彼氏と会話が続かない…、もっと話が弾むようになる対処法

彼氏と話が弾まないデートが続くと「私達は相性が悪いのかな?」「もうデートに誘われないかも…」と不安になります。本当は話したいことがあるのに、会話が苦手で苦しんでいるカップルに役立つ対処法がありますよ!

彼氏と会話が続かない…、もっと話が弾むようになる対処法

彼氏と会話が続かない悩みを解消する方法

2人きりでデートしていても彼氏と会話が弾まず、緊張感が漂う重苦しい空気に包まれ、「何を話そうか?」と心臓はドキドキするし焦るものの、話のネタが思いつかずに困ることがあります。

彼氏と会話が続かない現象は、お互いをよく知らない恋愛初期のデート中にだけ起こるとは限らず、長く付き合っているカップルでも何気ない瞬間やマンネリ期を迎えたときにも起こり得ること。

「もっと一緒にいたい」と思っていても、やはり彼氏と会話が続かないと沈黙に耐えられません。精神的に疲れて泣く泣くデートを早めに切り上げるなど、苦い経験をしたことがある女性も多いでは?

話下手だったり、緊張しやすい性格だったりすると、彼氏と会話すること自体に苦手意識が生まれてしまうものですが、彼氏と会話が続かない悩みを解決するポイントがあるのです。

1.聞くことに集中してみる

楽しそうに彼女に話をしている彼氏

周囲の人を観察してみてください。「話上手な人」は「聞き上手」なことがわかります。

彼氏の話に耳を傾けていると興味を示していることに気づけるようになり、話題の方向性も自然と決まって相手から話を引き出せるようになるため、少しずつ会話を続けるポイントが解ってきます。

とめどなくペラペラと話続けている人を見ると、「自分が話すこと」に夢中になり過ぎて、「会話」ではなく、一方通行の「独演会」になっているケースが多々あります。

どんな内容でも話題さえ提供すれば良い、相手が喜んで話にのってくるとは限りません。自分のことばかり話していると会話は続かなくなりやすいので要注意。

2.ゆっくり落ち着いて話す

親しみやすい口調で落ち着いた話し方は相手を心地よくさせ、言いたいことも伝わりやすくなります。また、落ち着いて話すと説得力が増すので、大事な話合いのときは相手を納得させることができます。

しかし、まくしたてるように早口で話すと、相手にストレスを与えます。話のテンポに追いつけず、何を言っているのか聞き取れなくなるからです。

3.相手の心理状態を読む

恋人を見つめる彼女

彼氏と会話が続かないときは、今、相手がどのような心理状態なのかを表情や雰囲気から感じとることが大切です。

落ち込んでいる時、イライラしている時、疲れている時など、そのときの状態で言われても答えるのが面倒に感じることや、ストレスを感じる話題を無神経に投げかけるのは禁物。

「どうしたの?」と聞くよりも「疲れているみたいだけど大丈夫?」と相手を気遣いながら、会話の糸口になりやすい言葉がけがオススメです。

4.共通の知人の話題は盛り上がる

共通の友だちや知人の話題が盛り上がるのは、その第三者のことをお互いによく知っていて、それぞれの感想や意見があって話が発展するからです。

「そう言えば、あれから太郎ちゃんね…」「この前、波平さんと会ったんだけど…」と知っている人の話題を投げかけると、彼氏も話に乗ってきやすくなります。

5.もっとボキャブラリーを増やす

10~20代前半の若い世代では「ウソ」「マジ」「ヤバい」など短く少ない言葉で意思の疎通をはかれる、ある意味、高度なテクニックを持った人が男女共に増えてきましたが、これでは「会話」が成立しません。

芝の上で読書する女性

やはり、いろいろな言葉や表現方法を知っていたほうが会話の幅は広がります。本を読んだり映画を観たりするだけでも、会話を続けたいときに役立つボキャブラリー(語彙)が増えてきて表現力も豊かになります。

6.未知の世界にも興味を持つ

今まで興味のなかったことでも、彼氏を通じてスポーツや車のことなどを知ってみると、けっこう面白くてあなた自身がハマってしまうこともあります。

実際にやってみたことがないのに、「私は好きじゃない」「興味がない」とシャットアウトするのではなく、いろんなことに興味を持って未知の分野でも知識が深めていくと、話題の幅が広がり会話を楽しめるようになります。

7.ニュースに敏感になって会話力を磨く

付き合っている彼氏が社会人で年上の場合は、新聞を読む習慣がなくてもテレビやネットニュースをチェックして、時事ネタに強くなることをオススメします。

新聞を読みながら会話をしているカップル

世の中の動きを知っていると話が広がります。彼氏が興奮してニュースで知ったことを話しているのに「何それ…?」と話題についていけないようでは話が弾みません。

ある程度の時事ネタ知識を持っていると、デート中に彼氏と会話が続かなくて沈黙が訪れたときに話題を持ち出して上手く乗り切ることも可能です。

8.他人の良い面を見つけたら言葉にする

人の長所を見つけて褒めると、たいていの人は悪い気はしません。お世辞ではなく「素敵だな」と本心から感じた良い所を見つけて言葉に出すと相手の心にも響きます。

彼氏の良いところをたくさん見つけて褒めてあげるのは勿論ですが、家族や職場の同僚など、身近な人を褒めて会話をひろげる方法もあります。

「とても優しい」という長所を挙げた後、実際にサポートしてもらったことなど過去のエピソードを語れば話も盛り上がります。

悪口や愚痴とは違い、デート中の雰囲気も良くなるのでオススメです。

9.違う年代の人付き合い良い面を吸収する

会話をしている違う年代の人達

同じ年代の人とばかりと交流していると価値観が偏ってしまうので、会話の内容も限られてきます。彼氏との会話を膨らませるためにも、積極的に「違い」を感じる年代の人と接してみましょう。

年下の人が持っている感覚は新鮮で驚きに満ちていますし、年上の人には説得力があり、言葉遣いも勉強になるので良い面をどんどん自分に取り入れましょう。

面白い話や感動した話を聞いたら記憶の中にストックしておいて、デート中に彼氏に教えてあげると会話が弾むきっかけを作れます。

彼氏と会話が続かない理由

大好きな彼氏との会話は楽しく盛り上げたいものですが、「自分は話を膨らませようと頑張っているのに、彼氏は会話を続ける努力をしてくれない」ことはありませんか?

キャッチボールしてこそ会話が成り立つのに、質問をしても「うん」「そう」と素っ気ない返事しかしてくれなかったり、相手から話題を持ちかけてくれることが無かったり…。

一緒に居るときに会話を楽しむ努力をしてくれないのは、恋愛感情が冷めたからなのか?と不安になりますが、彼氏と会話が続かない理由は別にあるのです。また、実は努力しているのに、そうは見えないだけのパターンもあります。

興味がない話題だったから

自分では全く興味のないことを話されると、「だから何?」という思いが先立ちます。いつも彼氏にとっては「どうでもよいこと」ばかり話していませんか?

こんな話題が多くない?

・自分の友達の話
・最近買った洋服の話
・愚痴

会話が続かないカップル

彼氏も会話は盛り上げたいと思っていて、「そんな話つまらない」と言いたいところを我慢して、「露骨に態度に出しちゃったら申し訳ないよな…」と黙って聞き役に徹している可能性もあります。

 会話が続かなくなったら、相手が食いつきそうな話題を選んでいるか考えてみることも大切です。

仮に「AのフィギュアとBのフィギュア、どっち買うべきだと思う?」と、あなた自身が興味ゼロの話題をふられても答えにくいし、質問して会話を膨らませるのは至難の業ではないでしょうか。

 また、デート中の愚痴も習慣化すると、聞かされている彼氏はウンザリします。自衛のために必要以上にネガティブな話題が膨らまないよう、反応を控えめにして会話が続かなくなることもあるので要注意。

彼氏が口下手だから

どちらかというと彼氏の性格がシャイなタイプに分類されるとしたら、会話が続かない原因は、「相手が口下手で話を盛り上げたくてもできないだけ」の可能性大。

つまり、冷たく接しているのではなく、上手く話せないから素っ気ない態度に見えてしまうだけなのです。

口下手な彼氏と会話を続けるコツ

答えやすい質問を投げかける

【質問例】
・B君の意見が聞きたいな。教えて!
・ねえ、B君だったらどっちが好き?

奥手で恥ずかしがり屋タイプの人は、相手の話を聞くだけで必死な!話す余裕なんてありません…。彼氏が自然に話せる環境をつくって、言葉を引き出してみてください。

シャイな人との会話を広げるコツ

・「意見が聞きたい」と率直に伝える
・「どっちがいい?」と二択で答えを求める

 自分の気持ちを主張できるようになってくると、徐々に会話にも慣れてきます。

緊張して話が思いつかないから

ラブラブのカップル

もともと、恥ずかしがり屋や口下手じゃない場合でも、デート中に会話が続かないことはあります。

特に交際日数が短い場合は、二人で長い時間を共有していくと徐々に解決する問題なので焦る必要はありません。次第に緊張感や2人の間にある壁もなくなり、会話に花が咲くようになります。

緊張が原因で話がはずまない場合は、「どうしてもっと会話する努力してくれないの?」と相手を責めるのは、さらに緊張を高めてしまうので逆効果。

彼氏から緊張が伝わってきたら、上手にフォローして安心感を与えてあげましょう。

彼氏がカッコつけているから

好きな女性の前ではカッコいい姿をアピールしたいという男性心理が影響して、会話が弾まないケースもあります。

本当は彼女のことが知りたくて堪らないのに、「質問攻めにするなんて、焦っているみたいでカッコ悪いから黙っていよう…」と見栄を張っている可能性あり。

彼氏が会話を続ける努力をしない理由

・興味ない素振りを“カッコイイ”と思っているから

子供っぽい行動パターンですが、男性は真剣そのものです。

彼女の気を引くために駆引きしているから

仲良く話すカップル

恋愛テクニックが得意な男の人の場合は、あえて素っ気ない会話で終わらせて女性に不安を煽(あお)り、自分に夢中にさせようと企む男性もいます。

「あれ…、私に興味がないから何も質問してこないの?」と気持ちの温度差を感じて不安になった彼女が、振り向いてもらうために自分を必死で追いかけてくる展開を狙っているのです。

でも…、付き合っている彼氏からの素っ気ない態度は、あんまり長く続けられるとかなりキツイ部分があり、段々と寂しさや不満が募ってくることがあります。

感情が爆発する前に、「寂しい」「私ばかり会話を盛り上げる努力をすることに疲れた」と素直な気持ちを伝えて、彼氏に態度を改めてもらいましょう。

話もしたくないほど疲れているから

疲れて寝ている男性

彼氏との会話中に質問をしてこないどころか、話自体をあまり聞いていない様子なら、心身ともに疲れている可能性が高いのです。

疲れていると?

・思考回路が鈍くなって口数が減る

精神的にも肉体的にも疲れていると、彼女と気の利いた会話をするのはおろか、会話自体を続ける余裕すらなくなります。

疲れていて静かに心を休めたいときに、無理に話を続けられると迷惑に感じる人も少なくありません。

会話を続けるコツは「聞く・思いやる・ゆっくり」

会話が続きやすい人には共通する特徴があります。相手の話をよく聞き、相手を思いやり、落ち着いて話すこと……。

会話とは、相手がいてはじめて成り立つものです。それを無視して機関銃のように自分のことばかり話すのは「独り言」のようなものです。

彼氏の気持ちを察しながら会話のキャッチボールができるようになると、自然と楽しい話題で盛り上がれるようになります。会話が苦手な人は、職場や友だちと会話をするときも意識して練習してみて下さいね。