは、憧れている男性の声を間近で聞けるタイミングです。「店員と客としての当たり前の対応」を秘かに楽しみ、胸をキュンキュンさせている女性ファンも多いのだとか。

4.意外と筋肉質な体がイイ!

知的で筋肉質な男性

物腰がソフトで優しいイメージなのに、百科事典や六法全書などの厚くて重い本を片手で持っている姿に、女性客はギャップと男らしさを感じてしまいます。

実際に、書店での仕事はデスクワークではなくバリバリの肉体労働です。ひとつひとつが軽い本でも、素早く陳列するため重ねて持っていくためほとんどが重い書物になってしまいます。

オシャレな店内で優雅に仕事をしているイメージがありますが、意外と力仕事なので、腕力がないと書店男子にはなれません。

まくり上げたシャツの袖から見える、腕の筋肉や浮き出た血管などに女性たちは内心キャーキャーしてしまうのですね。

5.実はフレンドリーな性格!

「知的な男性」というとツンツンしてクールな性格をしていて、仕事中は一切私語をせずに真面目というイメージをしてしまいます。

ですが、彼らはとても気さくに話かけてくれるので話していてとても楽しいのです。

フレンドリーな男性

お客さんの顔を覚えていることが多いので…

趣味が合う話をたくさんしてくれる!

雑誌以外にも趣味の本などたくさん置いてあるので、色々な趣味の知識を持っている店員さんも多いので、趣味の話で盛り上がれること間違いナシです!

好みの書店男子さんは近くの本屋さんにいる?

彼らを目当てに書店へ足を運ぶ女性たちは、別に「付き合いたい」とか、「デートをしたい」という気持ちはなく「憧れの人として、ただ見てるだけで良い」という人がほとんどです。

やはり書店にいて本を扱っているからこそ「書店男子」というのであって、仕事を終えて書店から出てきたら普通の男子になってしまうことを、賢い女性たちはちゃんと知った上で楽しんでいるのかも知れませんね。

意外と筋肉質
知的な雰囲気がある
フレンドリーな性格

など、色々な性格をしている彼を目当てに書店に行く機会がありましたら胸をドキドキさせて恋をする気持ちを思い出させてくれるような「好みの書店男子」をチェックしてください♪