つまらない彼女の話にウンザリ!男が苦痛に思ってる会話パターン

どうせならデート中だって彼には楽しそうに話を聞いてもらいたいもの!それなら男性がゲンナリしちゃう話題を選んではいけません!彼氏が聞く気になれない女性の会話7パターンとは?

つまらない彼女の話にウンザリ!男が苦痛に思ってる会話パターン

つまらない話をする彼女!NG会話パターン

彼氏と何気ない会話をしているとき『うん…』と返事はしているのに、後になると『そんなこと話した?』『いや、聞いてないはず』など、彼女の話をしっかり聞いて覚えている男性って結構少ないものですよね。

『彼が話を聞いてくれない』『真剣に話したこともすぐ忘れちゃう』など、彼氏との会話で今一つ噛みあわないことが多いのなら、それは男性が興味を持てない「つまらない話題を選んで話していることが原因」のひとつかも。

彼との会話を弾ませたいなら「選んではいけない話題」や「間違っちゃいけないタイミング」などを紹介!

1.仕事などの愚痴をグチグチ!

会社の先輩にネチネチ嫌味を言われたとか後輩の段取りが悪くて仕事が進まないなど、本人は困っていてグチらずにはいられないことでも、彼氏的には『俺に言われても解決できないし。毎度いい加減にしてほしい』と、内心うんざり…。

愚痴こぼす彼女

せめて彼にだけグチを聞いて欲しいなら!

☆「たまに」にならセーフ!習慣化させない!
☆後日、カレが話の内容を忘れていても許す!
——
※グチをこぼすときのオキテ。

また、女性は後日「この間、話した先輩がね…」と、その後の状況を話したくなるものですが、このとき彼氏がグチの内容をはっきり覚えていないことが判明することも…。

すると『ヒドイ!話した意味ないじゃん!」と、怒りの感情が湧いてくるものですがグッと我慢して『つまらない…』と思いながらも聞いてくれたカレに感謝を!

2.女友達の近況報告!

『そういえばこの間、○○ちゃんが話してたんだけど…』と、女友達との“会話の内容”や“聞いたこと”を彼氏に教えることってありますが、男性にとっては”苦痛を感じる時間”との意見多数。

友達から聞いた話

彼が聞く必要性を感じないこと!

☆他人の恋バナ
☆他人の近況報告
—–
※「だから何?」という心境に…

他人の話ではなく彼自身に関係する話題を先に振って、カレの興味を惹いてから途中で自分の話したいことを手短に盛り込めば自然な流れで聞いてくれるかも。

3.平凡な日常の様子を報告!

デートの約束をしていたのに彼氏が休日出勤になってしまい、独りで休日を過ごすことになることありますよね?

そんな日の夜は、カレから電話が掛ってくると嬉しくなって「どんなことをして…、どんなものを食べて…」など、その日のことをアレコレ報告してしまう女性も多いのでは?

しかし残念ながら、これも彼にとっては「つまらない話題」。

ダラダラした近況報告は!

☆『声が聴きたい』と思って電話をかけてきた彼をゲンナリさせる!

話に何か大きなオチでもあれば別ですが、ただ漫然と日常の報告を長々としていても「ふ~ん」と、適当に返事をしているだけということも…。

そんなときは話がサクッと終るよう、結論を先に言ってしまうのが、おすすめ。

4.話が飛んでポイントが掴めない!

芸能人の話をしていたのに、何の繋がりもないメイクやヘアスタイルの話に変わり、気づいたら恋バナで盛り上がっている…。なんて展開は女同士の会話では珍しくありません。

ポイントつかめない話

女性は結論を求めず長い話をしたり、ただ話を聞いてもらうだけで満足できることも多いのですが、多くの男性は結論や根拠のない話が大の苦手!理解することさえ難しいことも。

興味を持ってもらうためには?

☆「結論&根拠」をセットで伝える!

説明が苦手な人や話がチョッと長くなりそうな時は「まずは結論から話す」ことをキホンにすれば、彼も話の全体像が理解しやすくなるはず!

5.彼が何かをしている最中に話かける!

料理をしながら電話をしたりテレビを見ながらメールをするなど、女性は同時にいくつかのことができる器用な面があります。

ところが男性は「電話しなら電話」「テレビならテレビだけ」といったように、基本的に”ひとつのことにしか集中できない”傾向があると言われています。

こういった習性?から、別のことに集中している時などに話かけても、結果として「聞いていない」「会話が成り立たない」ということに。

ちゃんと話を聞いてもらいたいなら?

☆彼が「話に耳を傾けてくれる状況か?」を確認する!

この傾向が強い男性に文句を言ってもムダ!「そういうものだ」と割り切ること&状況を把握することで解決を!

6.ちょっとした自慢話!

会話の内容のなかでも”ウケが悪い”のが自慢話。『宝くじで一等だった!」など、ビックリするような話なら相手を楽しませることもできますが『学生時代モテた』などの”プチ自慢”は『どうでもいい話』に分類される可能性大!

自慢話聞かされる彼

ウケが悪い!プチ自慢の例

☆飼っているペットの賢さ&可愛い自慢!

『家のワンちゃん可愛いんだぁ』と、携帯の待ち受けを見せるくらいの”サラッと自慢”なら『へぇ~カワイイね』で済みますが、『それでね、あのね』と延々と自慢を続けると相手をシラケさせることに。

お互いに自慢し合って楽しむのなら別ですが、一方的にすることは避けておいた方が無難かも。

7.ネガティブなワードが多い話!

グチや悪口もそうですが、ネガティブな発言が多い会話では『聞きたくない!』と、耳も思考も拒絶反応を起こしてしまいます。

ネガティブな話

心当たりありませんか?

☆「疲れた」とか「ムカつく」の口癖!

たまにであれば『体調でも悪いのかな?』『嫌なことがあったのかな?』と、心配になりますが”常に”では相手をイライラさせてしまう可能性大!

素っ気ないカレを!的を絞った内容で惹きつける!

彼に話かけても『今度ゆっくり聞くから』と、はぐらかされてしまう。久しぶりに会ったのに『あぁ』『うん』と素っ気ない返事ばかりで話が弾まない。

このように話かけている側もつまんなくなってしまう、彼との会話が薄いやり取りになっちゃう原因!それは何か?つかんでいただけたでしょうか?

多くの男性が誰かと話をするときに求めているのは「根拠や結論である」ということ。まずはこのポイントを実践した会話を心掛けてみて下さいね。そうすれば彼氏もどんどん話に惹き込まれてしまうかも!